自立心を育むことはなぜ大切なのか

 子どもが主体性、自立心を持って行動することは大切である--。
 そう頭では理解しながらも、ついつい手出し・口出しをしてしまう親は多いことでしょう。このような接し方を改善するためには、まず自立心を育む重要性をしっかり理解することが肝心です。NPO法人ハートフルコミュニケーションの代表を務め、我が子の中学受験をサポートした経験もある菅原裕子氏は「自立心を育てることは中学受験においてもキーポイントになる」と語ります。
 「計算や漢字の練習をしたり、塾の授業を受けることはもちろん、当たり前ですが親が代わりに受験することは無理な話です。そもそも子ども自身が受験を真剣に考えるようにならなければ、勉強する気も起きないでしょう」(菅原氏)
 菅原氏は「子どもが最もやる気を失ってしまうのは、"あれをしなさい""これはダメ"と親からコントロールされたとき」と続けます。「受験をするか、どの中学校を選ぶか、塾に行くべきかなど身の回りのことを子どもに考えさせ、選択させることでやる気や自立心が生まれ、学力もアップします。子どもの想像力を刺激し、『受験をしたらこんないいことがある』『あの学校に行ったら楽しそう』と思えるような環境を整えることが親の役割ではないでしょうか?」(菅原氏)
 四谷大塚蒲田校舎の戸部斉校舎長も「自ら学ぶ姿勢のある子と受け身の子では成績の伸び方がまったく違う」と話します。「自分なりにスケジュールを立てて勉強に取り組んでいる子どもは、決めたところまでしっかりやります。一方、親に言われて勉強している子どもは、指示された分しかやらない。その結果、勉強量に圧倒的な差が生まれてしまうので、『成績に10倍の差が出る』と言っても過言ではありません。自ら求め自ら学ぶ姿勢は、受験のみならず社会人になってからも必要なもの。小学生の頃から自立心を育てることにより、社会に出てからも活躍できる人財に成長することでしょう」(戸部校舎長)
 四谷大塚町田校舎の福島大輔校舎長も同じ意見です。「親や塾の先生に言われないと勉強しない子どもは、失敗を人のせいにして、努力することを放棄してしまう傾向が見られます。それに対して、自ら学ぶことができる子どもは、勉強の先に『こんな仕事がしたい!』『人の役に立ちたい!』といった夢や目標を持っています」(福島校舎長)
 「ずっと親に面倒を見てもらっていた子どもが、ある日突然、自立する可能性は低いと思います。子どもの頃から自分で考え、問題を解決する力を身につけることが将来の可能性につながります。自立心や主体性を伸ばす重要性はまさにそこにあり、そのための方法を考えていくことが親の務めと言えるでしょう」(菅原氏)

「ヘルプ」と「サポート」を見極めよう

 子どもが置かれている状況や学年、学力に応じてサポートを変え、自立へ導くことが親の大きな役目。しかし、その見極めがなかなか難しいところです。菅原氏は的確なサポートができているのかどうかの判断方法について、次のように話します。「子どもが自力ではできないから手伝っている『ヘルプ』なのか、親が手伝わなくてもいいのに不安で手を出しているのか、自身のやっていることを整理してみてはどうでしょうか?」(菅原氏)
 そして、「ヘルプ」の内容を少しずつ変えていくことが大切だとアドバイスします。「たとえば、赤ちゃんは一人で食事をすることはできないので、親が食べさせてあげることが必要です。しかし、子どもの年齢が上がったら、食事の仕方を教えて見守る『サポート』に切り替えます」(菅原氏)
 これと同じことを小学生の子どもを持つ親も行う必要があります。
 「今、子どもにしているいろいろな手助けが、子どもには任せられないことなのか、それとも親の不安から手出し・口出しをしているのか、一度振り返ってみてはどうでしょうか? そして、子どもが一人でできそうなことに関しては、やり方を教えて見守るようにしましょう。親が自分の言動を見直し、子どもへの関わり方を少しずつ変えていく。それこそが、子どもの自立心を伸ばす上で、大きなカギを握ると思います」(菅原氏)

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。