志望校選びではぶつかることも

母・志津子さん(以下、母)

怜美は自分から「塾に行きたい」って言ったんだよね。うちはそれまでは中学受験は全然考えてなかったし、あなたは机に向かうよりも暇さえあれば走り回ってるような子だったから、最初は続くわけがないと思ったけど……。

怜美さん(以下、怜美)

小学2年生で全国統一小学生テストを受けたとき に、「できる子ってこんなにたくさんいるんだ」ってわかったから。私も負けたくないと思ったんだよね。

  母

最初はただ勉強が楽しかったんだよね。受験をしようって決めたのは、いろんな学校の文化祭に行くようになってからだったかな?

  怜美

うん。文化祭に行って「行きたいな」と思える学校があったから。行きたくない学校なら、受験する意味はないって思ってた。だから受験したのは、私が気に入った2校だけだったし。

  母

そこは絶対譲らなかったもんね。お母さんは、やるからにはどこかしらに合格してほしいっていう気持ちがあったから、併願校も何校か受けてほしかったけど。そのことではよくケンカしたね。6年生になってからもいろいろな学校に連れて行って、「ほら、きれいな学校ね〜!」とか盛り上げたんだけど、見向きもしなかった。運良く合格したから良かったけど……。

  怜美

もし落ちたら、地元の公立に行けばいいと思ってたの。

  母

ウソ! 落ちることなんかぜんぜん考えてなかったでしょう。「落ちる気しない」ってずっと言ってたし(笑)。

  怜美

6年生の後半になってからはね(笑)。成績も安定してて、塾の先生にも大丈夫って言われてたから。

  母

成績は合格圏内でも、当日どんな問題が出るかもわからないじゃない。国語は最後まで苦手だったし。塾の先生にもよく相談したなあ。

  怜美

文章を読んでて、少しでも意味のわからないところがあると先に進めなくて……。あと、書いている人の気持ちに共感できないときとか。「私はそんな風に思わない!」って思うと、そこで止まっちゃったり(笑)。

  母

そもそも、あまり本を読まないものね。塾の先生におすすめの本のリストをもらったからそれを用意したのに、ぜんぜん読まなかったし。直前期は国語ばっかりやってたね。

  怜美

ひたすら国語の長文を読むのはちょっと苦痛だった(笑)。でも、おかげでだんだん慣れてきたから、結果的には良かったと思ってる。

  母

悩んだときは相談してくれたよね。でも基本的に、勉強のやり方とかは「塾の先生に聞いて」って言ってたけど。私がいろいろ言うと、ケンカになっちゃいそうだし、かえって追い詰めてしまいそうだから。

  怜美

確かに、お母さんに細かいことを言われたら反発したと思う。長めに休憩とかしてても、「集中できるときにやればいいよ」っていう感じで、そっとしておいてくれたのはうれしかった。

  母

怜美は集中力が長時間続くタイプじゃないからね。それで無理してずっと机に座らせているよりも、休憩を挟みながら15分でも20分でも集中してやった方がいいもの。

  怜美

テレビとかゲームとかも禁止されなかったしね。

  母

本当は、「いいかげんにしなさい!」とか言いたくなることもあった。でも、何時間机に向かうかよりも、どれだけ集中するかだから。無駄なケンカはしたくないし、飲み込んだの。

直前期にも早寝早起き体調管理は徹底

  

塾に入るときに約束したのは早寝早起き。6時に起きて22時に寝る。約束を破ったら、塾はやめるって。

  怜美

私も塾はやめたくないから、もう少し勉強したいと思うこともあったけど、それは守ってた。やっぱり一旦始めたことは最後まで続けたいから。

  母

その頑固な性格、お母さんに似たのかも(笑)。お母さんも決めたことは貫き通さなきゃと思って、22時就寝を守らせるために、一緒に同じ時間に寝る生活だったね。

  怜美

塾のある日は、帰ってきた時点で21時過ぎるから、お風呂に入って学校の宿題をやるだけで22 時になっちゃう。だからいつも朝に勉強してた。あと、時間がないからこそ塾の授業に集中するようにしていたかも。必ず予習をしてから塾に行って、その日の内容は塾の授業時間内にしっかり頭に叩き込むようにした。

  母

周りの子が深夜まで勉強しているなんて噂を聞くと、「中学受験ってそういうもの?」と思ったこともあったけど、やっぱり睡眠は大事だものね。22時になったら勉強の途中でも、「ここまで!」って遮って無理矢理寝かせたのは、かわいそうかもと思ったけど。

  怜美

でも、もし寝る時間が遅くなっても良かったら、それに合わせて休憩時間が伸びるだけだったと思う(笑)。

  母

勉強よりも睡眠時間を大切にして、「受験に熱心じゃないお母さん」って思ってた?

  怜美

別に〝偏差値の高い学校〞に入らなくてもいいと思ってるのかなって。それが私にとっては楽だったよ。

  母

 だけどやっぱり、全滅したらかわいそうだから、怜美は併願校を受けるのを嫌がってたけど、実はこっそり何校か願書を取り寄せて、写真まで貼って準備してたんだ。もし気が変わった ら、すぐに出願できるように。

  怜美

それ、気づいてたら「落ちると思ってんの⁉」って怒ったかも。

  母

だって、本当にがんばっていたか ら……。6年生の秋からは平日の塾に加えて、土日に電車で1時間かかる校舎まで通っていたじゃない。どんなに寒くても、天気が悪くても休まないで通って、えらかったね。

  怜美

ちょっと遠かったけど、電車の中でゲームしたりして気分転換になったよ。それに、今通っている女子学院にも近かったから、通学の練習になったし。

  母

直前期でも、そうやって自分なりに楽しんでたし、あんまり緊張もしてないみたいだったよね。

  怜美

私は入試本番もほとんど緊張しなかった。お母さんの方がいろいろ緊張してたみたいね。

  母

怜美には隠してるつもりだったんだけど……。がんばって明るく振る舞ってたの、ばれてたのね(笑)。受験日も、絶対泣いちゃうと思ったから付き添いには行かなかったけど、家で泣いてたし、送り迎えの後にも泣いてしまったし。もちろん、合格発表も怖くて見に行けなかった。合格がわかったときはうれしくて叫んだね(笑)。

  怜美

うん、目立ってたね(笑)。でも私も、合格したときの喜びは最高だった。これから受験する人も、あの喜びを味わうために今できることをやり尽くしてほしいなと思う。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。