幼少期ほど語学は身につけやすい

子どもたちが、将来どこでどんな仕事をするにしても、今以上に英語を使うことが求められるのは間違いありません。その際に必要な英語力とは、一体どのようなものでしょうか。
四谷大塚教育事業本部の大澤雅紀氏は、これからの社会人に必要なのは、「英語を英語として理解し、考え、表現する力」だと話します。
「たとえば、椅子を見て、『これは"椅子"。"椅子"は英語で言うと"chair"』というように、日本語から英語へ、あるいは英語から日本語へ訳して理解するのでは、ネイティブと会話をする際には追いつきません。そうではなく、椅子を見て『これは"chair"』とすぐ認識する。これを"英語脳"と呼んでいるのですが、英語のままで考え、伝える力が必要です」
そうした"英語脳"を鍛えるためには、小さい頃から英語に触れることが重要だと言います。
「赤ちゃんが徐々に話せるようになっていく様子からもわかるように、子どもは、言語を覚える天才です。また、大きくなると、日本語で物事を考えることが定着するので、どうしても頭の中で、英語を日本語に、あるいは日本語を英語に訳してから表現しようとしてしまいます。そういう意味では、小さい頃の方が、ストレスなく、英語を英語のまま吸収しやすいと言えます」
また、小さい頃から鍛えておくことで発音も向上すると言います。
「子どもは、単語の意味や綴りなど余計なことを考えずに、聞こえた英語をそのまま発音しようとするので、日本語にはないような音まで聞き取り、発することができるのです」

習慣化できるようにサポートを

では、子どもの英語学習を親としてどのようにサポートすれば良いのでしょうか。
「親が子どもに英語を教える必要はありません。親にできるのは、英語を学ぶ環境を整えることや、子どもが英語に触れる習慣ができるように声かけをすること、『英語って楽しいな』という気持ちを持続させることです」
たとえば、東進こども英語塾では、教室でのレッスンのほかに、自宅で見ることができる、インターネット学習システム「ホームレビュー」があります。『セサミストリート』をはじめ、アメリカで人気の子ども向け番組で構成されているので、子ども"お勉強"という意識を持たず、毎日楽しく英語に触れることができます。
「子どもを英語嫌いにしないためには、決して無理強いをしないことが重要です。ホームレビューも、『見なさい!』と強制するのではなく、『一緒に見よう』と誘って、親子で声を出したり、拍手したりして盛り上がり、楽しんでもらいたいと思っています」
また、子どもをほめてあげることも、親にできる大切なサポートの一つだと言います。
「親にほめられれば、子どものやる気は確実にアップします。特に英語を学び始めたばかりの頃は、多少の間違いがあっても目をつぶって、ささいなことでも思いっきりほめてあげてください」

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。