クイズ感覚で親も中学入試問題に挑戦!
「わかるオモシロさ」「解ける喜び」を再発見してください。 

2012年5月21日月曜日には、日本で日食が観測できます。2009年に日本で観測されたのは皆既日食でしたが、今回観測できるのは、金環日食です。


問1 金環日食の図として、最も適当なものを次のア~エから1つ選び、記号で答えなさい。ただし、白い部分が太陽、黒い部分が月です。



問2 右図のア~カの矢印の中には、2012年の金環日食と2009年の皆既日食を観測できる地点の順番がふくまれています。2012年の金環日食が観測できる地点の順番を示す矢印として最も適当なものを、ア~カから1つ選び、記号で答えなさい。


制限時間 5 分 難易度 ★★★☆☆
早稲田大学高等学院・中学部(平成24年度 一部改)

「金環日食」と「皆既日食」の違いは、地球と月との距離。「金環日食」の方が地球と月の距離が遠く、月は小さく見えます。

5月21日は金環日食! 皆既日食との違いを知り、観測準備を始めよう

キビ子

今、話題の日食の問題ですわね。もう出題されていますのね。

先生

そうなんです。既に出題している学校があるくらいですから、次の入試ではきっと大ブームになりますよ。

キビ子

いろいろなメディアに取り上げられているのを目にしていましたから、1番目の問題はすぐにわかりました。ウですわね。

先生

その通りです。アは通常の月の満ち欠けですし、イは日本ではあり得ない形です。問題はウとエ、皆既日食と金環日食の違いを理解しているか、どうかです。下記の図をご覧になって、金環日食が見られるのはどちらか、わかりますか?

キビ子

見え方は知っておりましたが・・・こちらはわかりかねますわ。

先生

図1は皆既日食。月の作る影の中に観測者がすっぽり入って、太陽が全く見えなくなる状態です。図2が金環日食。地球と月の間が遠くなると、太陽の方が月より大きく見えます。このとき、月のまわりから太陽の外側がはみ出して、輪のように光って見えます。日食が起こる仕組みの図は重要ですから、見え方と結びつけて理解しておきましょう。

キビ子

月と地球の距離が違えば、見え方がこれほど変わるんですのね。

先生

月と地球の距離は平均約38万キロですが、正円形ではなく楕円形で回っているため、近いときは約36万キロ、遠いときは約40万キロになります。

キビ子

まあ!随分違いますわね。

先生

4万キロも違うのですから、見える大きさも最大で約1割変わります。

キビ子

月の大きさが違って見えるのは、そういうわけでしたのね。

先生

季節によって、見える高さもずいぶん違ってきます。何気なく見上げている月ですが、実はめまぐるしく変化しているんですよ。さて、次の問題はいかがでしょう。

キビ子

この図も見かけた気がするんですけれど、矢印はどちらを向いていたかしら?思い出せませんわ。

先生

よく考えてください。月は地球の周りを西から東へ公転していますよね。地球の自転と同じ方向です。月の作る影も西から東へと動くので・・・。

キビ子

西から東・・・つまり、オでよろしいんでしょうか?

先生

正解です!

キビ子

ところで、その矢印の傾きは変わりませんの?

先生

角度は毎回変わりますよ。今年の5月21日に、たまたま日本列島をこの影がかすめてくれるので、25年ぶりの金環日食が見られるんですから。

キビ子

今回は、めったにないチャンスですのね。そういえば、日食グラスもまだ準備していませんわ。

先生

直前になると、売り切れ続出でしょうね。でも、それなら溶接用の鉄仮面で代用できますよ。強い光から目を守るようにできていますし、ホームセンターなどで入手することができます。しかも、手で持つ必要がないので、写真も撮りやすいんですよ。

キビ子

なるほど! でもちょっと恥ずかしいかも・・・(笑)。

A.
問1 ウ  問2

問1
太陽、月、地球の順でこれらが一直線に並ぶと日食が起こります。右の下の図1のときが皆既日食、図2のときが金環日食です。日食が起こることがあるのは新月の日です。

問2
今回、金環日食を観測できる地点はオの順になります。「中心食帯」と呼ばれる帯状の地域では、月が太陽のほぼ真ん中を通り、太陽が輪のように見える様子を観測できます。それ以外の地域でも、「部分日食」は日本全国で見ることができます。住んでいる地域の観測時刻を調べて、ぜひ観測してみてください。

皆さんのご家庭では、もう日食グラスを準備されていますか?私は溶接用の鉄仮面で臨み、周囲を圧倒するつもりです(笑)。

池田力 先生
四谷大塚高田馬場校舎専任講師。中学受験に挑む子どもを持つ父。

壮大な天体ショーを見るために今から備えたいですわ。月食の図もいつの間にか頭に入るかもしれませんわね。

教育キビ子さん
教育熱心で、物事をキビキビと進める。子どもは小6と小4の兄妹。

取材・文/西田知子 写真/石井和広 イラスト/丹下京子



今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
今月の新刊案内
夢や希望は時代を超える 未来を紡ぐ物語たち
ヴィオラ奏者の母をはじめとして、子どもの頃からまわりは自由人ばかり。絵の勉強のため17歳でイタリアに...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。