Vol.61

小学生も気軽に留学気分!
「英語村」ってどんな施設?!

英語に親しめる多彩なプログラム


主に小学生から大学生までの児童・学生が、英語を使って楽しく学べる施設「英語村」が注目を集めています。英語を母国語とするネイティブ講師たちの元で一定期間、異文化を体験するという内容で、国内で手軽に留学のシミュレーションができると好評です。

2006年に近畿大学(大阪府)のキャンパス内に設置されたのを皮切りに、各地で英語村が開設されるようになりました。たとえば、神田外語グループが経営する研修施設「ブリティッシュヒルズ」(福島県岩瀬郡)では、春期や夏期の長期休みを利用して子ども向けの「イングリッシュキャンプ」を実施しています。2泊3日で行われる小学生クラス(小学4年生?6年生)では、外国人スタッフとゲームや野外でのオリエンテーリング、お菓子づくりなどを体験。初めて英語に触れる子どもでも、自然と英語に親しめる内容になっています。

横浜市でも、2009年から市立小学校の児童を対象に「横浜英語村」を実施。過去には、夏休みの1日を利用して、スタンプラリー形式で、外国人講師が設置するブースを数名のグループで回り、ゲームなどの取り組みを通じて英語でコミュニケーションを取る体験などを行いました。

そして東京都でも2018年度に「英語村(仮称)」開設が予定されています。東京都は「東京都長期ビジョン」の一つとして、海外留学支援や英語教員の指導力向上とともに英語村の設置を計画。2020年の東京オリンピックを前に、国際感覚豊かな若者の育成を目指しています。

子どもが生きた英語や英語圏の文化などを学び、グローバル社会で活躍できる実力を身につけるには、留学が一番の方法です。その予行練習として、まずは親しみやすいプログラムが満載の国内の「英語村」に参加してみてはいかがでしょうか。

取材・文/武田純子 イラスト/柏原昇店



東京都の教育施設「英語村(仮称)」

2018年度オープン予定の東京都直営の施設。東京都内の小中高生を主な対象に、一定期間滞在して英語だけの生活を体験できる。外国人講師が常駐して英語や生活習慣などを教える予定。今春に検討委員会を立ち上げて、具体的な協議がスタートする。

20世紀美術の巨匠、マグリットの大回顧展

ベルギーの国民的画家であり、20世紀美術を代表する芸術家、ルネ・マグリット。言葉やイメージ、時間や重力といった“枠”を飛び越える独特の芸術世界は、日本でも高い人気を誇る。日本における本格的な回顧展は実に13年ぶり。ベルギー王立美術館、マグリット財団の全面的な協力を得て、世界10か国以上から代表作約130点が集まる。

「マグリット展」
開催期間:3月25日(水)~ 6月29日(月)
観覧料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料 
国立新美術館 企画展示室2E /東京都港区六本木7-22-2 /
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤ ル)
"http://www.ntv.co.jp/louvre2015/

関ヶ原合戦を読み解く!天下分け目の大展覧会

2015年は、徳川家康の没後400年目にあたる節目の年。「大 関ヶ原展」では、武将たちが関ヶ原で実際に用いた武具・甲冑や、当時交わされた生々しいやりとりを伝える古文書など、貴重な資料の数々を展示。さらに、最新の手法を取り入れた立体感のある映像空間によって、“上空から見つめる軍師”として合戦を展観できる。


「大関ヶ原展」
開催期間:3月28日(土)~ 5月17日(日)
観覧料:一般1,350円、大学・専門学校生 1,080円、小・中・高校生・65歳以上680円
東京都江戸東京博物館 1階展示室/東京都墨田区横網1-4-1 /
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://sekigahara2015.com/

大迫力の“アマゾン”を体感しよう!

「ついに、冒険の時が来た。」をキャッチフレーズに、大河アマゾンに冒険に出かけるような雰囲気の中、翼竜・古代魚の化石や、現世の巨大アナコンダやアルマジロ、水草やピラニアの生体展示、美しい鳥の羽がついた先住民の頭飾りなど、約400点もの資料を展示。大型4Kシアターでは大迫力のアマゾンの映像を体感できる。

「大アマゾン展」
開催期間:~ 6月14日(日)
入場料:一般・大学生1,600円、小・中・高校生600円 国立科学博物館(東京・上野公園)/
東京都台東区上野公園7-20 /
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.tbs.co.jp/amazon-ten/

映画や教科書で有名なあの名品が来日!

本展では、ロンドンの大英博物館にある約700万点の収蔵品から選んだ100の作品を通じて、200万年前から現代に至るまでの人類の創造の歴史を読み解く。映画『ハリー・ポッター』に登場する「ルイス島のチェス駒」、日本の教科書にも紹介されている「ウルのスタンダード」などの名品も来日。地球をめぐる、時空を超えた世界旅行を楽しもう。

「大英博物館展─100のモノが語る世界の歴史」
開催期間:4月18日(土)~ 6月28日(日)
入場料:一般1,600円、学生1,300円、高校生800円、中学生以下・65歳以上無料 
東京都美術館企画展示室(東京・上野公園)/
東京都台東区上野公園8-36 /
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.history100.jp/

私立女子中9校の 合同説明会

「女子校アンサンブル」は、跡見学園、学習院女子、恵泉女学園、香蘭女学校、実践女子学園、東京女学館、東洋英和女学院、三輪田学園、山脇学園の私立女子校9校による合同説明会。学校紹介ビデオ上映やミニ説明会などを通じて、私立女子校ならではの特色や教育環境について聞くことができる。また、安田教育研究所の安田理氏の講演会も実施される。

「第13回女子校アンサンブル」
4月29日(水・祝)10:00 ~ 16:00
入場無料・予約不要 学習院女子大学(2・3号館)/
東京都新宿区戸山3-20-1 /
問い合わせ先:女子校アンサンブル事務局(跡見学園)
03-3941-8167

カトリック学校が集まるフェア

暁星、サレジオ学院、雙葉、白百合学園、浦和明の星女子、横浜雙葉など関東地区の学校をはじめ、札幌聖心女子学院、函館ラ・サール、函館白百合、盛岡白百合、不二聖心女子学院など東京入試を実施している学校までカトリック学校(小・中・高・高専)が一堂に集結する合同フェア。各校が実施するミニ説明会や、「ロボコン」でお馴染みのサレジオ高専による体験コーナー、各校の聖歌隊による演奏会などイベントも予定されています。

「カトリック学校フェア2015」
6月7日(日)9:30 ~ 15:00
入場無料・予約不要 聖心女子大学/東京都渋谷区広尾4-3-1 /
問い合わせ先:「カトリック学校フェア2015」開催事務局
(晃華学園:安東)042-482-8952

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。