塾が楽しかったから成績も伸びた

母・潤子さん(以下、母)

もも夏は、すごく楽しそうに塾に通ってたよね。受験が終わったとき、「もう塾に行けないのが寂しい!」って言ってたね。

もも夏さん(以下、もも夏)

うん。塾の授業はおもしろかったし、先生と話すのも好きだったし、仲の良い友だちもできたから。未だに、また塾で授業受けたいな〜って思うよ。

  母

負けず嫌いだから、友だちと競い合って成績を伸ばしていった感じだったしね。

  もも夏

順位が下がると悔しいから、塾のテストの前は、特にがんばって勉強してたと思う。、

  母

5年生の夏休み明けに、一度成績が下がって、1つ下のクラスになったときは大号泣だったもんね。

  もも夏

「もう塾に行きたくない」って言ってね(笑)。先生とか友だちに会うのが恥ずかしいって思って……。

  母

第一志望を桜蔭に決めたのも、塾の友だちの影響が大きかったんだよね。

  もも夏

桜蔭は5年生のときに文化祭に行って、楽しそうだなとは思ってた。理科が好きだから、〝サイエンスストリート〞っていう、理数系の部活がずらっと並んでる展示が特におもしろかったかな。それで6年生の夏から塾の桜蔭コースに入ったけど、最初の頃は「絶対、桜蔭!」とは思ってなかった。でも、桜蔭コースがすごく楽しくて。話の合う友だちもいて、私もみんなと一緒に桜蔭に入りたいって強く思うようになったんだ。

  母

お母さんは、実はずっと迷ってたんだけどね……。

  もも夏

え、そうだったの?!

  母

そもそも、最初は渋谷幕張を第一志望に考えていたでしょう。あなたは共学がいいって言ってたし。桜蔭と渋谷幕張では結構、雰囲気が違うから、どっちがもも夏に合うのかなって、ずっと考えてたのよ。

  もも夏

でもお母さん、全然そんなこと言わなかったよね?

  母

だって、もも夏は桜蔭に行く気になってたし、親の意見でそれが揺らいじゃったら良くないと思ったから言わなかったの。でも、今はすごく楽しそうに桜蔭に通ってるから、これで良かったんだよね。

ケアレスミスが最大の不安要因

  もも夏

6年生の秋に桜蔭の過去問を解き始めたら、難しくて焦った。特に算数! 初めて解いたときは100点満点中、26点。今でも覚えてる(笑)。

  母

算数、苦手だったもんね。特に計算問題。ケアレスミスが多いからね〜。

  もも夏

そうそう。数字の書き間違いとか、問題の写し間違いとか……。しかも、桜蔭の計算問題は、すごく複雑で難しかっし、文章問題は答えだけじゃなくて途中式とか、どうやって解いたかってことまで書かなきゃいけなかったでしょ? それまで、私は式とかちゃんと書いてなかったから(笑)。

  母

計算は、最後の最後まで弱点だったよね。毎朝、算数の一行問題集を解こう、とか決めたこともあったけど、朝早く起きれないから、続かなかったし……。「見直しをする」とか「書き間違えをしない」とか、注意点をまとめたこともあったよね。でも、テストのときは夢中で解いてるとすぐ注意点を忘れちゃうから、テスト開始と同時に、まずその注意点を答案の空いてるスペースに書き出しておいて、最後にそれを見なさいって。

  もも夏

ああ、それは何回か実践したんだけど、結局、時間がないからやらなくなっちゃった(笑)。

  母

ほかの教科でも、漢字の間違いとか、ケアレスミスが多かったね。11月に模試の成績が少し下がったときも、易しめの問題を落としていることが多かったじゃない。

  もも夏

難しい問題だとじっくり考えて慎重に解くんだけど、簡単な問題だとつい油断しちゃうんだよね(笑)。

  母

国語の問題なんかも、普通はポイントとなるところに線を引いたりするものでしょ? でも、あなたの問題用紙はぜんぜん線も引いてなくて、きれいなままで(笑)。だから読み間違いが多いし。

  もも夏

線は引くようになったよ! お母さんにもさんざん言われたから。

  母

そうね。私は模試の結果や過去問を解いたのを見て、「ここを注意しなさい!」とか「何でここを間違えるの?」とか結構責めてたかも(笑)。だからよくケンカもしたしね。

  もも夏

絶対、お母さんが勝つんだけどね(笑)。

  母

お母さんも、言い過ぎたなあって 反省することもあったのよ。

  もも夏

本当に(笑)? 過去問も、最初はお母さんに丸つけしてもらってたけど、いろいろ言われるのが嫌だから、途中からは自分で丸つけすることにしたんだよ。

  母

でも、受験雑誌とか読んで、「あまり子どもを責め過ぎないで」とか書いてあるから、「私も心を入れ替えようかな」って話したら、あなた「気持ち悪いからやめて」って言ったでしょ(笑)。

  もも夏

だって、それも不自然だし (笑)。叱られるのが嫌なときもあったけど、やっぱりいつも通りがいい。

  母

強く言ってしまうこともあったけど、もも夏がそれに耐えてしっかりと結果を出してくれたのは、うれしかったな。私が「ここができてない!」って叱ったら、次のテストのときには、ちゃんとそこを改善していたり。

  もも夏

期待して、応援してくれてるのはわかってたよ。私は勉強だけでいっぱいいっぱいになってたから、お母さんが過去問をコピーしてノートに貼ったりしておいてくれたよね。そのおかげで、私は勉強する時間を確保できたと思ってるよ。

  母

過去問はなかなかスケジュール通りに終わらなくて、直前期はちょっと焦ったね。

  もも夏

うん。あとやっぱり、入試が近づくと緊張した。実は、塾の友だちに「落ちたらどうしよう」とか、弱音を吐くこともあったんだ。でも、友だちと話してるうちに、やっぱりがんばらなきゃと思ったり。

  母

私も、塾のお迎えに行って、待ち時間にほかのお母さんたちとおしゃべりするのがストレス発散だったかも。悩みを共有して、一緒にがんばろうって励まし合えたから、孤独にならなかった。お迎えに行くのは、もも夏のためだけじゃなくて、自分の精神的な安定のためにも良かったと思う。

  もも夏

私はやっぱり塾の友だちや先生と話すのが好きだったし、大変な中でも、あの生活を楽しめていたから乗り切れたと思う。

  母

楽しかったっていうのはすごく伝わってきたよ。桜蔭の受験の前日に、「勉強させてくれてありがとうございました」って言ってくれたもんね。あれはすごくうれしかったな。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。