Vol.54

「お金」の知識が身を守る!
子どもの金融リテラシーを育もう

日本の大学生に目立つ
金融リテラシーの欠如


マルチまがい商法やキャッチセールス商法などの大学生の被害が後を絶ちません。最近では「株式投資のコツを教える」というDVDを友人や先輩から数十万円で購入して、トラブルになるケースが急増しています。

若者がこうしたお金のトラブルに巻き込まれやすい原因の一つに、金融知識の不足があります。Visa社が行った「金融教育に関する日米大学生アンケート」によると、アメリカの大学生の5割以上が「金融についての情報を積極的に調べている」と回答したのに対して、日本の大学生は約8割が情報収集すらしていないと回答。金融リテラシーの欠如は、「あやしい話」を回避しづらくなるだけでなく、将来的な生活基盤設計やキャリア形成にも悪影響を及ぼします。また、同調査によると「小中高校で金融教育を受けた」と答えた日本の大学生の割合は39.7%(アメリカ72.2%)、さらに金融教育を受けた人のうち「役立っている」と答えた人は34.6%(アメリカ69.4%)に過ぎませんでした。

日本ではここ数年で、中学・高校の公民や家庭科などで金融に関する授業を行うようになりました。しかし教員の多くが、内容について「用語・制度の解説が中心で、実生活とのつながりを感じにくい」「理解が難しい」「授業時間数が足りない」と回答しています(日本証券業協会「中学校・高等学校における金融経済教育の実態調査」)。

子どもに金融リテラシーを身につけさせるには、家庭での教育が重要です。政府は小学生のうちから、買い物やおこづかいなどの体験を通じて、お金に関する経験を積むことを推奨しています。「知るぽると」(金融広報中央委員会)のホームページ(※1)では、子ども用の「こづかい帳」の印刷データを公開していますので、金融リテラシー育成の一環として、ぜひ親子で取り組んでみてはいかがでしょうか。

※1 http://www.shiruporuto.jp/tool/kozukai/

取材・文/武田純子 イラスト/柏原昇店



金融リテラシー

お金に関わる、金融や経済についての知識・判断力のこと。自分に必要な保険や資産運用などの情報を効率よく収集・理解したり、悪質商法や投資詐欺などのトラブルを回避して確かな生活を実現していくために、特に重要な能力として注目が集まっている。

化学の不思議を体感!子ども化学実験ショー

8月2日・3日の2日間、科学技術館にて小学生を対象にした無料イベント「夏休み子ども化学実験ショー2014」が開催される。研究者体験やスキンクリームづくり、化学マジックパフォーマンスなど、夏休みの自由研究に生かせるようなプログラムが盛りだくさん。企業や学校の先生の指導のもと、普段はなかなか体験できない化学の魅力や不思議を学ぶことができる。

「夏休み子ども化学実験ショー2014」
2014年8月2日(土)・3日(日)
科学技術館 1階展示イベントホール/東京 都千代田区北の丸公園2-1
問い合わせ先: 03-3297-2555(日本化学工業協会内「夢・化 学-21」委員会事務局)
http://www.kagaku21.net

見る・話す・発見!子どもと楽しむ美術展

赤ちゃんから大人まで、一緒に楽しめる展覧会。子どもたちの身近にあって、興味の対象であるモチーフ(フルーツ、電車、鏡、動物、ブロックなど)をアート作品にした5人のアーティストによる、空間全体をつくり出すような体感型・参加型作品を展示。絵本を読むように、子どもが興味を示したものに寄り添いながら、自由に語らって作品を見てみよう。

「ワンダフル ワールド」
開催期間:~ 8月31日(日)
観覧料:一般1,000円、大学生・専門学校生 800円、中高生500円、小学生以下無料(保護 者の同伴が必要)
東京都現代美術館/東京 都江東区三好4-1-1
問い合わせ先:03- 5245-4111(代表)
http://www.mot-art-museum.jp/

宇宙開発にチャレンジ!夢と情熱の記録を紹介

2014年夏、宇宙に挑み続ける人類の限りない夢と情熱の記録が幕張メッセに集結。アポロ計画などのNASAによる有人宇宙開発の歴史を紹介するほか、はやぶさ・きぼう・イプシロンロケットなど近年目覚ましい成果をあげるJAXAをはじめとする、日本の宇宙開発の取り組みも一堂に展示。宇宙開発にかけてきた人類の歴史をその目で確かめよう。

「宇宙博2014─NASA・JAXAの挑戦」
開催期間:7月19日(土)~ 9月23日(火・祝)
観覧料:一般2,500円、高校・大学生1,500円、小・中学生900円、未就学児 無料 
幕張メッセ 国際展示場 10・11ホール/千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.space-expo2014.jp

ライフプランを考え、夢を具体化してみよう

NPO法人日本FP協会は、子どもに対する金融経済教育の充実を願い、全国の小学生を対象に『夢をかなえる』作文全国コンクールを毎年実施している。テーマは「私の将来の夢」。作文のタイトル(題名)は自由。学校や公立図書館などに置かれている課題図書『夢をかなえる─FPはライフプランのサポーター─』を読んで、作文とライフプランシートをつくり、夢への具体的な道筋を考えてみよう。なお、課題図書の先着プレゼントも実施中。

「第8回 小学生『夢をかなえる』作文全国コン クール」
応募締切:10月31日(金)当日消印有効
問い合わせ先:0120-211-748(日本FP協会FP広報センター)
http://www.jafp.or.jp/about/yume/

「あれっ」「なぜ?」の不思議を観察しよう

ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎博士の功績を称え、筑波大学が小・中・高校生を対象に、自然や科学への関心と芽を育てることを目的としたコンクールを実施。「ふしぎだと思うこと これが科学の芽です」という朝永博士の言葉のように、自然現象の不思議を発見し、観察・実験して考えたことをレポート用紙A4判10枚以内にまとめて応募しよう。

「筑波大学第9回『科学の芽』賞」
応募期間 8月20日(水)~ 9月30日(火)※消印有効
応募資格 小学校3年生~中学校・高等学校
問い合わせ先:03-3942-6806(筑波大学東京キャンパス事務部学校支援課)
http://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/  

キリスト教学校を知る合同フェアを開催

青山学院、女子学院、明治学院など、東京都内のプロテスタント系キリスト教学校17校が開催するキリスト教学校フェア。各校のハンドベルや弦楽、ブラスバンド、聖歌隊などの演奏・合唱のほか、生徒たちによる学校紹介、先生に直接話を聞ける質問コーナーが充実。キリスト教学校のそれぞれの校風を肌で感じ、自分の学校を見つけてみよう。

「第15 回 キリスト教学校フェア」
8月2日(土)10:00 ~ 16:00
入場無料・予約不要
銀座教会東京福音会センター/東京都中央区銀座4-2-1
問い合わせ先:042-797-2668(桜美林中学校高等学校)
http://www.ginza-church.com

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。