>他のお母さんもCHECK!!

宿題を注意すると 家を飛び出した娘

息子が受験を終え、第一志望校に無事合格。3歳違いの娘も入塾し、受験生活は木村紗英さんにとって2度目の体験でした。初めてのことばかりだった息子と比べ、ゆとりを持ってサポートできそうと考えていましたが、実際は兄妹でかなり様子が違ったそう。

「全国統一小学生テストを受けたのですが、散々な結果でした。兄は最初からよくできていたので、今まで見たこともない数字が並んでいたんです。本人は当時から『桜蔭に入る!』と言っていましたが、これは無理だなと思いました。入塾の面接でも、先生に『一生懸命やったんですから……』と慰められるような状態でした」 

しかし、いざ塾に通い始めると成績はすぐに上昇。小4の組分けテストではトップクラスになり、全国統一小学生テストの決勝大会にも進みました。 

ただ、木村さんいわく娘は「ちゃらんぽらん」。コツコツ真面目に、という性格ではありませんでした。

「小5の夏休みの間、全く勉強しなかったんです。夏期講習には通っていましたが、ずっとダラダラしてばかり。宿題のノートを見てみると、やってあるのは最初の3日間だけで、後は全部白紙。『反省しなさい!』と言って、娘を叱りました。すると家を出て、いなくなっちゃったんです。夜10時くらいのことですし、血相を変えて探しまくりました。でも、なかなか見つからなくて、塾にまで電話して、先生方にも総出で探してもらいました。結局、兄が見つけ出したときには、夜の公園でひとり宿題をしていたそうです(笑)。それ以降、やっと宿題を真面目にやるようになりました」 

常に強気で楽観的。そんな娘に、木村さんは「どうしてこうなの?」と感じることも多かったと言います。

絶好調から一転 緊張感マックスに

小6の夏休み明けには、成績が大きくダウン。木村さんは焦りましたが、娘は相変わらず強気でした。「私がネガティブな言葉を吐いても、全然こたえないんですよ。『次は1桁の順位になるから』と言って、その後のがんばりはすごかったですね」 

たちまち挽回して、次の模試では3位。さらに、その次は2位と娘は宣言した通りの結果を出し、絶好調に。ところが1月後半、状況が一変します。息子の通う学校でインフルエンザによる学級閉鎖が相次ぎ、ついには本番2日前に息子が発症。そこからが、まさに木村さんのヤマ場となりました。

「最後の最後でこんなことになるとは……。もう家中ドタバタでした。まず息子を病院に連れて行き、その後は部屋から出さずに"開かずの間"をつくりました。食事もドアの隙間からそっと差し入れるようにしていましたね。娘はできるだけ家へ帰らせず、塾で自習をさせてもらい、兄の触ったものには一切触らないよう注意しました」 

そして、迎えた2月1日。何とか乗り切ったと、ホッとしたのもつかの間、受験を終えた娘の顔をひと目見た途端、木村さんは観念しました。

「真っ赤な顔に鼻水ダラダラで出てきて、もうダメだと思いました。その足で病院に行くと、やはりインフルエンザ。もともと強気な子で緊張感もあって、朝は気がつかなかったんですね」 

翌日、豊島岡女子学園で許可を得て別室受験。桜蔭は落ちたものと、すでに切り替えていただけに、合格を知ったときの喜びはひとしおだったそう。

「桜蔭は憧れの学校でしたが、のめり込まないようにしていたので、落ちたと思っても悲観し過ぎずに済みました。日頃から第二志望校のよいところを考え、"どっちでも大丈夫"というくらいの気持ちでいることが大切だと思います。それと、豊島岡で別室受験した子は、娘を含め4人もいました。パニックにならないためにも、あらゆるケースの対応を考えておいたほうがいいですよ」

第一志望校に
固執しない

日頃から第一志望校にのめり込み過ぎないよう気をつけていました。もし合格できなくても次があると考えられたので、それほど悲観せずに済みました。

入学式用のスーツを新調

まずは娘の合格を報告するため、単身赴任中の夫のところへ会いに行かせました。あとは、兄のときもそうだったのですが、お祝いに家族で高級焼肉を食べに。こんなにもがんばれる子だったんだと、改めて見直した娘へのご褒美はiPod。自分自身には、入学式用のスーツを新調しました。桜蔭にはセレブなお母さまが多いのかな、なんて思ったので奮発しちゃいました(笑)。

>他のお母さんもCHECK!!
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。