夏の家庭学習の組み立て方

家庭学習は何時間ぐらい必要か、不得意科目と得意科目のどちらを優先すべきか……。夏の家庭学習スケジュールを組むために、親が疑問に思うことを四谷大塚講師陣がすべて答えます。

ここでやらなきゃどこでやる?

「小6の夏休み」について、理科講師の村上先生はこう言います。

「"ここでやらなきゃどこでやる"のひと言ですね。合否の分かれ目と言ってもいいかもしれません。夏休みを有効に使えた子どもは、秋以降にグンと飛躍する可能性が大きいですから」

多くの中学受験塾では、夏休み前までに、入試で問われる学習範囲をすべて学び終えます。そのため、その総復習をするのが夏休みの一番の課題となります。国語講師の弦間先生は「学んだことを自分の"頭の引き出し"に入れて、いつでも取り出せる状態に完成させるのが夏休みです。2学期以降は、いよいよその引き出しから、自分の思い通りに必要なものを取り出して使う練習をします。つまり過去問を解いていくんですね。ですから夏休みは、引き出しに足りないものがあれば入れ、ごちゃごちゃしているところは整理する。その絶好のチャンスなのです」と話します。

不得意と得意どちらが優先?

今まで学んできたことがきちんと定着しているか、足りない部分はないかを「確認」するのが夏休みです。足りない部分というのは忘れたり、しっかり理解していない部分なので、補う必要があります。ですから夏休みは「得意科目を伸ばす」ことより、「不得意科目を克服する」ことに比重を置くべきと先生方は口をそろえます。学校行事などに追われない夏休みは、受験勉強に集中して取り組め、不得意科目克服の大きなチャンスなのです。

算数講師の松寺先生は、不得意科目の克服は、秋からの自信にもつながると言います。

「弱点があると、どうしても学習に前向きになれません。夏休みにしっかり弱点を補強すれば、2学期以降の自信にもつながり、その効果はとても大きいと言えるでしょう」

社会講師の永野先生も、不得意科目克服に力を入れて欲しいと話します。

「不得意科目は、基礎がしっかりできていないことが多いものです。夏休み中は基礎固めに重点を置き、問題を解く力の土台作りをしてほしいですね。算数は別ですが、得意教科を今すぐ伸ばす必要はないでしょう」

夏に伸びるタイプ伸び悩むタイプ

大切な夏休みを有効に使い、実際に実力をつけていくのは、どのようなタイプの子どもなのでしょうか。

「当たり前ですが、学習姿勢ができている子ですね。自分でやるべきことを考えられる、または考えようとする子は伸びます。ただ、今の時点で学習姿勢がしっかりできていなくても、まだ間に合います。子どもは何がきっかけで変わるかわからないもの。志望校を決めたり、友だちががんばり出したことに刺激を受けたりといったことで、急に自分から学習する姿勢を見せる子どももいます」(永野先生)

きっかけは何であれ、受験への自覚を持ち、"合格したい"という気持ちを強く持てば子どもは必ず伸びます。

「その気になれば、夏休みを機に偏差値を10以上アップさせることだって可能なんです。以前、夏休み中に、志望校のクラブ活動の様子をお父さんと見に行って、"来年はここに入るんだよな"と言われたことが、やる気のきっかけになった男の子がいました。その子の伸び方はすばらしかったですよ」(弦間先生)

逆に「やらされている感」でいっぱいの子は伸び悩むようです。

「与えられた問題を"解いてさえいればいい"という気持ちでやっている子は伸びにくいですね」(村上先生)

「"子どもの成績が上がらないから、どこを受けるか決められない"とおっしゃるご父母もいますが、そのような場合、子どもの学習意欲も乏しくなりがちです。成績で決めるのではなく、どうしても行きたいと思える学校を探すことが大切です」(松寺先生)

理想的な家庭学習時間は?

約40日間の夏休みですが、「時間はたっぷりある」と思っていると、あっと言う間に過ぎていきます。一日どのくらい学習すればいいのでしょうか?

四谷大塚の場合、夏期講習は9時から17時頃まであります。帰宅して夕食、入浴をすると、その後、寝るまでに数時間しかありません。先生方の話をまとめると、塾のある日の家庭での学習時間は「2~3時間くらいが理想的」と言えます。

「しかし、今まで学習習慣がついていない子どもに、いきなり2時間というのは無理でしょう。たとえば毎日10分程度テキストを眺めるだけ、といった学習習慣の子の場合、まずは各教科10分ずつ、合計40分にするだけでも大きな進歩と言えます。今2時間できている子ならば、3時間に増やしましょう。とにかく、夏休みは"今までよりもがんばった"と自分なりの進歩を感じられる家庭学習を目指すことが大切です。ただ、これまでの経験でいうと、超難関校に合格するような子は、塾のある日も、3時間程度は勉強するのが普通のようですね」(松寺先生)

「夏期講習後も教室を自習室として開放しているので、そこで1時間くらい勉強して帰る子どももたくさんいます。友だちがいるので張り合いがあるのか、早く帰ってテレビを見たいのか(笑)。とにかくみんなすごい集中力です。あとは寝る前に1時間くらいやれば2時間になりますから、そういったやり方も検討してみてはいかがでしょう」(弦間先生)

それでは塾のない日は、学習時間をどのくらいと考えればいいのでしょうか。

「最低でも4~5時間くらいは確保したいところです。塾のある日はどうしても4教科は難しく、実際は"算数だけで手がいっぱい"という子も多いでしょう。だからこそ、塾のない日には、じっくり4教科の復習をしてほしいですね」(永野先生)

「ぶっ続けで勉強しなくていいのですが、午前中の頭が冴えている時間は有効に使ってほしいですね。昼食後は眠くなるし、集中力も下がりますから、プールに行くなど、思いっきり遊んでリフレッシュするのもよいでしょう。"夕方からはまたしっかり勉強するんだ"という心構えができていれば、遊ぶことに後ろめたさを感じずに気分転換できるので、逆にいいと思います」(松寺先生)

塾のない日はどうしてもダラダラしてしまいがちですが、朝はできるだけいつも通りに起きるのがポイント。午前中に3~4時間学習できれば、夕方以降の学習はぐんとラクになります。午後はしっかりリフレッシュの時間をとり、メリハリのある生活を習慣づけましょう。

4教科で優先すべきは算数!

4教科のうち「最優先は算数」と、すべての先生が断言します。算数はほかの教科より設問数が少なく、一問の配点が大きい教科です。つまり一問の間違いが大きな得点差になるため、中学受験では、算数が合否を左右すると言われています。家庭学習の配分時間は、先生たちの意見に若干の差はあるものの、概ね「算:国:理:社:=4:2:1:1」を目安にするとよいでしょう。2時間家庭学習をすると仮定したら、1時間算数、30分国語、理科と社会が15分という計算になります。

「塾のある日もない日も、家での学習時間の半分は算数をやるのがいいと思います。算数はじっくり考える時間がどうしても必要な教科ですから。理科・社会は"塾の授業で勝負する"と考え、家では短時間で集中して復習するとよいでしょう」(村上先生)

算数にウエイトを置くとして、どのような順番で学習すれば効果的なのでしょう。

「子どもの性格などにもよりますが、算数は家庭学習の中で、2回に分けてやる方法をお勧めします。長時間、同じ教科を勉強すると集中力がとぎれてきます。ほかの教科を間にはさむ事で、どちらの教科も学習効果が上がるのではないでしょうか。また、算数が得意な子は算数から始めると算数ばかり勉強し、逆に不得意な子は最初が算数だとモチベーションが上がらないなどといった場合も多いので、そういった場合にも2回に分けることは有効ですね」(松寺先生)

「まずは作業的な学習から始めると、よいウォーミングアップになると思います。国語なら漢字の書き取り、算数なら計算問題、社会なら暗記ものなどですね。好きな科目から取り組むのもやる気を出すためにはいいかもしれません」(弦間先生)

また、「理科は最後に」と話してくれた村上先生ですが、その理由は"疲れた頭で考えることに慣れるため"。「本番の入試でも、理科は最後に試験があることが多い教科です。だからこそ、算国社の勉強をやって疲れたところで、もうひとがんばりして理科を学習することをお勧めします」(村上先生)

子どもの意見を取り入れる

具体的なスケジュールの内容は、子どもの学習習慣や得意・不得意科目、性格など、さまざまなことを考えながら、その子に合ったものを考えることが大切です。

「絶対にやってはいけないのは、親だけで勝手にスケジュールを立てること。その場合、子どもは"やらされているからやる"という気持ちから抜け切れません。必ず子どもに"どうしたらいいと思う?"と聞きながら、スケジュールを立てるようにしましょう」(松寺先生) 

子どもの意見を取り入れることは必須ですが、やはり親のサポートは重要になってきます。

「子ども自身に計画を立てさせることは非常に大切ですが、子どもの立てた計画は、どうしても"こんなにできないでしょ"と突っ込みたくなるような過密スケジュールになりがちです。しかしそんな場合も、現実的ではないと叱ったりせずに"そんなにやるのは大変だから、最低でもこれとこれをやってみようか"など、量の調整をしてあげてほしいですね」(永野先生)

親と相談して無理なく立てた計画なら、子どももがんばろうという気持ちを持てます。ただ、予期せぬ用事ができるなど、計画どおりにはなかなか進まない場合も多いでしょう。

「特に几帳面な子に多いのですが、午前中の学習が計画通りにいかなかった場合、すぐに"もう今日はダメだ"と午後まで引きずって、結局計画倒れに終わったりします。あらかじめ調整の時間を作ったり、できなかったときの2番手の計画を考えておくなど、柔軟に軌道修正できる体制を整えておくとよいですね」(松寺先生)

逆に、スケジュール通りに学習できたときは、それで「おしまい」にする潔さも必要なようです。

「子どもが予定していた学習を時間内に終えたときに、"早く終ったのだから、これもやりなさい"と追加で学習させようとするご父母もときどきいるようです。親子で決めた学習計画を親も守らないと、子どもは"なんでそれもしなくちゃいけないの"と不満に思い、その後のモチベーションも下がってしまいます」(弦間先生)

モチベーションの基礎はなぜ中学受験をするのか?

では「親子で話し合って、夏休みの学習のスケジュールを立てようとするけど、子どものモチベーションがどうも上がらない……」というときは、どうしたらいいのでしょうか。

「夏休みに限らず、基本的なことなのですが、今一度、親子で"何のために受験するのか"を話し合い、お互いに納得できる結論を出すことが大切ですね。漠然としていてもいいから、将来は何になりたいのか、そのためにはどうしたらいいと思うかなど、子どもの考えを聞いて、子どもの気持ちを中学受験に向けていく。それがご父母の一番の役目ですね」(村上先生)

「やはり、志望校を早く決めるといいでしょう。憧れの学校でもいいです。自分が行きたいと思う学校が実際にある、というだけで、自分がそこで勉強しているイメージが湧き、"絶対に受かりたい"という気持ちも生まれるもの。学習のモチベーションは上がるはずです」(松寺先生)

「私の所属している市ヶ谷校舎には、自習カードといって、自習内容とそれをやる予定時間、実際にかかった時間を書き、先生のサインをもらう用紙があります。塾での自習の様子を、ご父母に報告するためにあるのですが、これがとても好評なんです。自分が立てた計画をやり遂げたという実感があるからでしょうか、先生のサインをもらう時は、どの子もとてもいい笑顔をしているんですね。これを家でもやってみるといいかもしれません。自分で立てた計画をやり抜くと、達成感とやる気が生まれます」(弦間先生)

最初は自分で予定時間を立てても「15分くらいで終わると思ったけど、やってみたら30分もかかってしまった」というような見当はずれもあるでしょう。ですが、このように小さな目標を立て、努力することを繰り返すうちに、自己コントロールができる子どもに育っていきます。自己コントロールのできる子は、総じて学力が高いと先生方は言います。まだ自分で家庭学習の計画を立てるのが難しい場合、「やることの順番を決める」でもいいでしょう。「自分で決めたことを守れてうれしい」という成功体験は、子どもに自信を持たせ、やる気にさせます。

また「夏休みに入ってからがんばればいい」と思っていると、実際は夏休みに入ってもなかなかエンジンがかからない……、といったことも起こりがちです。そこで、夏休みに入ったらすぐにスタートダッシュができるよう、その前にできることを永野先生が教えてくれました。

「塾の三者面談を夏休み前に受けるといいですね。予め子どもには、その子の弱点分野の確認をして"いつまでに何をやるべきかの計画を立てていこう"と宿題を出しておき、三者面談で、子どもに自分が立てた計画を説明させるのです。子どもは塾の先生もいる手前、自分の立てた計画は守らないと、と思うようです」

親と子どもの間だけの約束の場合、どうしても甘えが出てしまいがち。塾の先生のような第三者を入れ、子どもの「やらなきゃ」という気持ちを引き出すとよいでしょう。

実りのある夏休みにするために

「問題を解くこと=勉強」ととらえ、とにかくたくさんの問題を解けばいい、と考える親子は少なくないようです。ですが、そのような「問題を解いて、丸つけして、おしまい」型の勉強は、やった気にはなりますが、いくら長時間やっても、学習効果は少ないので要注意です。

「間違えた問題は自分の実力を上げるために最適な問題。×をつけておしまい、では意味がありません。なぜ間違えたのかの原因を考え、見つけ出すことで、次に生かせる力がつきます。答え合わせは学習の終わりではなく、始まりだと思ってほしいですね」(松寺先生)

間違えた理由がケアレスミスだったのか、それとも根本的にわかっていなかったのかなどに気づくだけでも、理解が深まっていきます。特に苦手科目の学習スケジュールを立てるときには、「問題を解く時間」だけで考えず、「答え合わせをして、間違えた問題の原因をつきとめる時間」も確保するようにするといいでしょう。

また夏休みに塾のテキスト以外の問題集に挑戦する必要はないと先生方は口をそろえます。

「塾の宿題や夏期講習の問題をじっくり解けば、それで十分な実力がつくはずです。むやみやたらに新しいものに手を出すのは危険です。どうしてもと思うときは、まず塾の担当の先生に相談してみましょう」(村上先生)

塾では、個別に子どもの弱点などを把握しているので、夏休み前に子どもの学習スケジュールに関して相談してみるのもおすすめです。

「とは言え、我が家だけのオリジナル計画を立てようとがんばりすぎる必要はありません。塾の先生に"弱点補強のためにこれをやろう"と子どもが言われているものがあれば、まずそれをやるのが賢明でしょう。せっかく塾に通っているならば、塾の流れにうまく乗って、学習計画もそれに沿ったものにするほうが、負担も少なく効果が上がると思います」(弦間先生)

親は干渉しすぎたり、逆に子どもに任せきりにしたりせず、必要なところで必要なサポートをするという姿勢が大事なようです。

「以前、ご父母が子どもの勉強する順番や問題数も細かく決めてやらせているケースがありました。子どもは計画通りの大量の問題をこなしたんです。しかし残念ながら、夏休み明けテストではまったく成績が振るわなかった。それとは逆のパターンで、子どもが上位クラスにいたせいもあってか放ったらかしにしていて、計画も立てずダラダラと夏休みを過ごしてしまったケースもあります。どちらのケースも、結局、第一志望には合格できませんでした。夏休みを上手に使えなかった例ですが、毎年少なからず、このような例はあります」(松寺先生)

小6の夏休みを、実りあるものにできるかどうかは、最終的に子ども次第です。ただ親の適切なサポートがあるかどうかで、実りある夏休みにできる可能性が広がることも間違いないと言えるでしょう。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。