「どうしても開成」の理由が知りたい

 中川沙織さんの息子・幸太くんは、5年生の春に塾の先生が「開成はいい学校だよ」と話すのを聞き、初めて「開成」という名の中学があることを知ったと言います。それまで、中川さんは幸太くんを中高一貫校に入れたいという思いはありましたが、開成はまったく考えていませんでした。むしろ、「開成のようなトップ校は入るのも、入ってからも大変だから」という理由で、「"開成"という名前は言わないようにしよう」と決めていたほどです。
 「ほかの学校にも目を向けさせたくて、いろんな学校の文化祭を見せたのですが、どこもピンとこない様子で、開成に見学に行ったら、即『ぼく、ここがいい』って。正直『あーあ』とため息が出ました(笑)。彼の人生なのだからと思いながらも、『ほかの学校でもいいんじゃないの?』という親の意見も聞いてほしくて……」と、複雑な気持ちだったそうです。
 6年生になって、開成の対策コースに入ることが決まっても悩んでいて、先生に「いつまでなら、ほかの学校のコースに変えられますか?」と相談しました。「息子にとって開成のどこがいいのか、本心を知りたかったんだと 思います。もし、偏差値やネームバリューだけで選んでいるなら『やめなさい』と言えたのだけど、息子は『ここがいい』という具体的なものはなく、『開成しか見えない』という感じだったので不安でした」
 そんな不安のピークは11月でした。本人の開成への思いは揺るがないのですが、模試の結果を見ても、安心できるような状態ではなかったからです。「もう一度先生に『学校別のコースは変更可能ですか』と聞いたら、『もうできません』という返事。しかも『開成は受けてみないとわからない』と言うんです。息子が本当に受けても大丈夫なのかわからないまま、『開成を第一志望に決める』ことは、私にとってはとても勇気のいることでした」
 幸太くんは、母のそういう気持ちを察して「お母さんはどうせ開成が嫌なんでしょ」と言ったこともあったと言います。でも、中川さんも本人が好きな学校なら、自分も好きになろうと決め、「そんなことはないよ。あなたが受ける学校はどの学校もいい学校だよ」と答えました。

良かれと思った「国語攻め」

それでも、「開成を第一志望にする」と覚悟を決めてからは、気持ちを入れ替えてできることを考えました。心配だったのは「過去問はどの程度やったらいいのか」と「苦手な国語をどうやって克服するか」の2点。
 「過去問は、特に記述問題が困りました。私では息子の答えが正解かどうかの判断ができず、塾の先生に見てもらったのですが、なかなか○をもらえないので、"直しては提出"を繰り返したのです。すると3回目を提出したとき、『そんなにやらなくていいよ』と言われて。どこまで塾の先生にフォローしていただくのがいいのか、よくわかりませんでした」
 それまでテストは間違えたところの解き直しが大事と言われていたので、「過去問も完璧にできるまでやらなくては」と思っていたのです。また、併願校の過去問は「当然合格点を取れるだろう」と思っていましたが、やってみるとかなり難しかったそうです。安心できるような点数が取れず、不安が募ることに……。「息子には『こんな点数じゃ落ちると思うよ』など強く言ってしまうこともありました。すると息子も『あー、もうダメだ』と弱気に なってしまって……。部屋に嫌な空気が流れたときは、話題を変えたり、一緒においしいものを食べたりと、気分転換をさせました」
 国語については1月から「国語特訓」を始めました。「息子も国語が苦手だという自覚がありました。6年生の問題は難しいからできないのだと考えて、5年生の問題、4年生の問題へと戻って、ひたすら国語をやらせたのです」
 当時は良かれと思ってやらせたのですが、受験が終わってから幸太くんに「1月の国語攻めが一番つらかった」と言われてしまいます。直前に苦手分野を重点的にやることは無駄ではないかもしれませんが、国語の苦手意識を再確認させ、精神的に追い詰めてしまっていたことを反省したと言います。
 1月の最終週には幸太くんが、夜、泣きながら起きてきて「学校を休んで勉強しないと、ほかの友だちに遅れちゃう」と訴えたことがありました。「本人も相当不安なんだなと思いましたね。そこで入試直前の3日間は休ませることにしました」開成を含め、5校の受験をする予定だった幸太くん。中川さんは直前期には「どこも良い学校だからね」と何度も言ったと言います。「開成じゃなきゃダメみたいなプレッシャーを感じさせないように注意しました。今となってはもっと息子を信じてあげれば良かったという気持ちもありますが、息子も『親から期待されなかったので、自分のためだけにがんばれた』と言っていたので(笑)、逆にその点では良かったのかもしれません」

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。