お母さんもオモシロく取り組める中学入試問題を集めました。
クイズ感覚で挑戦して、「わかるオモシロさ」「解ける喜び」を味わってください。

2つものをこすりあわせてプラス、マイナスの電気の帯び方を調べたところ、【表1】のようになりました。【表1】の右側(マイナス側)にあるものほど、マイナスの電気を得やすいことを示しています。

【表1】
【+】ガラス 毛皮 絹 天然ゴム ストロー ビニール袋【-】

問 2つのものをこすり合わせて、プラスの電気を持つか、マイナスの電気を持つかを調べる実験を行い、その結果を【表2】にまとめました。【表1】を参考にして、【表2】の空欄(ア)~(ウ)に+、または、-を書き入れなさい。

【表2】

(Ⅰ)ガラス棒
こすり合わせるもの 毛皮 ビニール袋
ガラス棒が持つ電気 (ア)


(Ⅱ)ストロー
こすり合わせるもの 毛皮 ビニール袋
ストローが持つ電気 (イ) (ウ)

制限時間5分 難易度★☆☆☆☆
白百合学園中学校 (平成21年度 一部改)

2つのものをこすり合わせたとき、-の電気をもらいやすいものと、与えやすいものがあります。
-の電気をもらえば-、与えれば+になります。

「数」は算数の女王!華麗かつ深淵なる論理を展開

フワ美私、理科が苦手で~……。

先生テーマが「電気」なんて聞くと、余計に苦手意識が働くかもしれませんね。磁石ならどうですか?

フワ美う~ん、磁石なら、たぶん。

先生磁石のN極とS極、または同じ極同士を近づけるとどうなりますか?

フワ美N極とS極はくっついて、同じ極同士だと反発するんですよね?

先生正解ですよ。実は、磁石と電気には密接な関係があって、性質がとても似ているんです。磁石のN極S曲の関係は、電気の+と-に置き換えて考えることができます。

フワ美じゃあ+と-はくっついて、+や-同士だと反発するのかなぁ。

先生そうです。物質が持つ+の電気と-の電気の量が等しい場合は電気を帯びていませんが、どちらかの電気が多くなると、多い方の電気の性質が表れます。そして、+の電気を帯びた物質は-の電気を帯びた物質を引き寄せ、+同士や-同士だと反発するということになるんですね。

フワ美ふむふむ、なるほど~。

先生それから、2つの物質をこすり合わせると、-の電気をもらいやすいものと与えやすいものがあります。この性質を調べるために行なったのが【表1】の実験。ガラス棒を絹でこすった結果、絹は-の電気を持ち、ガラス棒は+の電気を持つことがわかりました。このふたつでは、絹の方がガラス棒より-の電気を得やすい性質を持っているため、絹はガラス棒の-の電気をもらい、-の電気が増えます。これによって絹は-の電気を持つことになるんですね。また、-の電気を絹に与えたガラス棒は+の電気が多くなり、+の電気を持ちます。(ア)はビニール袋とガラス棒をこすり合わせたとき、ガラス棒は+と-、どちらの電気を持つことになるかという問題です。【表1】を見て考えてください。

フワ美えっと、ガラスと毛皮だと毛皮の方が-の電気を得やすいからガラスが+で、ガラスと絹も同様にガラスが+。ビニール袋も+かな?

先生正解です。(イ)と(ウ)も同じように考えればできますね。

フワ美毛皮とストローを比べるとストローの方が-で、ビニール袋とストローを比べるとストローの方が+に近いから(イ)が-で(ウ)が+かな?

先生よくできました!ね、やってみたら簡単でしょう?

フワ美+と-が出てきて、途端に難しく感じたのかもしれません~。

先生今回は静電気の問題なので、非常に身近なものですよ。-と+が引き寄せ合って放電するときにバチッとくるのが、静電気の仕組みです。これが大規模になった自然現象が雷。

フワ美へえ~!静電気でホコリを吸着するグッズもありますよねぇ。

先生そうそう。静電気の実験もおもしろいですよ。毛皮でこすったストローを蛇口から細く流した水に近づけると、水がストローに近づくように曲がりながら流れ落ちます。簡単な仕組みながら、実際に目で見ると感動があるのでオススメですよ。

A.(ア)+、(イ)-、(ウ)+

【表1】を参考にガラス棒とビニール袋を見比べると、ビニール袋がマイナスの電気を得やすいことがわかります。また、ストローと毛皮を比べるとストローは毛皮よりマイナスの電気を得やすく、ストローとビニール袋では、ビニール袋の方がマイナスの電気を得やすいと判断できます。

実験することで、より理解が深まります。”理科に強くなる”というメリットもありますから、ぜひご家庭で試してください。

村上智士先生
四谷大塚専任講師。上大岡校舎を受け持って5年目になる。

夢見フワ美さん
フワフワした雰囲気の、少し夢見がちなお母さん。小4の息子がいる。

「そういえばビニール袋が手から離れないなんてこともあるなぁ~。すべての物質は電気を持っているのね。」

今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
今月の新刊案内
夢や希望は時代を超える 未来を紡ぐ物語たち
ヴィオラ奏者の母をはじめとして、子どもの頃からまわりは自由人ばかり。絵の勉強のため17歳でイタリアに...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。