未来を切り開く力を養うことが真の目的

海陽中等教育学校は、将来の日本を牽引する人財の育成を目指して創設された全寮制の男子校。自立心を育む教育姿勢は部活動にも反映されており、ロボット部は生徒が自発的に学校へ働きかけて創設されたものです。

日々の活動を通じ、生徒は「自ら考えて動くこと」と「周囲と協力して目標を達成すること」のふたつの力を磨いています。部長の稲垣有哉くんも、「ウチの自慢はチームワークです」と胸を張ります。

中高の部員が一緒に活動する海陽ロボット部では、部内の各学年代表が集まって執行部を結成。活発な意見交換により、活動の円滑化を図っています。「特にロボットを製作する場面では、いろいろなアイデアを出し合っています。食堂で顔を合わせた時にも、話し合いをしていますね」(稲垣くん)

そうした日頃の成果を示す場になっているのが、ロボット部が毎年出場しているロボカップジュニアです。あいさつやロボットの説明など、コミュニケーション力も問われる大会の意義について、外部顧問で大会運営にも携わる北原達正先生(子どもの理科離れをなくす会代表)は次のように語ります。「大会開催の狙いは、子どもたちの判断力や論理思考力、問題解決力を高めることです。ロボットを実際に動かし、その時に起きる不具合にいかに対処するかが肝心です。この大会を通じて、未来を切り開く力を身につけてもらいたいです」

海陽ロボット部が予選に出場した東海ブロックは強豪校が多いエリアですが、初出場ながら優勝を果たした部員もいます。優勝チームの福地湧貴くんと本橋優俊くんは今、全国大会の出場に胸を躍らせています。

「予選ではロボットの不調が2回生じましたが、制限時間内に何とか解決できました。困った状況になっても、冷静に考えられる力が身についたと思います」(福地くん)

「トラブルが起きた時に、自分の知識と技術を総動員して問題を解決するのが何より楽しいです。もっと実力をつけて、さらに大きなチャレンジをしたいです」(本橋くん)

「自慢はチームワーク」という稲垣くんの言葉の通り、先輩が後輩に教えたり、部員同士が協力する光景がそこかしこで見られた。

部長の稲垣くんが作った部活動の出欠確認用カードリーダー。「ロボット技術を応用し、役に立つものを作ることも、部活動の目的のひとつです」(北原先生)

2012年12月のロボカップジュニア東海ブロック大会では、サッカーAライト部門で中3のチームが優勝。今年5月に東京で行われる全国大会での優勝が、当面の大きな目標。

取材・文/堀雅俊 写真/東京フォト工芸(桑原克典)

夢を追って
「最先端のミツバチの研究で日本の農業問題に貢献した...
私は、外で遊ぶのが大好きな子どもでした。小学校では、休み時間を過ぎても運動場で遊んでいたり、先生の言...>>続きを読む
気になる部活調査隊
郁文館中学校・高等学校
剣道の稽古は、礼に始まり、礼に終わります。板の間の道場に正座して礼を済ませると、素早く防具を身につけ...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。