Vol.44

小学生の9割がいじめ経験あり
その傾向と解決策は?

目に見えぬ「いじめ」こそ
誰でも加害者になり得る


2010年から2012年までの3年間で、いじめられたことがある、またはいじめをしたことがあると答えた小学生が、それぞれ9割近くに上ることが、国立教育政策研究所の『いじめ追跡調査』により明らかになりました。

2010年度に小学4年生だった子どものうち、6年生までに仲間外れ・無視・陰口という「暴力を伴わないいじめ」の被害を受けたことがある子どもは87%で、これらのいじめを一度でもしたことがある子どもは86%に達しました。なお、前回調査(2007年~2009年)では被害経験は79%、加害経験は78%となっており、前回に比べて1割ほど上昇しています。また、同調査では中学生について、ひどくぶつかる・たたく・蹴るなどの「暴力を伴ういじめ」の実態も調査。被害経験は41%、加害経験は30%でした。

これらの結果を受け、同調査では「いじめは特定の『いじめられやすい子ども』と『いじめやすい子ども』の問題ではない。大部分の子どもがいじめを日常的に経験している」「被害者も加害者も大きく入れ替わりながらいじめが進行している」と結論づけます。

こ注意したいのは、「暴力を伴ういじめ」と「暴力を伴わないいじめ」では、性質が全く異なるということ。前者が発覚しやすく、大人が介入しやすいのに対して、後者は目に見えにくく、大人が100%気づくことは極めて困難です。仲間外れや無視、陰口は、ささいな行為なだけに誰もがいじめの輪に加わりやすく、集団で集中的・継続的に行われた場合、被害者に大きな精神的苦痛を与え、周囲が気づかぬうちに、深刻な結果につながりかねません。 

暴力には早期介入が非常に重要ですが、目に見えにくいいじめこそ「未然防止」が最も有効な手段。子どもたちが安心・安全に過ごせる「居場所づくり」と、互いを認め合う「絆づくり」が必須だと同研究所は分析しています。

イラスト/柏原昇店 取材・文/武田純子



いじめ追跡調査

国立教育政策研究所が1998年から実施。大都市近郊の地方都市にある小学校13校と中学校6校の小学4年生以上(1学年700 ~ 800人)を対象に、毎年6月と11月の2回、学期中のいじめ経験について調査し、その変化を分析して3年おきに公表している。

国宝・重要文化財が集う、貴重な仏頭展

奈良の興福寺は、全国の国宝仏像彫刻のおよそ15%を所蔵する「仏像の宝庫」。その創建1300年を記念する「国宝 興福寺仏頭展」では、頭部が総高98.3センチもある巨大な名宝「銅造仏頭」、浮彫の最高傑作として有名な国宝「板彫十二神将像」など国宝25点、重要文化財31点を含む貴重な約70点の至宝を展示する。

「国宝 興福寺仏頭展」
開催期間:~ 11月24日(日)
観覧料:一般1,500円、高校・大学生1,000円 中学生以下無料
東京藝術大学大学美術館 東京都台東区上野公園12-8
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://butto.exhn.jp/

親子で楽しめる現代美術の展覧会

中に入ることができる巨大なバルーン、実際に12人でプレーできる巨大サッカーボードゲームなど、親子で楽しめる「参加・体験型」の現代アート展が横須賀美術館で開催中。日比野克彦ら気鋭のアーティスト4組の世界に触れて楽しみながら、現代美術のおもしろさや他者とのコミュニケーション、人と美術の関係について発見できる。

「親子で楽しむ現代アート たいけん、ぼうけん、びじゅつかん!」
開催期間:~ 11月4日(月・祝)
観覧料:一般800円、高校・大学生600円、中学生以下無料
横須賀美術館/横須賀市鴨居4-1
問い合わせ先:046-845-1211(代表)
http://www.yokosuka-moa.jp

ファン・ゴッホらの名画約90点を展示

ファン・ゴッホの優れたコレクションで知られるオランダのクレラー=ミュラー美術館の特別協力のもと、ファン・ゴッホ、スーラ、モンドリアンを中心にしたフランス、オランダ、ベルギーの画家たちの珠玉の絵画約90点を展示。油彩画、水彩画、素描などを通じて、絵画の真髄とも言える色彩の輝きを堪能できる。

「印象派を超えて?点描の画家たち」
開催期間:10月4日(金)~ 12月23日(月・祝)
観覧料:大人1,500円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
国立新美術館/東京都港区六本木7-22-2
問い合わせ先:03- 5777- 8600(ハローダイヤル)
http://km2013.jp/

都内の私立中高353校参加の進路相談会

青山学院、豊島岡女子学園、巣鴨、早稲田大学高等学院など、東京の私立中学校・高等学校353校が池袋サンシャインシティに集結。気になる学校、受験を考えている学校の先生から直接話を聞くことができる。最新情報を収集して志望校選びに役立てよう。先着3000組にオリジナルエコバッグをプレゼント。

「2013東京私立中学・高等学校 池袋進学相談会」
10月20日(日)10:00 ~ 16:00 
入場無料・予約不要 
池袋サンシャインシティ 文化会館2F展示ホールD /東京都豊島区東池袋3-1-4
問い合わせ先:03-3263-0543(一般財団法人東京私立中学高等学校協会)

動物の気持ちを考えて表現してみよう

ペットと人の幸せな暮らしを応援する「ライフ・シッポ・プロジェクト」では、小学生を対象とした絵画・作文のコンテストを開催している。募集作品のテーマは「動物の笑顔」。身近にいる動物は私たちとの暮らしの中で、どんなことで幸せを感じているのだろう。動物をよく観察して、彼らが「笑っている」「楽しそう」と感じる瞬間について、絵画・作文で自由に表現してみよう。

「動物とくらす幸せ 絵画・作文コンテスト」
応募締切:11月1日(金)必着
問い合わせ先:03-3545-5226(朝日学生新聞社内「動物とくらす幸せ 絵画・作文コンテスト」事務局)
http://www.lifesippo.com

雨水の活用についてアイデア作品を募集

雨は空からの贈り物。ライオン株式会社が主催する「雨活アイデアコンテスト」では、雨水の有効活用をテーマにしたアイデアを募集している。雨水にはどんな使い道があるのか、雨水をためるためのよい方法は何か、どうすればみんなが雨水を活用してくれるようになるのか。「作文」「ポスター」「自由研究」「スローガン」の4部門から、自分の好きな分野で表現して応募してみよう。

「雨活アイデアコンテスト2013」
応募締切:12月16日(月)当日消印有効
応募資格:全国の小・中学生
問い合わせ先:03-6222-5250(『雨活アイデアコンテスト』事務局)
http://www.lion.co.jp/ja/csr/social/rain/  

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。