家庭学習中に娘のノートを見ようとすると、隠そうとします。どうやら、テキストの答えを写しているようなのですが……。

子どもが、家庭学習に取り組んでいるときにノートを隠そうとする場合、それは問題の答えを写している可能性が考えられます。ただし、子どもが答えを見るのは「親に褒められたい」と思っているからです。まずはその気持ちを汲んであげましょう。その上で家庭学習のやり方を改善させるサポートを考えます。子どもが小4の場合、家庭学習の正しいやり方を、まだ十分に理解していない恐れがあります。塾の先生に相談して、家庭学習の基本ルールから教えたほうがよいかもしれません。

一方、小5・小6の場合は、親が子どもを信頼して、少し突き放すのもひとつの方法です。高学年になると、大抵の子どもには自尊心が芽生えるもの。その部分を親が上手く刺激するのです。たとえば、子どもがテキストの解説とそっくりの内容をノートにまとめていた場合、「こんなにきれいにまとめられてすごいね!」と、声をかけてみてはどうでしょうか。そうすることで、子どもの自尊心が刺激され、「このままじゃいけない!」と自分自身で気づく可能性もあります。

ただし、テキストの答えを写していた子どもが、いきなり自分の力だけで問題を解くのは難しいところ。そんなときは、親が低いハードルを設けて、子どものやる気をアップさせるサポートが欠かせません。

たとえば、模範解答を丸写ししていた子どもに対して、「文章の表現を少しでもいいから、自分なりに工夫してみよう」と声をかけてください。そして、子どもがノートに書く内容にわずかでも変化が見られたら、大げさなくらい褒めましょう。それにより、子どものやる気が増してくるはずです。

子どもがテキストの答えを見る場合、親や塾がテキストを管理するという方法もありますが、それでは自ら学ぶ姿勢が身につきません。時間はかかりますが、親がねばり強くサポートを続けて、家庭学習の取り組み方を改善させていきましょう。

お悩み相談室
うちの夫は、受験に対して非協力的です。少しでも協力...
受験生の子どもをサポートする親には、さまざまな役割が求められます。子どもの学習計画を考えたり、学習態...>>続きを読む
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。