学習の「量」が一気に増える

新小4から本格的な受験勉強が始まると、子どもの生活は大きく変わります。 

何と言っても一番大きな変化は、学習の「量」が増えること。1週間の半分を塾に通うようになり、その都度、塾から宿題が出されます。「四谷大塚の場合、小4の授業が終わるのが夜の8時頃なので、帰宅するのが9時近くになる子どももいることでしょう。そのため、小4の最初の時期は、体力的に疲れを感じる子どもが目立ちます」(江戸先生) 

低学年の頃から塾に通っていた子どもでも、小4からの受験勉強に慣れるのに時間がかかる場合があります。「低学年向けの塾では、体を動かしながらゲーム感覚で勉強するスタイルが主流です。しかし、小4からは机に座って先生の説明を聞くのが基本的な授業のスタイルです。このギャップに戸惑いを感じる子どもも多く、2.3月の授業は、全体的に少し緊張ムードが漂います」(江戸先生) 

また、ほかの習い事をしている子どもの場合、ほとんど休みが取れなくなるケースもあります。たとえば、塾の授業が1週間に3日ある場合、ほぼ1日おきに塾へ通います。そして、塾が休みの日にほかの習い事が入っていると「放課後は毎日、塾か習い事がある」と言ったハードスケジュールになりかねません。「ただ、それでも小4のうちは、塾とほかの習い事を両立させている家庭が多いように感じます。私も、子ども自身がやりがいを感じている習い事があるなら、小5までは続けさせてもよいと思います。ただ、習い事が多いと、当然、塾の宿題や復習に取り組む時間は減るので、スケジュール管理には工夫が必要になってくるでしょう」(村治先生)

テストの結果よりも勉強を楽しむ姿勢を

そもそも、3年間という長い受験期間の中で、小4の学習はどのような位置づけなのでしょうか。3人の校舎長は、口をそろえて「小4は学習習慣を確立させる時期」と話します。

「小4のうちは日々の学習を通して、勉強の楽しさに気づかせ、自分から学習する姿勢を身につけさせることが大きな目標です。反対に、小4の最初の時期に"受験勉強は大変だ"と子どもに感じさせてしまうと、当然やる気はアップせず、入試まで勉強を続けることが難しくなる恐れもあります。小4の初めの時期は、子どもが話す授業の内容に耳を傾けたり、宿題に取り組む姿勢に目を向けて、達成感を味わわせるサポートが欠かせないでしょう」(高杉先生) 

そして、学習習慣を定着させるためには、子どもに合った勉強スタイルを親が見つけていくことがカギを握ります。「塾の勉強がスタートしたばかりの2月は、多くの親が塾の勉強スケジュールをまだ十分には把握できていません。そのため、まずは子どもと一緒に塾の学習ペースに慣れることを最優先に考えましょう。そして、子どもが学習に取り組む様子を見守りながら、"どの教科の勉強を楽しんでいるか""宿題にはどれくらい時間が掛かっているか"と言った点に目を向けてください。そこから子どもの勉強スタイルを把握して、3月頃から子どもに合ったスケジュールを親子で考えていきましょう」(高杉先生) 

2月を「試行錯誤」の時期、3月を「調整」の時期と捉え、4月までに塾の学習ペースについていけるようにすることがひとつの目標です。「親の中には、"小4の最初からテストでよい点が取れないと、第一志望に受からないのでは?"と心配される方もいます。その気持ちはわかりますが、受験勉強を始めたばかりの時点で、テストで高得点を取る必要はそれほどありません。それよりも、"塾を休まずに通っている""宿題を提出期限までに出せた"など、普段のがんばりに目を向けてほしいと思います」(江戸先生) 

親や塾の先生から「新小4から受験勉強が本格的にスタートする」と言われても、多くの子どもはまだピンと来ていないものです。「小学校で新学年を迎える4月は、子どもの気持ちが切り替わりやすく、やる気をアップさせるチャンスでしょう。ただ、小4の頃から親が子どもに入試や志望校などを強く意識させる必要はそれほどないと私は思います。受験勉強を始めて間もない時期は、授業の内容を食卓で話したり、テキストに載っている写真を見て親子で盛り上がるなど、楽しみながら勉強する環境を整えることに力を入れてみてください」(村治先生)

【学年別の学習ポイント】

2か月先を見据えて子どもをサポート!

2月

試行錯誤の時期

進学塾の勉強がスタートする時期。多くの親子はまだ塾のスケジュールに慣れていない場合がほとんど。2週間単位くらいのスケジュールを作成して、子どもが塾の学習ペースに遅れないようにサポートしよう。

3月

学習スケジュールの調整

1か月を経過して、塾の勉強スケジュールが大体把握できるようになる。子どもが宿題に要する時間や得意教科・苦手教科などを把握して、子どもに合った勉強スケジュールを親子で考える。

春休みを有効活用!

3月下旬から始まる春休みの間に、2月・3月の復習や苦手分野のチェック、子どもの体力回復などを図ると、4月からの勉強がよりスムーズに進む。

4月

塾の学習ペースに
慣れる

学校の新学期が始まる時期は、子どものモチベーションが上がりやすい。前向きな言葉をかけて、塾の勉強についていけるようにサポートしよう。

※上のスケジュールはひとつの目安です。子どもの学力や進捗具合によって、より多くの時間を要する場合があります。
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。