2月号 特集

中学受験では地元の洛星中学校へ進学。 同高校を卒業後、東京大学教養学部文科Ⅰ類に入学。現在は2年生。

学校の後は気持ちを切り替えて勉強に専念

現在、国際間の事案に関わる弁護士を目指して、司法試験の勉強に取り組んでいる石丸大輝さん。塾には小4から通い始めました。当時は、友達と競争感覚で勉強することや順位を競い合うことが楽しかったそうです。その結果、京都の難関校である洛星中学校を狙えるほど学力がアップしました。

「中学受験で大変だったことと言えば、受験直前に人気のゲームが発売になって、みんなはそれに夢中なのに、自分は我慢して勉強したことくらいかな(笑)。家や塾では勉強に集中する反面、学校では友達と思いきり遊んで受験のストレスを発散していました」

入試では、第一志望の洛星中学校に見事合格。ところが、そのほかに受験した2校は不合格でした。

「最初に受験した学校が洛星だったため、試験が終わったとたんに緊張の糸が切れてしまいました。これから中学受験に臨む人たちは、最後まで集中を切らさないような心構えをしっかり持ってほしいと思います」

勉強に集中する姿勢が大学受験でも生きる

高校に進学した石丸さんはESS(英語研究会)に所属し、国際舞台で活躍することに興味を抱くようになります。そして、法曹界を目指すべく文系コースを選択。

「地元の京都大学を目指す同級生が多かったですが、ぼくは教養課程の2年間で将来の進路をじっくり考えられる東京大学を第一志望にしました」

小学生から続けてきた塾での勉強や中学受験の経験は、大学受験でも生かされたようです。

「中学受験のおかげで、机に向かって集中して勉強する姿勢が身についていたことは大きかったです。また、大学入学後にひとり暮らしを始めてから、『両親は受験のために、ぼくが勉強以外のことを考えないですむ環境を整えてくれていたんだな』と実感し、親のサポートに改めて感謝しています」

歴史上の人物名の暗記を苦手としていた。登場人物が特に多い江戸時代の化政文化から出題された社会の模擬試験で思うように点が取れず、親の前で泣いてしまった。

塾の友だちと競争する中で、受験勉強に楽しみを覚える。

模試の合格判定結果で不安定な状態が続いたせいで、精神的にも不安になる。さらに第1志望だった東大の前期日程入試が不合格となり、焦りがピークに達した。

持ち歩いていた英語の単語帳と、気分転換に読んでいた『源氏物語』のマンガ。


サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。