直前期に弱点の国語を強化。過去問解き直し作戦で合格へ

受験することを決めたのは紗於里さん本人。塾に入り、周囲の友だちが中学受験を目標に勉強している姿を見て、自分も挑戦してみたいと思ったのだそう。
「幼稚園のときからいろいろな習い事をしていましたが、新4年生から塾に通い始めて受験することを決めました。ピアノ以外の習い事は5年生まででいったんやめ、受験勉強に集中するようにしました」(紗於里さん)
 ところが、6年生の12月に国語の偏差値が50を下回るという最大のピンチを迎えてしまいます。
「苦手な国語をやりたくなくて、真剣に取り組んでいなかったせいです。ほかの科目は授業でわからなかったことを先生に質問してすぐに解決していたのに、国語は何も質問しませんでした」
と紗於里さんは当時を振り返ります。
弱点克服のため自宅学習の半分を国語に費やし、過去問で間違えた問題を徹底的に解き直すようにしました。母・起里さんは解き直し問題を集めてコピーし、紗於里さんに渡す手助けをしていたそうです。
「子どもはやりたくないことを避けてしまいがち。やる気を出させるためのサポートが大切です」(起里さん)
7?8年分の過去問を解いたことで実力がつき、第一志望を含めて受験校すべてに合格した紗於里さん。親子二人三脚の努力で勝ち取った貴重な勝利です。

1 受験期に習い事はやっていた?
プールと習字、音楽教室、ガールスカウトは5年生まで、ピアノは6 年生の10 月まで。習字と音楽教室とピアノはこの春に再開します。

2 直前期の自宅での勉強時間は?
塾のある日は質問で遅くなり、自宅での勉強はできませんでした。塾がない日は過去問を中心に3 ~ 4時間勉強しました。

3 つらかったときの心の支えは?
くじけそうなときは、好きな音楽を聞いて励みにしていました。15 分くらい音楽を聞いて気分転換すると、勉強に集中できるんです。

4 将来の夢を教えてください!
小さな子どもが好きなので、将来は保育士か小学校の先生になって、子どもと一緒に勉強したり、遊んだりしたいと思っています。

1 家庭での教育方針は?
共働きの環境でしたから、一人で何でもできるように育ててきたつもりです。娘は勉強時間も自分一人で管理していました。

2 学校見学は何校くらい?
娘が4 年生の頃から少しずつ見始め、全部で15 校行きました。その中で本人が気になる学校を中心に、7校は親子で行きました。

3 受験を通して子どもの成長を感じる部分は?
テレビや読書を我慢して勉強したり、テストの失敗から見直しの大切さを学んだり、ずいぶんしっかりしてきたなと思っています。

4 中学入学後、子どもに何を学んでほしい?
中学で出会う新たな友だちとさまざまな経験をしてほしいと願っています。いろいろなことに興味や関心を持ってほしいですね。


夏休みの「一日11 時間」の勉強で10月からの成績がグンとアップ!

自宅が都心から遠いため、4年生から四谷大塚の通信教育を利用して、自宅で受験勉強を始めた恵里さん。「雙葉の文化祭で、声をかけてくれた先輩がとても明るくて魅力的だったので、ここで学びたいと思うようになりました」と言います。
ところが7月の合不合判定テストでは、雙葉の学校別対策コースに入れないという事態に。悔しい気持ちを胸に、恵里さんは「次のテストでは絶対に入る!」と猛勉強を始めたのです。
「夏休みは一日11時間の勉強をするって言うんです。大人でもできないような過酷なスケジュールなのに、本当にこなしていて、我が子ながらすいなと思いましたね」(母・麻里さん)
 できないことは、できるまで絶対にあきらめないでチャレンジする恵里さんを信じて応援し続けました。
平日は学校からの帰宅後、毎晩11時くらいまで自宅で勉強。10月から雙葉コースに入ったので、日曜日は片道2時間半かけて、麻里さんと一緒に通塾しました。
「雙葉コースは本当にすばらしかった。授業の内容も、先生の言葉も、よきライバルであり楽しい仲間と勉強できたこと自体も、すべて私の心の支えになりました」と恵里さん。10月からは成績もぐんぐん伸び、見事、憧れの雙葉はもちろん、受験したすべての学校の栄冠を勝ち取りました。

1 受験期に習い事はやっていた?
英会話は3年生、ピアノは5年生の終わりまでやっていました。母と一緒に習っている書道は6年生の11月まで続けました。

2 直前期の自宅での勉強時間は?
平日は四谷大塚の通信教育で勉強していました。学校から帰って4時間、朝は4時に起きて2時間。土曜日は10時間くらいです。

3 つらかったときの心の支えは?
つらいときはなかったのですが、塾の雙葉コースでは、先生や仲間と楽しく勉強できたので、そのことをいつも心強く思っていました。

4 将来の夢を教えてください!
獣医師です。動物が好きなので動物に関わる仕事がしたいですね。テレビの番組で見て、獣医師はかっこいいと思いました。

1 家庭での教育方針は?
娘であっても一人の人間として尊重しあえる関係でいたいと思っています。そしていろんなことに感謝できる人になってほしいです。

2 学校見学は何校くらい?
親子で文化祭へは、雙葉を含めて6校。説明会へは1校行きました。そのほかに、親のみで説明会に9 校行きました。

3 受験を通して子どもの成長を感じる部分は?
もともと自分ができないことに果敢に挑戦する姿勢を持っている子でしたが、受験ではそれを有言実行する心の強さに感動しました。

4 中学入学後、子どもに何を学んでほしい?
宗教の考え方を通して、自分の一生の支えとなる価値観を学んでほしい。また、一生つきあえる友だちをたくさんつくってほしいですね。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。