メニュー



お話を聞いた先生方
夏休み前からスタート 弱点を見つけておこう
――中学受験における小6の夏休みとは、どんな時期なのでしょうか。
高須先生(以下、高須)  四谷大塚では、ひと通りのカリキュラムが夏休み前に終わります。夏休みはそれを総ざらいして、受験に取り組むための下地をつくる時期です。
大川先生(以下、大川)  抜けた穴を探す時期でもあります。夏休み前の模試を活用して、できていなかった部分をこの夏の課題にしてもらいたいですね。そこを確実に埋める学習ができれば、有意義な夏休みになるはずです。
蛭田先生(以下、蛭田)  算数で言えば、学んだことを組み立て直す時期。基礎を強化する一方、図形の感覚を文章題に活かすなど、単元を越えた形で再構築すると捉えればよいでしょう。
永野先生(以下、永野)  社会がほかの教科と違うのは、地理・歴史・公民と座布団方式に積み重なっている点です。公民は比較的最近習った分野なので、皆記憶も新しいのですが、地理・歴史はかなり前。定着に時間がかかるのもその2分野ですので、子どもたちには「地理と歴史に絞って克服しよう」と話しています。夏休みには、あれもこれもしようと思わないこと。夏休みからではなく、その前に自分の弱点を1個はつぶして、どうすれば弱点を克服できるかという感覚をつけてから、夏休みを迎えてほしいと思います。
大川 できれば夏休み前に自分の穴を見つけておいてもらいたいですね。そして、その穴のランク分けをしておくといいでしょう。子どもだけにやらせるのは無理があるので、親が一緒に見直して、ここをしっかりとやろうという計画を立てておくことです。
――夏休みに伸びる子と伸びない子の差はどんなところにあるのですか。
蛭田 伸びない子は"やりっぱなし"。つまり、問題を解いても丸つけをしなかったり、見直しをきちんとしていないんです。わかった・わからないを自分なりに把握しながら、1問1問勉強していくことが大切です。
高須 国語も同じで、伸びない子は見直しをしないで何となくで終わらせてしまい、納得するところまでいかない。夏休みには、今までできなかった見直しに一歩踏み出してほしいですね。
永野 正確な知識が根づいていないと、同じところを何度も間違えるんですよ。たとえば「違憲立法審査権」という用語は週テストにも組分けテストにも出ているのに、問いの言葉尻が違うと間違えてしまう。漢字の意味からしっかりと考えながら覚えるよう、丁寧な勉強をしてほしいと思います。
大川 できていないのにごまかす子はそのままになってしまいがちです。素直に自分のわからない部分を受け止められる子は、できないものに正面から向き合えるので修正が利きます。そのためにも、子どもができなかったときは叱るのではなく、「ここをがんばれば合格に一歩近づくよ」と励ましてあげてもらいたいですね。

無理のない学習計画で達成感を確実に得る
――限られた時間を有効に使うために、何を心がければいいでしょう。
蛭田 家庭学習では、教科でメリハリをつけることが重要です。算数だけを何時間もやるのではなく、飽きてきたら短い時間でできる教科に変えるなど、時間と課題のバランスをとることです。息抜きの時間も含めて、親が管理してあげるとうまく回ると思います。
高須 夏休みには、漢字と言葉の知識の総復習をしておきたいところですが、苦手な子はそっちばかりやって、文章題から逃げてしまいがち。そうならないように、「知識系」と文章題に割り振る時間配分は、前もって考えておいてください。得意な子は見直しが終わったら、プラスアルファの文章を読んでほしいですね。志望校に合わせて、たとえば難解な論説文を出す学校なら、入試に出たのと同じレベルの本を読む時間をつくってもいいでしょう。
永野 まず、子どもが机に向かっているだけで勉強していると思わないことです。ボーッとしていることも多いので、いかに密度の高い時間にするか。生徒たちによく言うのは、「15分、20分でも全力を尽くすこと」。社会は短い時間を活かせる教科ですから。その一方で、時間をかけすぎる子も多い。たとえば白地図に色を塗る作業を勉強と思い込んでいる子もいるので、正しい方向に導いてもらいたいと思います。
大川 苦手なところに対しては時間をかけてもいいでしょう。できなかった問題を解き直すのは、結構時間がかかるんですよ。余裕を持たせて、達成感を確実に得られる計画を組んでもらいたいですね。
蛭田 全体像として、10日前倒しくらいのスケジュールを組んでください。お盆の間に課題をひと通り終わらせるイメージです。それを各日に割り振って、あとは1日の課題を消化していく。おそらく計画通りには終わらないので、残った予備日で最後にラストスパートをかけること。子どもに"やり切った感"を持たせるためにも、ギリギリの計画にしないことがポイントです。
――これから夏休みを迎える親子に向けて、メッセージをお願いします。
永野 社会は夏休みの成果が表れやすい科目です。努力がすぐ結果につながるので、ぜひがんばってください。
高須 国語が苦手な人はただ漠然と勉強するのではなく、自分が克服する課題を意識して取り組むことです。国語が得意な人には、できるだけたくさんの問題を解いてもらいたいですね。
蛭田 夏休み中に何題解くと決めて、ひたすら問題を解きまくってください。これだけやったんだと自信をつける夏にしてもらいたいと思います。
大川 まずは子どもに、できることをしっかりとやっていこうと伝えたいですね。親御さんには夏休みが終わったとき、達成感を持てるようなサポートをお願いしたいと思います。

夏休みのスケジュール
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。