クイズ感覚で親も中学入試問題に挑戦!
「わかるオモシロさ」「解ける喜び」を再発見してください。 

次の文章を読んで後の問に答えなさい。

問.下線部の理由として最適なものを次から選びなさい。
 
ア.大人にとって子どもの時から身近だった植物種を、何も知らない子どもたちに駆除させているから。

イ.生物進化の過程で生まれてきた植物種は、どれも人間の暮らしに大きな影響を与えているから。

ウ.駆除される植物種は在来種ではないものの、今や日本人の文化の一部となっているから。

制限時間 5 分 難易度 ★★☆☆☆
巣鴨中学校 (平成24 年度 一部改)

筆者の感情や強い主張が表れている部分に注目しましょう。

まず答えを思い浮かべてから選択肢を確実に消去しよう

サバ代

正直、国語の選択問題なんてできて当然と思っていたんですけれど、これはかなり難しかったです。

先生

お母さん方には記述が難しく、選択は簡単だと思い込まれている方も多いですが、決してそうではないんですよ。子どもは傍線部の前後をしっかりと読まずに、選択肢をパッと読んだ印象だけで解こうとするんです。すると、どの選択肢も正しく見えて、ごちゃごちゃになってしまいます。

サバ代

そう言われればそうかも、ってなっちゃいそうです!

先生

文脈をきちんとたどって、理由となる根拠を拾っていかなければハマってしまいますね。

サバ代

アの「何も知らない子どもたちに」とか、もっともらしいですし。

先生

つい飛びついてしまう子が続出しそうですよね。子どもは大人より感覚で解いているので、こういう問題ができないんですよ。さて、サバ代さんのお答えは?

サバ代

ウです!

先生

正解!この問題文は根拠が拾いづらくありませんでしたか?

サバ代

傍線の後の「なぜなら」で一瞬見つけた!となるんですけど、その後が長過ぎ(笑)。読みながら、結論は一体どこにあるの?と探してしまいました。

先生

大人の場合は、筆者の意見をとらえながら読むことが身についていますよね。サバ代さんもやはり選択肢を見る前に、自分なりに答えを考えてみましたか?

サバ代

無意識のうちに、そうしていたみたいです。

先生

子どもはそうはいかないんですよ。選択肢から消去法で答えを出そうとする子がほとんどなんです。

サバ代

じゃあ、選択肢を見る前に考えることがポイントですね。

先生

まず自分で答えを思い描いてから、確実に消去していくことです。

サバ代

私は、選択肢の違うなという部分にバツをつけました。アは「何も知らない子どもたちに」ですよね。

先生

根拠がありませんね。イは明らかに違うので、すぐに消せるでしょう。

サバ代

えっ!?私が一番迷ったのはイなんですけれど……。

先生

「なぜなら」のすぐ次の文に「人々の生活には特に大きな問題を起こしていなかった」とありますよね。

サバ代

でも、選択肢では「大きな影響」です。影響という言葉は悪い意味だけではなく、“よい影響”も含まれると考えれば筋が通りませんか?

先生

なるほど。確かにそういう読み取り方もできますね。では、どうして最終的にウを選べたんでしょう?

サバ代

うーん、説明が難しいです。この流れならこっちだろうと決めたので、文脈を読んだのだと思います。

先生

文章を読み慣れている大人だから選べる、というところもありますよね。国語は力をつけるのに時間がかかる教科なんですよ。くり返し練習を重ねなければなりません。お母さん方も子ども目線で問題を解いて、国語の難しさを理解してほしいですね。

A. ウ

「なぜなら」以降、筆者が複雑な心境になった理由が記されています。筆者は、外来種の植物も「身近な存在であり、親しみを持つ対象」であり、「日本人の文化の一部になっている」と述べています。その植物が「駆除される」対象になっていることが理由と考えられます。

夏休みには、たくさんの問題を解きましょう。自分の目標を持ち、気持ちをしっかりと入れて取り組んでください!

越智るり子 先生
四谷大塚大船校舎専任講師。国語の入試問題を解くのが日課。

大人には自然なことでも、子どもには難しい、ってあるんですね。
"子ども目線"をもっと意識します!

教育サバ代さん
活発でサバサバした性格のお母さん。子どもは小6と小3の兄弟。

取材・文/西田知子 写真/石井和広 イラスト/丹下京子



今月の新刊案内
仕事について考えてみる秋
「子どもには世界を視野に入れて夢を追ってほしい」と考えているお父さんお母さんに、ぜひ読んでいただきた...>>続きを読む
今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。