自作のナノロボットで大勢の人の命を救いたい

生田幸士氏(東京大学 情報理工学系研究科 教授)

夢をかなえるために大事なこと3つ

科学者への出発点は機械部品と鉄腕アトム

生れ育った町は、近所に町工場がたくさんあったんです。祖父も昔、工場を営んでいて、父は機械エンジニアでした。そういう環境だから、身のまわりにはいたるところに機械の部品が転がっているわけです。小さいときから部品をいじって遊んでいるうちに、ものづくりへの興味が自然と芽生えたのかもしれません。

それと、僕がこの道に進んだのは、テレビにかじりついて観るほどど夢中になった「鉄腕アトム」の影響も大きいですね。最初は「アトムになりたい!」と思いましたが、人間はロボットになれないことに気づいて、「ロボットをつくる人になりたい」と考えるようになりました。

小学校での成績はよく、中学校はいろいろな地域から勉強のできる子が集まる公立校へ進学。それまではそれほど勉強をしなくても学年トップクラスの成績を取れたのに、まわりが優秀な生徒ばかりなので、急に順位が下がってしまいました。これが人生で初めて味った挫折でしたね。「このままではいけない」と思って、3年生になって一念発起、社会科など苦手科目のノートのまとめ方を工夫するなど自分なりに努力しました。その結果、成績が上がり、ノーベル化学賞の下村脩先生も戦前に在籍された進学校に受かることができました。

しかし高校でも、中学と同じように優秀な生徒に差をつけられる経験をして、つらい気分になることがありました。そんなときに、心の支えになったのが、やはりロボットづくりに対する憧れ。ロボットのアイデアをスケッチしたり図面を書いていると、時間が経つのも忘れました。大学でロボットの研究をするようになったときのテーマは、その頃夢のように考えていたことが結構ヒントになっていますね。

それから文化祭では、お化け屋敷を企画、出し物のアイデアを考案して、クラスのみんなとやり遂げました。そういう経験は、物事を構想し、段取りよく実行する能力や、仲間と協調する姿勢を養いますから、学生のうちから積極的に機会をつくるよう、おすすめしたいですね。

回り道だと後悔した経験が後々役立つ

小学校4年生のときの文集。「当時から、ロボット研究のことや、医者になってガンの治療をしたいなど書いていましたね」(生田氏)。

「大学では念願のロボット研究を行いたい」と、その基礎となる電子工学やコンピューターを勉強できる学科を受験しました。ところが点数が足らず、第二志望の金属材料工学科というところへ行いくことになったんです。最初は落ち込んで悩みました。しかし、「やめてしまおうか」と思ったときに、ある本に出会ったんです。ロボット工学の世界的パイオニアで、尊敬する東京工業大学教授・森政弘先生の本で、僕の一生を決めるエピソードが書かれていたのです。実は、森先生ご自身も僕と同じ境遇で、最初は仕方なく希望とは違う分野の勉強をされていたそうなんです。ところが、その知識が後に自分の研究に大いに役立ったというのです。専門分野をふたつ持つことは研究者にとって強みなんだ、と。

その言葉を信じて金属の勉強を続け、途中からロボット分野に移ることができました。大学院の後半は森先生に直接アドバイスをいただけるようになりました。実際にロボットの研究に携わるようになってから、先生の言葉どおり、金属の勉強で得た知識が本当に役に立ちました。ロボットのことだけでなく材料に関する知識もあるというのは、むしろ僕自身の個性、強みになったんです。回り道と思えるような経験でも、後になって自分を助けてくれることがある。苦手意識や後ろ向きな気持ちを持たないことが大事だと、僕は考えます。

自信と成長を手にしたアメリカでの2年間

博士課程時代の一枚。「このときにつくったのが、右下に写っている内視鏡ロボットです」(生田氏)。

大学院で博士号を得た後は、アメリカのカリフォルニア大学で研究を行うことになりました。当時の日本には、ロボットを研究できる職場がまだ少なかったのです。

それまでの研究成果を認めてくれたアメリカ人の考え方も、僕にとって大きな転機となりました。日本の大学院時代に僕が発表した研究は、あまり周囲に受け入れられることがなかったからです。当時開発していたのは、蛇のようにクネクネと関節を動かしながら、腸の奥まで入り込める内視鏡のロボット。僕自身は人マネをせず自分自身のアイデアを形にできてうれしかったのですが、なかなか理解してもらえず「形が気味悪い」などと言いわれることもありました。当時は工場で働くロボットの研究が主流でしたから。

そうして「人と違うことをするのは、よくないことなのか」と自信をなくしかけていたときに、アメリカの大学は「誰もやっていない研究をやることにこそ価値がある」と評価してくれ、雇ってくれたのです。初めのうちは英語で苦労しましたが、自らの考えをきちんと主張することの大切さなども学べたので、アメリカでの2年間は非常に密度が濃く、僕自身の成長にとって大きなプラスの時期になりました。

人は自分の行いに信念を持っているつもりでも、周囲に評価されないでいると、その信念が揺ぐことがあります。それでも、思いがけないきっかけで状況は一変するものです。みんなにはまだよくわからないかもしれませんが、たとえ失敗しても、自分が正しいと信じてやっていることは続けるべきなのです。努力を重ねているうちに報われるときが訪れ、大きな自信を得られるはずですよ。

人の役に立ち、海外でも活躍できるのが科学者

カリフォルニア大学サンタバーバラ校ロボットシステムセンターに所属していた頃、研究所所長たちと撮影。

今、取り組んでいる研究は、医療用のナノマシンというもので、200分の1ミリサイズの、ごく小さなロボットです。人間の細胞とほぼ同じ大きさで、細胞を直接つかんで運んだり、注射器となって細胞に薬を注入したりできます。ナノロボットを遠隔操作で操る技術、用途に合う形のものをつくる技術は、ほぼ完成しました。今後は、実際に治療や手術に用いるための手続きを経て、製品化を目指す段階になります。

医者ではなく、ロボット研究者の立場で、人の命を救うのが僕の夢。ですから、まだまだ道半ばで夢は実現していません。時間はかかるでしょうが、「あなたのつくったロボットのおかげで、今日もまた命を助けることができたよ」という言葉を聞ける日が来るのを想像すると、研究に対する意欲がわき、この仕事に就けて本当によかったという気持ちになります。

研究者はその成果を認められれば、海外からも声がかかり、国際的な学会や会議などでも講演できます。自分の好きな研究をし、いろいろな国へ行き、外国の友人が大勢できるのですから、こんなにありがたいことはないと僕は感じています。「何でみんな研究者になろうとしないのかなぁ」と不思議なくらい(笑)。科学研究は魅力ある職業だし、僕にとってはまさに「天職」。ぜひ、みんなにも興味を持ってもらいたいですね。


父は技術者だったせいか、家にいるときに簡単な理科実験を一緒にやって遊んでくれましたね。早い段階から理科が好きになったのは、親のDNAを受け継いでいるからなのかもしれないと感じます。母からは「困った人を見たら助けなさい」と、よく言われました。「人の命を救うための研究がしたい」と思うようになった発端は、母のこの口癖かもしれません。手取り足取りという感じではありませんでしたが、僕自身の考え方や行動に両親が影響を与えてくれたことには感謝しています。

夢を追って
「最先端のミツバチの研究で日本の農業問題に貢献した...
私は、外で遊ぶのが大好きな子どもでした。小学校では、休み時間を過ぎても運動場で遊んでいたり、先生の言...>>続きを読む
気になる部活調査隊
ヨット帆走から自然の偉大さと命の大切さを学ぶ
逗子湾に面した逗子開成中学校・高等学校は、その環境を生かした「海洋教育」を重視。すべての生徒が在学中...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。