受験に対する考え方で夫婦にギャップが……

 中学受験は家族の受験。夫婦で学習方法や志望校などについて話し合う機会も多く、互いの教育観や受験に対する考え方を〝否が応にも?知るようになります。そして、自分と相手の考えが大きく異なることに驚き、不満を感じるというパターンも多いのではないでしょうか。今回話を伺った識者たちも「中学受験に関して夫婦間のギャップは大きい場合が多い」と口を揃えます。では、具体的にどのような場面で夫婦のギャップが生まれやすいのでしょうか。
 まず、中学受験に対する考え方の違いについて、四谷大塚の高根澤祐司先生と高杉龍以先生は次のように話します。「そもそも父親は母親に比べて、中学受験に否定的な人が多く見受けられます。受験させるか迷っていたり、夜遅くまで塾で勉強することに難色を示して母親にも相談せずに子どもを休ませる父親がいました」(高根澤先生)
「そういう父親はよく、"公立中学でもいいじゃないか""中学受験で落ちても高校受験がある"などの言葉を口にします。特に、男の子を育てる父親の中には、"いろいろなタイプの子どもが集まる公立中学で揉まれた方が、男の子はたくましく育つ"という持論を曲げない父親が少なからずいす」(高杉先生)
 そのような考えから、「御三家に受からなかったら公立でいい」「偏差値○○以下の学校に行かせる必要はない」など、母親からすると暴言とも思えるような発言をすることがあるそうです。「特に父親が公立中学出身の場合、"小学生の頃から塾に通わせて、私立中学に行くなんて特殊なケースだ"という思いを持ち続ける傾向が見られます」(高根澤先生)
 一方、多くの母親は父親よりも子どもと一緒にいる時間が長く、子どもの性格をよく知っています。志望校選びに関しても積極的に情報を集め、「うちの子に合う学校」「面倒見のいい学校」など、子どもにとってより良い環境を選ぼうと奮闘します。「そんな母親からすると、"難関校しか受けさせない"と言う父親の言葉にカチンとくるのは無理もないでしょう。ただ、最近は塾の父母会に来る父親も増えています。子どもが4年生のときから父母会に足を運ぶ熱心な父親もめずらしくありません。そして、最新の受験事情を知った多くの父親は、偏差値や知名度よりも子どもに合った学校選びをしようと考え始めます。夫婦で塾の説明会や保護者会に出席したり、塾の先生と面談を行うことで、"ものわかりのいい夫"に変身する可能性は十分にあるでしょう」(高根澤先生)

育児の経験値の差が夫婦のギャップを生む

 中学受験を通して、夫婦の間で考え方にギャップが生まれ、互いにストレスを感じることは多々あります。しかし、夫婦の気持ちがすれ違うのは、も ちろん中学受験がすべての原因ではありません。「小学校低学年までの子育てを通して見え隠れしていた互いの教育観や考え方の違いが、中学受験にチャレンジする過程で、より明確になると言った方が適切ではないでしょうか」(高根澤先生)
 発達心理学や家族心理学を専門とする柏木惠子氏も、「日本の男女の生活体験は大きく異なり、父親と母親の考え方にも自ずと違いが生まれる」と解説します。「多くの父親は仕事を通して、白黒をはっきりつける、性急に結論を求める、データを分析して論理的かつ客観的な結論を出すといった行動や考え方に傾きがちです。一方、家事・育児を任されることが多い母親には子どもの気持ちに寄り添う力、相手の感情を大事にする姿勢が求められます」(柏木氏)
 このような生活体験の違いが、子どもへの接し方にも表れます。「たとえば、子どもを叱る場面で、多くの父親が"そんなことをしたらダメじゃないか"と行動や結果を注意します。それに対して母親は"○○するとあぶないよ""ほかの人の迷惑になるからやめようね"など、子どもの気持ちに訴えかけながら諭すといった違いが生まれます」(柏木氏)
 柏木氏は、「これは男女の違いと言うよりも、子育てに関わっているかどうかの経験の差が大きな要因」と話します。「子どもを持つ夫婦の様子を長年研究していますが、男性の中には依然として"子育ては女性の仕事""女性の方が子育てに向いている"といった保守的な意見が根強くあるように感じます。最近は、家事や子育てを手伝う『イクメン』が多くなったと言われますが、ほかの国々に比べると、まだ関わり方が薄いと言わざるを得ないでしょう」(柏木氏)
 そのことを裏づけるかのように、「日本の父親は世界の中でも、家事・育児に関わる時間が極端に少ない」というデータがあります。「日本の男性は子どもが生まれると、家事や育児から離れてしまう傾向が見られます。妻がフルタイムで働いていたり、夫婦の収入が同じくらいの家庭だと夫の家事・育児の時間は多少増えますが、それでも欧米の国々と比べると、まだまだ圧倒的に短いのが現状です」(柏木氏)
 現在は女性も大学を出て、社会で働くことが、ごく一般的な世の中になりました。「今、小学生の子どもを持つお母さんたちも、子どもが生まれる前は会社で活躍されたり、恋愛結婚で結ばれて対等な夫婦関係を築いていた人が多いのではないでしょうか。けれど、子どもが生まれた途端に、夫婦ともに"夫は外で仕事、家事と育児は妻の仕事"といった性別分業の意識にとらわれてしまう家庭が少なくありません」(柏木氏)
 このような性別分業に対して、柏木氏は警鐘を鳴らします。「夫から"育児は任せた"と言われると、多くの母親はプレッシャーを感じます。それが高まると、"私一人で子育てをがんばらなくてはいけない。失敗は許されない"と危機感を持つことにつながりやすい。その結果、子どものやることに対して、常に先回りして手出し・口出しをし、自主性を伸ばす機会を奪ってしまう恐れがあります。また、妻が子育てに対する意見や要望を伝えないと、夫はますます仕事人間になり、さらに夫婦のギャップが広がってしまいます。そうならないためにも、夫婦で話し合う時間を持ち、二人で協力する方向へ持って行くことが肝心だと思います」(柏木氏)

夫婦が協力することで学力は伸びる!

 おおた氏も、夫婦が協力して子育てや中学受験に取り組むことの意義を語ります。「もともとは赤の他人だった夫婦が、信頼と感謝の気持ちを持って協力していく姿勢を子どもに見せる。そうすることにより、子どもは協力することの大切さに気づき、人間関係の基本を学ぶことができます。夫婦で協力して家事を行ったり、志望校の見学に一緒に行くなどの工夫をしながら、大人が協力して何かを成し遂げる場面を子どもに見せてほしいと思います」(おおた氏)
 さらに、「ときには夫婦が意見をぶつけ合うことも大切」とアドバイスします。「その場面を子どもに見せることも重要だと私は考えています。夫婦が何とか折り合いをつけて前に進むことで、子どもは"人は対立しても話し合うことで仲直りできる"と理解できることでしょう。ひいては、それが自己肯定感を養うことにもつながり、受験勉強に取り組む上でも大いにプラスになります」(おおた氏)
 中学受験の現場で多くの家庭を見てきた四谷大塚の校舎長たちも、「父親と母親がしっかりコミュニケーションをとり、夫婦関係が安定していると、子どもは安心して勉強に取り組める」と言います。「反対に夫婦のコミュニケーションが不足し、受験に対する考え方や家庭の教育方針が異なると、やはりうまくいかないケースが目立ちます。多くの親は、"子どもの前では見せていない"と考えているかもしれませんが、高学年にもなると大抵の子どもは家庭の空気を敏感に感じ取ります。そして、父親と母親の間に溝があることに気づくと、勉強への集中力がダウンし、どうしても成績が伸びてきません」(高杉先生)
「子どもたちは毎日勉強をがんばっていますが、すべての受験生が強いメンタルを持ち合わせているわけではありません。むしろ、楽な方に流されてしまう子どもの方が多いことでしょう。たとえば、母親は"私立の中高一貫校に必ず入学させたい"と願っているのに、父親は"第一志望に落ちたら公立中学でもいい"と考えている場合、子どもは"お父さんは公立でもいいって言っているから"と考え、勉強をさぼったりします。子どもに逃げ道を与えないためにも、受験に対する夫婦の考えを早い段階でしっかりすり合わせておくことが不可欠でしょう」(高根澤先生)
 子どもと共に中学受験に取り組む母親の中には、父親の協力がなかなか得られず、困っている人が少なくありません。
 中には、「夫は受験にかかる費用さえ出してくれればいい。ほかのサポートは何も期待していない」とあきらめてしまっている母親も。「気持ちはわかりますが、中学受験では子どもと同様、母親もくじけそうになることが多々あります。そんなときに父親が母親の支えとなることで、難しい局面でも乗り切れる。やはり、夫婦で受験に取り組むための協力体制をつくった方が良い結果を得られると思います」(高根澤先生)
 さらに柏木氏からは、「人間は一人で子育てができない動物である」という指摘も。「動物の中にはメスが妊娠をすると、オスはもう自分の役割は果たしたとばかりに、どこかへ行ってしまうものが多くいます。残されたメスは、子どもに食べ物の取り方や、危険から身を守る方法を一人で教えます。しかし、人間の子どもは、ほかの動物に比べて覚えることが圧倒的に多い。勉強や身を守る方法以外にも、道徳や教養、将来の目標、周囲との付き合い方など、一人前になるまでの発達課題があまりに多岐にわたります。そのすべてを母親一人で背負うことは、とても難しい。だからこそ、夫婦で協力して子育てに取り組む姿勢を持ってほしいと思います」

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。