「早く勉強しろ」と言われるとやる気が下がるといううちの子。
言わなくちゃやらないくせに!

具体的な勉強の仕方を提案しよう

何を勉強すればいいか、わかっていないのではないでしょうか。ただ「勉強しろ」というだけではなく「これをここからここまで、いつまでにやりなさい」と具体的に伝えることです。子どもは素直ですから、そう言われれば案外ちゃんとやるものですよ。(樋口さん)

学習スケジュールを一緒に作ろう

これは具体性の問題ですね。まずは一緒に学習のスケジュールを立てましょう。共同作業は、親に見守られているという安心感を子どもに与えます。ただし、できるだけ分割して細かく予定を立てることです。プラン通りにやったら、認めてあげることも忘れずに。(菅原さん)

・「とにかく勉強すればいいの!」とあくまで勉強するように言う
・子どもの意見を聞いて「勉強しなさい」と言うのを止める

夫の母校を志望している息子。プレッシャーを気遣い、
「志望校を変えたら?」と言うと、不機嫌に……。

人によって伸びる時期は違うと伝える

不安を感じているところに、期せずして自信をなくすようなことを言ってしまった、という訳ですね。伝えるべきことは、人によって伸びる時期が違うということです。「志望校を変えたら?」ではなく「焦らなくとも必ず成績は伸びるから」と安心させてあげましょう。(樋口さん)

お父さんから言葉をかけてもらおう

お父さんの母校に行きたいと子ども自身ががんばっているのならば、「無理しなくていいよ」というのは逆効果です。子どもに寄り添い、リラックスさせてあげることに力を使ってください。そしてお父さんにも、ねぎらいの言葉をかけてもらうよう頼みましょう。(菅原さん)

・「そんなに大変なら志望校を変えてもいいよ」と言い続ける
・「がんばって、あなたならできるはず」と根拠なく励ます

叱らずに受験を応援したいのですが、志望校合格にはほど遠い状態。
のんびり屋のわが子が心配です。

競争意欲を高めさせよう

競争意欲が低い子なのかもしれません。叱って発破をかけるよりも、競争意欲を高めさせると変わるでしょう。友だちを引き合いに出して、負けたくないという気持ちを持つように仕向けてあげられるとよいでしょう。あとは、短期目標を作ってあげることです。(樋口さん)

親自身の考え方を変えることも必要

適切な目標設定をしないと子どもはつらく感じます。塾の先生に志望校についての意見を聞いてみるのもいいでしょう。また、中学受験が人生のすべてではありません。親が子どもに不安やストレスを与えないために、親自身の考え方を変えることが必要だと思います。(菅原さん)

・「のんびりしてる場合じゃないのよ!」と子どもを叱る
・「お母さんはとても心配なのよ」と胸の内を伝える

塾のクラスが落ちたことで、
勉強に投げやりになってしまいました……

自信を回復させる声がけを

なくした自信を回復させてあげなければいけません。「クラスが落ちたのはたまたま。能力ではなく、ちょっとさぼってしまったからだよ。やればできるから大丈夫」と言ってあげましょう。簡単な問題を解かせて、自信をつけさせるのもよいと思います。(樋口さん)

子どもの落ち込みを受け止めよう

本人が落ち込んだのもさることながら、親ががっかりしたことが伝わっているのかもしれません。大事なのは、子どもの落ち込みを受け止め、明るく励ましてあげること。ただし「下のクラスでもいいからね」と言うと、さらにやる気がなくなってしまう恐れも。(菅原さん)

・「下のクラスでもいいから自分のペースでやりなさい」と慰める
・「あなた、悔しくないの?負けたままでいいの?」と負けん気を煽る

思い通りにいかないことがあると、すぐに「受験をやめたい」と拗ねる娘。
娘が「受験する」と言い出したのに !

目標を見失っている場合も

娘さんは「仕方ないから受験してあげる」と本音では思っているでしょう。ここで「どうか受験して」と頼むのはいけません。親のための受験という意識がさらに強くなってしまいます。目標を見失っている場合があるので、短期目標を作ってあげましょう。(樋口さん)

やめたい理由を問いかけてみて

一方的に「受験するって自分で決めたんじゃない」と言ってはダメです。まずは受け止めて、「そっか、受験やめたいんだね」と同調してあげます。そして「なんでやめようと思った?」と問いかければ、その理由を話すはず。根気強く向き合って行くことが必要です。(菅原さん)

・「あなたが受験するって言ったんでしょう!」と自分の言葉を思い出させる
・「お願いだから、受験してちょうだいね」と子どもに頼み込む

「こんな問題もできないの?」という友だちの言葉をきっかけに
人の成績を気にするように・・・。

「やれば勝てる」と伝えてあげて

これはむしろ、よいことだと思います。ライバルが見つかった訳ですから。ですので「彼の方が勉強しているからできているだけ。やればできる、勝てるよ」と伝えましょう。「あの子は頭いいから」など、自信をなくすようなことは言ってはいけません。(樋口さん)

過去の実績を思い出させる手も

人それぞれ、得意不得意はあって当然です。まずは「お母さんは恥ずかしいとは思わないよ」とはっきり言ってあげましょう。「あなたは今回これを解けなかったけれど、こんな難しい問題を解けるじゃない」と過去の実績を思い出させるのもいいですね。(菅原さん)

・「あの子は頭がいいから気にしなくていい」と友だちを意識しないよう言う
・「この問題ができないのは確かにまずいよ」と言って発破をかける

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。