学習面で違いが目立つただ男女共通の部分も

上のアンケート結果を見ると、勉強への取り組み方や子どもの好きな教科に関して、男女の違いが大きいことがわかります。

勉強への取り組み方について質問したQ1では、多くの母親が「娘のほうが自発的に取り組んでいる」と感じており、「女の子はコツコツと勉強に取り組む」という特徴を裏付ける結果となりました。

そして、より大きな違いが目立つのが、子どもの好きな教科に関する回答です。息子が楽しそうに勉強している教科としては、半数以上の母親が算数を挙げています。一方、娘が楽しそうに勉強している教科としては、国語が回答の半数以上を占め、男女の違いが鮮明となりました。

ただ、生活面に目を向けてみると、男女の違いがそれほど目立たない部分もあります。たとえば、整理整頓や片付けについて質問したQ4では「女の子のほうが得意」と思っている母親が多いものの、男の子に関する回答とは大きな差はつきませんでした。また、親に注意されたときの反応について聞いたQ5でも、母親の回答は男女でほぼ同じ。「女の子は片付けが得意」「男の子は母親にあまり反抗しない」とは、言い切れないようです。

このような特徴を踏まえた上で、次のページから取り上げる、母親たちの工夫や識者からのアドバイスを参考にしてみましょう。


Q1学校の宿題や塾の勉強に自分から取り組みますか?

Q2どの教科を勉強しているときが一番楽しそうですか?

Q3ノートやプリントに書く文字はきれいですか?

Q4部屋の片づけや整理整頓が得意ですか?

Q5注意されたときに素直に謝りますか?



>一番上へ

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。