第21回
性格って何で決まるの?
  

人の性格を左右する"脳内ホルモン"とは!?

「A型の人は几帳面」「B型は自己中心的」……。このような血液型の話題で盛り上がったことが、誰しも一度はあるのではないでしょうか。血液型と性格の関連については以前より議論はされてきましたが、未だ学術的な証拠はなく、残念ながら「占い」の域を出ていません。

では、人の性格というものは、いったい何で左右されるのでしょうか。

答えは、脳です。

具体的には、脳の中のホルモン(神経伝達物質)の種類と量により、性格が変わってくるのです。たとえば、人間の意欲や活力のもととなる、「活性系」の脳内ホルモンのひとつに、ドーパミンがあります。これを伝達物質とする脳内の神経を多く使っている人は、明るい性格で好奇心旺盛、前向きな思考や行動を取りやすくなります。

それに対してセロトニンは、安静、安心を促す作用を持つ「癒し系」の脳内ホルモン。したがって、このセロトニン系の神経を多く使う人は、内向的で行動も慎重な場合が多いと言えます。

これは、神経科学的な事実です。私は脳外科医を長く務めてきましたが、植物症などで脳の働きが低下してしまった人はドーパミンの活性が低い、逆に性格の明るい人は脳障害から回復しやすい傾向があるなど、数々の関連性を発見してきました。

心と脳の働きは連動 性格がよい人は頭もよい

とは言え、それでも脳の働きのごく一部がわかってきたにすぎません。脳には、現代の医療技術では、まだ紐解けない、多くの神秘性が残されているのです。

脳の機能や特性は、私たちが考えているよりもずっと深く、広いものです。しかし、同時に脳は単純な一面も持っていて、肉体につられたり、イメージにつられたりして"だまされる"ことがあります。

笑う門には福来たる、と言いますが、楽しくないときでも、無理に笑顔を浮かべていると、脳内には次第に楽しい状態で活動するホルモンが使われるようになります。つまり、自らの思考や行動から、可逆的に脳内ホルモンを活性化することもできるということですね。

もし、子どものうちから、何事にも前向きに、ドキドキ、わくわくしながら取り組む習慣をつけていれば、脳内は常にドーパミンの働きが高い、活性化された状態になっており、思考や知能もぐんぐん高まっていきます。

みなさんは、子どもの"こころ"を育てようようと考えたことはありますか? 部屋にこもって勉強をしているだけでは得られない、ドキドキやわくわくを体験させ、好奇心や向上心、自尊心、友情や愛情を感じるこころを、大切に育んであげているでしょうか。

こころと脳の働きは、連動しています。性格のよい人は、脳の働きがよく、頭もよい人です。子どもの頃から、こころの教育を施すことは、脳の発育にとって、とても重要なことなのです。

こころを育むことは脳を育むことでもある

脳は、外から入ってきた情報に対し、A10神経群と呼ばれるところで"レッテル"をはります。「この情報はおもしろい、興味がある、この情報は嫌いだ、つまらない……」。脳内では、常にこのような判断が行われているのです。

ここでプラスのレッテルを張られない情報に対しては、理解、記憶、思考、というような脳の機能が十分には働きません。

たとえば、親から言われて嫌々勉強しているような心理状態のときには、脳はその情報に負のレッテルを貼り、機能を発揮できませんから、結果的に物覚えも悪く、理解も進まなくなります。

逆に言えば、さまざまな物事に興味を持ち、自発的、積極的に取り組む性格の持ち主であれば、勉強の中にも楽しみを見いだし、理解する力や暗記力といった、脳の力をしっかり活用できるため、より効率的に勉強することができるのです。

無事受験に合格したとしても、勉強が終わるわけではなく、一生のうちに、人はさまざまなことを学び続けていかなければいけません。子どもの頃からこころを育むことが、将来において、いかに大きなプラスになるかは、言うまでもないでしょう。

林 成之
1939年富山県生まれ。日本大学医学部卒。マイアミ大学の脳神経外科などに留学し、93年に日本大学医学部付属板橋病院救命救急センター部長に。2006年に日本大学の教授へ就任。 脳低温療法など世界的な発見で知られる脳科学の第一人者。『困難に打ち克つ脳とこころの法則』(祥伝社)など著書多数。
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
塾弁のススメ
今月の食材 "豚ヒレ肉"
栄養バランスを考えたお弁当で、子どもの体をしっかりサポート。忙しい人でも手軽に料理できる、“塾弁”レ...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。