座談会に参加してくれた先輩お母さん
溝杭 恵子さん
次男が麻布中学校に入学。長男に続いて2回目の中学受験だったため、今回は力の抜き加減がわかったそう。
寺田 友紀さん
長女が白百合学園中学校に入学。男女差も考慮に入れつつ、長男の中学受験の反省点を今回に生かした。
佐野 敦子さん
長男が駒場東邦中学校に入学。一人っ子なので中学受験は未知の領域だったが、親子ともに気負わず挑戦。

ガミガミ言わず自主的に勉強させる
ーーまず、中学受験をすることに決めたきっかけや、入塾した時期を教えてください。
溝杭さん(以下、溝杭) うちは夫が積極的だったんですけれど、いろいろなところから集まってくる友だちと切磋琢磨して勉強するのもいいだろうと思い、中学受験を始めました。入塾は3年生の2月です。
寺田さん(以下、寺田) うちも夫が小学校から国立に通っていたこともあって、「一貫校ならではの絆」を体験してほしいというのがきっかけ。低学年のうちは個人塾に通っていたので、入塾は4年生の2月でした。
佐野さん(以下、佐野) 私のところは一人っ子なんですが、「大学附属の学校なら大学受験をしなくてすむかな」という程度の軽い気持ちで始めました。子どももまだ小さかったので、「中学受験は当たり前にするものなんだ」と思ってくれたのかもしれません。塾に入ったのは溝杭さんと同じで、3年生の2月です。

ーー中学受験を始める際、決意されたことはありましたか?
溝杭 まず「特別扱いしない」ということですね。「勉強しなさい!」と言うこともなければ、子どもに合わせて家族が生活を変えたりすることもない。勉強するのは学校に行くのと同じで、当たり前のことですから。ただ、子どもが気分よく勉強できるようにという環境づくりは心がけていましたね。成績が下がっても責めたり、誰かと比べたりするようなことは決してしませんでした。私があまり構わなかったせいか、自主的に宿題などをやっていたようです。ただ、息子は要領がいいところがあって、提出してもしなくてもいいような課題は、一切やっていなかったみたいですが(笑)。
寺田 塾に行っているからといって、学校の勉強をおろそかにしないようにとは言っていました。私も溝杭さんと同じで、あまり口うるさく言わないタイプなのですが、長男のときには受験後に「実は部屋でテレビを見ていたんだ」なんて言われてしまって。これは失敗だったなと思いましたが、娘は長男と性格も違いますし、負けず嫌いなところがあるので、成績が良いときにはほめて、悪い点を取ったときにはあえて何も言わないようにしていました。ガミガミ言って追い詰めなかったことが良かったんじゃないかなと思っています。
佐野 うちの場合は「必ず第一志望に合格して!」ということもなく、子どもに合ったところに入れたらいいかなという気持ちだったので、特に強く決意したということはないですね。今にして思えば、特別に「これをしなきゃ」と決めずにスタートできたからこそ、肩の力が抜けて良かったのかもしれません。


勉強の時間管理も自分でできるように
ーー今振り返って「これをしておいて良かった」と思うことはありますか?
寺田 我が家では、テレビは録画して見ると決めていました。ドラマならCMを飛ばして時間短縮できるし、歌番組なら好きな歌手だけ見ることができます。これで時間管理が身についたのではないかなと思います。録画した番組を見る時間帯についても、自主性に任せていました。
溝杭 うちの場合は「見たいテレビがあるなら先に勉強を終わらせなさい」という形で、時間管理をさせていました。「何時から何時まで勉強しなさい」と言ってもやらないので、ちょっとした"ご褒美"としてチラつかせる感じで(笑)。模試の日には、「帰りにおいしいもの食べようね」なんて声をかけて、私も息子も楽しみながら中学受験に取り組むようにしていました。そもそも中学受験を始めるときも、通塾前に通信教育をやって、学ぶ楽しさを知ってもらうところからスタートしたんです。「塾に入ったらこんなにいろいろなことを教えてもらえるんだよ」と、通塾を楽しみに思わせることができました。
佐野 積極的に「これをして良かった」ということではないのですが……。信じて見守ったことが良かったのかもしれません。ケアレスミスが多い子で心配していたんです。でも、先生から「次第にミスはしなくなりますよ」と言われていて、本当に段々なくなっていったんですよね。やればできる子なんだと、新たな一面を発見しました。
寺田 うちの娘は週4で通っていたダンスを、中学受験を始めるにあたってやめることにしたのですが……。このときは泣かれてしまって、かわいそうな思いもさせました。皆さんは、習い事はどうされていましたか?
佐野 うちの息子は空手や水泳をやっていました。空手に関しては、もともとあまり乗り気ではなかったので、喜んでやめてたかな(笑)。
溝杭 うちの子も習い事そのものにはあまり熱心ではなかったんですが、「友だちに会いたい」という気持ちがあったので、すべてNGにはしませんでした。「やめる」というより、今だけ「お休みをする」という考え方で、練習には行かないけど、友だちの応援には行かせてあげるというような対応も必要かもしれませんね。
寺田 そうですね。結果的に、娘ときちんと話し合って結論を出したことが良かったんだと思います。「受験が終わったら戻ればいいよ」なんて話していたんですが、中学に入った今は、部活のバドミントンに夢中で(笑)。



親の希望ではなく子どもが合う学校へ 
ーーでは、「こうしておけば良かった」と反省したことはありましたか?
溝杭 うちの子は、漢字や計算問題が苦手で苦労したので、コツコツ練習したり、繰り返し問題を解いたりする習慣が身につくような工夫をすれば良かったかなと思います。たとえば、漢字や計算ドリルを毎日、決まったページ数だけやるようにするとか。
寺田 うちの長男も、放任していたら好きな科目の勉強しかしていませんでしたね。得意の理社ばかり成績が上がって後半戦で算国に苦労したので、娘のときにはその反省点を生かして、まずは算数、国語に力を入れるようにしました。親としての反省点は、娘が行きたいとは思っていない学校を受験させてしまったことかな。どうしても国立を受けさせたいという夫の希望があって、ダメ元で受けさせたら受かってしまって。すると『せっかく受かったんだから』と惜しむ気持ちが出てしまうんですね。でも、本人は第一志望に受かってハッピーな気持ちなのだから、その気持ちを守るために主人を説得しました。やはり、子どもが乗り気でないところを受けさせるのは良くないと思いましたね。
溝杭 親が行かせたい学校と子どもが行きたい学校って、ズレが生じることがありますよね。親子で一緒に考えて、本人が納得できる学校を受けることが一番だと思います。いろいろな学校を見て、その中で行きたいと思える学校を受験すれば、たとえ第一志望に受からなくても、楽しい中学生活を過ごせるはずです。実際、うちの長男は無理なく入れる学校を選びましたが、充実した楽しい学校生活を送っています。やはり、学力的な問題だけではなく、子どもに"合う""合わない"ってあるんだなと思いました。



親はがんばり過ぎず子どもの力を信じて 
ーー最後に、これから中学受験生活に入る、後輩お母さんたちへアドバイスをお願いします。
溝杭 最後まで「あきらめない」ということですね。塾の先生が「体と心の成長、学力の伸び方がぴたりと一致するときがある」とおっしゃっていたんですが、本当にそうなんだと実感しました。「この子にはこの子なりの力があるんだ」と信じて、安易に第一志望を変えたりしないことが大事。最後の最後に、今まで溜めていた力が一気に発揮されることがあるんですよ。
佐野 あくまで受験をするのは子どもですからね。親の希望で無理をさせて難しいところを目標にするのは良くないと思います。まずは子どもが行きたいところを選んで、それに向かってがんばればいいのかな、って。うちの場合は成績に合わせて少しずつ目標を上げていったので、「無理かもしれない」という悲壮感はありませんでした。とは言え、まだ子どもですから、精神的に追い詰めないように気は遣っていました。一人っ子なのでついつい注目してしまうのですが、ずっと見られていたら嫌だろうなと思って、わざと忙しいふりをしたり(笑)。これから中学受験をされるお母さん方に言いたいのは、「肩の力を抜いて」ということ。あまり思い詰めない方がいいのではないでしょうか。
寺田 そうですね。親ががんばり過ぎると、子どもにとってはプレッシャーになると思います。だから私は、家の中を"受験モード"にはせず、あなたはあなたのやるべきことがあって、私には私のやるべきことがあるという態度で接していました。子ども扱いせず、対等な立場で、何かを決めるときはきちんと話し合うというスタイルにしていたんです。そうやって、自主性を伸ばすことも、長い受験生活の中では大切なことかもしれませんね。


サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。