著者の驚きや感動が直に伝わってくる

 子どももいつかは社会へ出ていきま す。将来、社会の中でさまざまな課題に直面したときには、すべて自分の頭で考えて、いろいろな判断を下していく必要があります。進路決定や職業選択、あるいは有権者として一票を投じるにしても、自分で主体的に考えて判断していかなければなりません。そのためには、さまざまな物事に興味をち、それらをじっくり観察したり分析したりして、「なぜそうなるのか」、「どうしてそうすべきなのか」といった論理を自分で導く力、すなわち論理的な考え方を身につける必要がある、と武山恭一先生は言います。
  論理的な思考力の源になるのは、身の回りの不思議に対して「なぜ?」「どうして?」「すごい!」と思い、感じる姿勢や態度です。その素地は、理科や算数の勉強だけでなく、難しい本を読むことでも養えると武山先生は続けます。そのような観点から武山先生が推薦してくれたのが、『ルリボシカミキリの青』と『雪は天からの手紙』の二冊です。
「どちらも自然科学をテーマにしたエッセイ集です。一つひとつのエピソードが短く、興味を持ったエピソードだけを拾い読みできるので、純文学の長編を読み通すよりハードルは低いはず。内容は難しいものの、小学生でもがんばれば読めると思います」
『ルリボシカミキリの青』は、分子生物学者の福岡伸一氏が週刊誌に連載していたコラムを一冊の本にまとめたもの。狂牛病から臓器移植、コラーゲン、電子書籍まで、幅広い内容について自身の意見や考えを述べています。 「この本の難しいところは、漢字にルビがふられていないこと。登場する単語や語句も子どもにとって馴染みのないものが多く、『動的平衡』や『コラーゲン』など難しい言葉がたくさん出てきます。また、最先端の生命科学についても触れているので、完璧に理解することは難しいかもしれません」
 それでも、こなれた文章でまとめられたエピソードはどれも興味深いものばかり。全編が、自然現象の不思議に接したり発見したりしたときの感動に満ち溢れていると言います。
「著者が世の中のさまざまなことに興味を持ちながら、自分なりの視点で物事を見たり、切り取る姿がすばらしいと思います」
 数あるエピソードの中でも、武山先生のお気に入りは、「少年ハカセの新種発見」という話だとか。子どもの頃から昆虫が大好きだった著者。ある日、見慣れない虫を捕まえ、「もしかして新種を発見したかも?」と色めきたち、わざわざ国立科学博物館まで真偽を確かめに行く、という話です。
「自然の中で出会った不思議や神秘に目を見張ったり感性を育んだり、自分の力で真実を確かめることの大切さがよく伝わってくる内容です。昆虫好きの子どもなら、心のどこかに『新種を発見したい』という思いを持っているはずなので、共感しやすいかもしれません。もちろんそういう子に限らず、あらゆる物事に対して驚き、おもしろがる著者の姿はきっと子どもの心に届き、自然や科学に対する興味が湧くと思います。そして、自然や科学の神秘や不思議を主体的に探究、解明しようとする意をむのに立つと思います」

科学者の態度が学べる一冊

 『雪は天からの手紙』は、昭和初期に雪の結晶の研究に従事し、世界で初めて人工雪をつくることに成功した物理学者・中谷宇吉郎氏の珠玉のエッセイ集です。
「昭和初期から中期にかけて活躍した物理学者のエッセイ集ですが、今読んでも古臭さを全く感じさせません。また『ルリボシカミキリの青』と違い、多くの単語にルビがふられています。雪の結晶の研究についての話を読めば、自然現象をはじめとした、物事に対する科学者のアプローチや姿勢が今も昔も全く変わらないことがわかり、非常に興味深いです」
 おすすめのエピソードは第4章「科学のこころ」だと言います。
「透視や念写などの『超能力』と呼ばれるものに対し、科学者の立場から考察して、オカルト的なものを盲信することに警鐘を鳴らす話などがあります。世間で言われていることを鵜呑みにせず、自分自身で真実を確かめ、検証し、あるいは見極めることの重要性を説いており、まさに〝生きていく力〞そのものについて語った、示唆に富んだ内容になっています」
 どちらの本も、分子生物学や物理学、数学など、大人が読んでも難しい内容や専門用語がところどころに登場しす。それでも武山先生は、「半分くらいしか内容が理解できなかったとしても、読めば、将来につながる〝何か〞を必ず手にできるはず。ぜひチャレンジしてください」と、子どもたちにエールを送ります。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。