高校受験がなく、6年間を同じ仲間とともに過ごす中高一貫校。
実際に中高一貫校を卒業した先輩たちはどんな6年間を過ごしたのでしょうか?学校の雰囲気や友だち付き合いなどについて話を聞きました。

合同練習などでリーダーシップが磨かれる ―長瀬さん

長瀬 晴信さん
一橋大学社会学部2年。駒場東邦中学校・高等学校卒業。

牧野 雄亮さん
早稲田大学法学部3年。筑波大学附属駒場中学校・高等学校卒業。

森口 泉さん
慶應義塾大学商学部3年。頌栄女子学院中学校・高等学校卒業。

高校生との距離が近いことが大きな特徴

――まず、皆さんが通われた中高一貫校を受験した理由を教えてください。志望校を選ぶ際に「中高一貫」であることは意識されましたか?

長瀬さん(以下、長瀬):僕が駒場東邦を受験したのは親や塾の先生に勧められたからです。正直、「中高一貫」という点はそんなに意識していなくて。むしろ、尊敬していた先生から勧められたというのが大きな理由です。

牧野さん(以下、牧野):僕も両親に勧められたことが理由のひとつです。最終的には塾の先生や先輩の話を聞いて、合格した学校の中から決めました。

森口さん(以下、森口):私は帰国子女だったので、英語の勉強に力を入れている学校に行きたかったんです。母校の頌栄女子学院は校舎や中庭の雰囲気が素敵で、文化際に行ったときも魅力を感じました。あと、制服が気に入ったというのもありますね。ただ、私も長瀬さんと同じで、志望校を考える際に「中高一貫校に必ず行きたい」という強い気持ちはそれほど持っていませんでした。

――実際に入学してみて、中高一貫校高校生との距離が近いことが大きな特徴文化祭と体育祭では団結力が強まるの特徴を感じましたか?

牧野:母校の筑駒は中学と高校の校舎が一緒なので、中学生のときから高校生たちの学校生活の雰囲気が伝わってきました。どんな勉強をしているかを実感できることは中高一貫校の特徴だと思います。

長瀬:僕も高校生が間近にいたおかげで、中学生の頃から大学受験を自分なりにイメージできました。

森口:私の母校は外国人教師が多く、ネイティブの英語を聞く機会に恵まれていたのが特徴ですね。6年間の学校生活では習熟度別クラスの授業などを通して、自分の英語力が伸びたと実感しています。

――担任の先生や教科の先生が6年間変わらない学校も多いですが。

森口:はい。私の母校では中学、高校と同じ先生が引き続き担任になってくれました。先生が自分の得意分野や苦手な科目をわかってくれている安心感がありましたね。

長瀬:僕の母校は中学と高校で先生たちの顔ぶれはがらりと変わります。でも、生徒に関する情報などはしっかり引き継がれていたようで、「生徒のことをよく見てくれているな」と感じました。

――学習カリキュラムは大学受験を意識したものだったのでしょうか?

長瀬:僕の母校はそうですね。通常の学習要領は高2までに終わらせて、高3では大学受験の準備にシフトする体制でした。だから、授業のスピードはかなり速くて、ついていくのに苦労しました。

森口:私の母校も「先取り学習」を実践していて、高3からは各自が選択した科目に取り組んでいました。また、高2までの普段の授業も大学受験をサポートする内容になっていたので、効果的に勉強できたように感じます。

牧野:僕の母校は高3に進級しても、特に「受験のための授業」という雰囲気ではなかったかな。高2まで文系・理系を決めていない人もいるくらいでしたから。

尊敬できる先輩や同級生から刺激を受ける  ―牧野さん

高校生との距離が近いことが大きな特徴

母 校 で の 学 び と 成 長 1 体育祭で団長を務める
母校の体育祭は中1から高3までの6学年が合同で行うためとても盛り上がり、クラスや学年の枠を越えた絆が生まれます。高3に進級するとほかの5つの学年をまとめなくてはいけないので、責任重大でした。僕も高3の時に黄組の団長を務めましたが、その経験のおかげでリーダーシップが磨かれましたね。(長瀬さん)

――部活動はどうでしょうか? 中学生と高校生が一緒に活動していましたか?

牧野:僕が所属していた野球部は中学が軟式で、高校は硬式に変わるため練習は別々です。でも、グランド整備の仕方を高校生に注意されたことがあり、合宿も一緒なので話す機会が全くないというわけではなかったです。中3の夏に軟式野球部を引退したのですが、硬式野球の練習を中3の秋から高校生とできたのはうれしかったですね。

長瀬:僕は陸上部に所属していましたが、練習は中高合同で行っていました。練習メニューも同じで、量が違うだけ。部活動は高2まででしたが、中1のときに高2の先輩を見て「やっぱり高校の先輩はすごいな」と羨望の目で見ていたのを覚えています。

森口:私も高校の先輩からはとても刺激を受けました。私が所属していた美術部も中高合同で活動を行っていたのですが、その時に目にする高校生の作品はほんとに完成度が高くて! そのすごさを目の当たりにして「私もがんばろう」と思いました。そんな気持ちが自然と湧いてくる環境はとても貴重なものじゃないでしょうか。

牧野:合同練習の時に高校の先輩に抱く気持ちは、入学して間もない小学1年生が6年生のお兄さんやお姉さんを見上げる気持ちに似ていると思いますね。

長瀬:そうそう。そして、中学生のときは先輩に一から教えてもらって、高校生になるとそれまでの経験を活かして教える側になる。その一連の経験を通して、チームをまとめる力やみんなを引っ張っていく力を身につけるんじゃないかな。中高合同の部活動はリーダーシップを養うという意味でもとてもプラスになりました。

森口:それに部活動に長い間集中して打ちこめるのも中高一貫校のメリットだと思います。高校受験があるとどうしても中3の夏が始まる頃には引退して、活動を中断しなくてはいけませんから。

文化祭と体育祭では団結力が強まる

――中高一貫校は文化祭や体育祭なども盛んなイメージがありますが。

牧野:そうですね。文化祭ではクラスごとに演劇をやったり、パネルディスカッションをしたりするのですが、高校生の出し物は「すごい!」のひと言。中1のときは「僕たちも4、5年後はこんなことができるのかな」と足がすくむ気持ちなのですが、そんな風に先輩たちから刺激を受けることが下級生の意気込みにつながっていました。

森口:高校生は取り組む内容が大人びているし、本格的ですからね。母校の文化祭では部活動の発表もありますが、ダンス部の先輩の舞台などは衣装も凝っているし、踊りもハイレベルでとても感動しました。

長瀬:僕の母校は体育祭の盛り上がりがすごいです。全学年の生徒を4色の組に分けて競争するのですが、在学中の6年間はずっと同じ色の組になる編成なんです。だから、学年の枠を越えて同じ組の生徒同士のつながりができて、高3を中心にして一致団結します。応援歌も組によって異なり、放課後に集まって下級生を指導するといった気合いの入れようでした。

牧野:駒東の体育祭の盛り上がりは有名ですよね。

長瀬:特に最上級生の責任は重大ですから、否が応にもモチベーションが上がりますよ。普段はあまり上下関係のない校風なのですが、体育祭のときだけは「高3の言うことを残り5つの学年が絶対守る」という雰囲気でした。

森口:私は合唱コンクールを通して一致団結できたことが思い出です。優勝を目指して各クラスが猛練習するのですが、中学生の頃は全員の足並みがそろわず、もめることもあって。ただ、そんな時も部活動や勉強との折り合いをつけながら練習する高校生を見て、力を合わせるにはどうしたらいいのかをみんなで考えましたね。

6年間で友だちの新たな一面を発見

母 校 で の 学 び と 成 長 2 6年間で英語力がアップ
私の母校である頌栄女子学院では英語教育にとても力を入れていて、外国人教師による授業も多く設けられていました。英語の習熟度別クラスには英語が得意な生徒もたくさんいて、お互いに刺激を受けながら、英語力を磨いていきました。また、海外生活の経験がある友だちから聞く話も興味深かったです。(森口さん)

――「6年間ずっと同じ友だち」という環境についてはいかがでしたか?

森口:家族よりも長い時間を一緒に過ごす中で、友だちの新たな一面を見つけることが多く、深い絆を作れたと実感しています。

長瀬:僕も同じ感想ですね。6年間一緒だから、仲のよかった人とは今でも付き合いがありますよ。卒業する時に「この仲間と6年間一緒に過ごせてよかったな」と心から思いました。

森口:「同じメンバーだと退屈するかも」と考える人もいるかもしれませんが、クラス替えのたびに友だちの輪は広がると思います。私も「お弁当を食べるのはこのグループ」「一緒に帰るのはこの子たち」というように、クラス以外の友だちもたくさん作れました。

長瀬:ただ、中高一貫校の友だちとは深い関係を築ける半面、みんなが似たような方向を向くことで「自分の視野が狭くなるんじゃないかな」という不安もありました。だから、僕自身は小学校時代の友だちや塾で一緒だった友だちとも会って情報交換をしたり、お互いの近況を話したりしていました。

牧野:僕の学校は中学の時の生徒は全部で120人ほどですが、高校から新たに40人ほど入ってきます。そして、彼らは中学で真面目に勉強してきた人たちばかり。だから、「中だるみ」しがちな内部進学生の僕たちにとっては、よい刺激になりましたね。

――やはり、中高6年間の中では「中だるみ」をしてしまうのでしょうか?

牧野:そうですね。やっぱり高校受験がないので、中学の3年間は「差し迫って勉強する」という雰囲気はあまりなかったです。ただ、高校から入ってくる仲間以外にも先輩や同学年には数学オリンピックに出場するようなすごい人たちがいて、「レベルの高い仲間に負けないようにがんばろう」という空気も一方ではありました。

森口:私自身はあまり「中だるみ」を感じませんでした。中3や高1は部活動でも主力として活躍する学年で、好きなことに思いっきり集中している人も多かったですし。

長瀬:僕はまさにそのタイプでした。むしろ、部活動や行事に熱中しすぎて、勉強との両立が難しくなったくらいですが(笑)。学習面では多少中だるみしましたが、それ以上に部活動や行事に熱中した経験から得るものが大きかったと思っています。

森口:中学までは部活動や好きなことに熱中していても、高校に入って真剣に大学受験を考え始める人は多いと思います。学年が変わったり、中学から高校に進学する時期にうまく気持ちを切り替えられれば、「中だるみ」は起こりにくいかもしませんね。

進路や目標を考える時間は十分にある

――ところで、卒業後の進路についてはいつ頃から考えましたか? 中高一貫校は大学受験への意識も強いと思いますが。

牧野:中学のときから大学進学のために塾へ通う同級生がいて、僕も大学受験を意識することがありました。ただ、進路について先生と直接話し合うのは高校に入ってからです。森口:私の母校も中学生の間は、進路指導の機会は少ないですね。

長瀬:僕の母校も中学時代は2人とほぼ同じです。でも、高1に進級するとすぐに職業の適性アンケートがありました。でも、有名な大学に進学した先輩たちの講演会が校内でよく行われていたので、自分の進路を割とスムーズに考えるようになりました。

牧野:僕の母校は「文系・理系を早くから決めない」「志望の学部を絞らない」という方針があったので、具体的な志望校を考えるのは高3になってからでした。

――志望大学を決めることを急かされなかったのですね。

牧野:そうですね。僕は化学が苦手なので「理系は無理かな」と思ったのですが、「文系だから理系科目は必要ない」とは考えませんでした。高2までは進路選択に可能性を残し、自分が将来何をやりたいのかをじっくりと考えられたのはよかったですね。


周りから刺激を受けて視野が広がっていく

母 校 で の 学 び と 成 長 3 文・理をバランスよく勉強
中高一貫の進学校としてはあまり一般的ではないかもしれませんが、高2まで文系・理系を決めずに、全科目を満遍なく勉強できました。その学習カリキュラムは自分の性格に合っていたし、苦手意識を持っていた科目を途中で諦めることもありませんでした。それにより、自分自身の視野も広がったと思います。(牧野さん)

――6年間の学校生活で、自分の成長を感じたのはどんなところですか?

森口:海外生活の経験がある友だちから話を聞いて、いろいろな考え方があることを知ったのが自分の成長につながりました。習熟度別の英語の授業では英語がすごくできる人も多く、「私はまだまだだな」と実感しました。でも、そのおかげで勉強法を考え直して努力するようになりましたね。

牧野:僕の母校は中高を通してカリキュラムに縛られない授業だったので、中学の数学でも高校で学ぶ範囲の説明があったりしました。そのような幅広い内容を学習して、物事をさまざまな方向から見る姿勢が身につきました。

長瀬:僕は意識の高い友だちに恵まれた環境にいたおかげで、自分が成長できたと思います。自由な校風の中で、「自分たちの起こした行動がどういう結果を生むのか」「組織の中で動くとはどういうことなのか」を学べたのが大きな収穫です。

――最後に、中高一貫校への入学を考えている親子へメッセージをお願いします。

牧野:6年間ずっと勉強に全力を注ぐのはなかなか難しいと思います。時には部活動や行事にがむしゃらに打ち込むなど、気持ちの入れ方にメリハリをつけてほしいですね。そのような気持ちのコントロールは勉強にもきっと活かせるはずです。学校生活の中で迷いが生じたり、集中力が途切れかけたときは何かに一生懸命打ち込むのが一番よいと思いますよ。

長瀬:6年間同じ仲間と過ごせる環境、そして深い友だち付き合いから得られるものは測り知れません。そんな中高一貫校のメリットを存分に活かしてください。

森口:高校受験のない6年間ですから、時間はたっぷりあります。自分の好きなことや得意な分野に挑戦したり、自分自身についてじっくり考えられるといいですね。同時に、友だちと過ごす時間を大切にしてほしいです。



サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。