Vol.56

新卒争奪戦!?就職戦線の最新事情

多様化する採用活動のかたち


大学生にとっては就職しやすい「売り手市場」と言われる今年の就職戦線。今後は少子化の影響で企業の採用難がますます進むと見られ、企業間では優秀な人財を確保すべく"新卒争奪戦"が繰り広げられています。

加えて、これからの日本はグローバル化が進み、世界を相手にいかに戦えるかがカギになります。先行き不透明なこの時代、言われたことだけをこなすそつのない人よりも、グローバル社会に適応できる柔軟な人財が重視されるようになってきました。

採用活動では海外の学生や留学生の採用数を増やすほか、国際感覚を身につけた人財を重用する動きも目立ちます。たとえば、鉄道信号事業を行う日本信号株式会社では、「青年海外協力隊」の経験者を定期的に採用。旅行業の株式会社フリープラスでは、新入社員を入社前から海外に派遣してインターンシップを行い、早くから実地で経験を積ませています。

エントリーシートや面接など、従来の採用試験の枠に収まらない、工夫を凝らした試験を実施する企業も増えてきました。たとえば、ソフトバンクグループでは、4年前から「ナンバーワン採用」をスタート。文学賞受賞、スポーツ大会優勝、国際学会での評価など、何らかのジャンルでナンバーワンの成果を挙げた学生を積極的に採用しています。

文部科学省によると、グローバル人財の定義は「語学力・コミュニケーション能力」「主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感」「異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー」。これらは、年齢や人種などの壁を越えて、さまざまな人と交流を深めて得られる能力であり、就活のみならず不透明な社会を生き抜く強さにもつながります。子どもの頃から意識して身につけさせてあげたいですね。

取材・文/武田純子 イラスト/柏原昇店



就職売り手市場

学生に優位な就活状況のこと。景気回復を受けて採用人数を増やす企業が多く、来春入社予定の大卒求人倍率は1.61倍と上昇。学生の半数が2社以上から内定を獲得している。大手有名企業の内定を辞退し、即活躍できるベンチャー企業に就職する学生も増えている。

「祈り」をテーマに日本の国宝が揃い踏み

東京国立博物館の「日本国宝展」は、"祈り"をテーマに、人々の信仰心が結実した文化的遺産を集め、国宝を通して日本文化形成の精神を見つめ直す展覧会。仏や神と、人の心をつなぐ役割を担ってきた絵画・彫刻・工芸・典籍・考古資料などを展示し、日本文化の粋を結集。11月3日(月・祝)までは著名な正倉院宝物11件が特別出品される。

「日本国宝展」
開催期間:10月15日(水)~ 12月7日(日)
観覧料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生900円、中学生以下無料
東京国立博物館 平成館/東京都台東区上野公園13-9
問い合わせ先:03-5777-8600( ハローダイヤル)
http://kokuhou2014.jp

高野山に代々伝わる仏像仏画を一堂に展示

高野山が平成27年に開創1200年の節目を迎えることを記念して、高野山に伝わる至宝の数々を公開。空海ゆかりの宝物、真言密教の教理に基づく仏像、仏画など、普段は山上にあって重厚な信仰の歴史を物語る作品を一堂に展示。鎌倉時代、仏教彫刻界に新風を吹き込んだ仏師・運慶による国宝《八大童子像》も存分に鑑賞できる。

「高野山開創1200年記念 高野山の名宝」
開催期間:10月11日(土)~ 12月7日(日)※会期中、展示替えあり
入館料:一般1,300円、高校・大学生1,000円、中学生以下無料
サントリー美術館/東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン
ガレリア3階
問い合わせ先:03-3479-8600
http://suntory.jp/SMA/

「種をまく人」ほかミレーの代表作を展示

働く農民や自然の様子に温かいまなざしを向け、ありのままの姿を描いたジャン=フランソワ・ミレー。本展では、ミレー生誕200周年記念として、"ボストン美術館の3大ミレー"と言われる《種をまく人》、《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》、《羊飼いの娘》などのミレーの作品を中心に、バルビゾン派の作家やモネの作品など64点を紹介する。

「ボストン美術館 ミレー展―傑作の数々と画家の真実」
入館料:一般1,600円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円
三菱一号館美術館/東京都千代田区丸の内2-6-2
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://mimt.jp/millet

世界的な人気を誇る葛飾北斎の浮世絵展

日本のみならず欧米にも熱心な愛好家がいる葛飾北斎。その魅力に、世界屈指の日本美術コレクションを持つアメリカ・ボストン美術館の作品から迫る展覧会。北斎研究の第一人者・永田生慈氏の監修のもと、同館の珠玉の所蔵品の中から、『冨嶽三十六景』をはじめとする代表作や、同館だけに所蔵が知られる珍しい錦絵など約140点を厳選して紹介。

「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」
開催期間:~ 11月9日(日)
観覧料:一般1,500円、高校・大学生1,200円、小・中学生500円
上野の森美術館/東京都台東区上野公園1-2
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://ukiyoe.exhn.jp/

フランス近代美術のオールスターが集結!

第一次世界大戦前、繁栄を謳歌していた頃のフランスを象徴する、印象派とエコール・ド・パリ。本展では日本の個人コレクションから、モネ、ルノワール、セザンヌ、シャガールなど、フランス近代美術の巨匠たち16作家の71作品が一堂に集結。日本人の心に響く「夢見るフランス絵画」の世界を堪能できる。

「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ」
開催期間:10月18日(土)~ 12月14日(日)
入館料:一般1,400円、高校・大学生1,000円、小・中学生700円
Bunkamura ザ・ミュージアム/東京都渋谷区道玄坂2-24-1
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://yumemiru2014.jp  

都内の私立中高353校参加の進学相談会

青山学院、豊島岡女子学園、巣鴨、早稲田実業など、東京の私立中学校・高等学校353校が池袋サンシャインシティに集結。気になる学校、受験を控えている学校の先生から直接話を聞くことができる。最新情報を収集して志望校選びに役立てよう。先着3,000名にオリジナルエコバッグをプレゼント。

「2014東京私立中学・高等学校 池袋進学相談会」
10月19日(日)10:00 ~ 16:00
入場無料・予約不要
池袋サンシャインシティ 文化会館2F展示ホールD
東京都豊島区東池袋3-1-4
問い合わせ先:03-3263-0543(一般財団法人東京私立中学高等学校協会)

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。