取材・文/西田知子、東雄介、船木麻里 写真/アーク・フォト・ワークス(清水亮一)、石井和宏 イラスト/近藤達弥


入試が直前に迫り、焦りや不安を覚える子どもたちの、“心”を支えるのは親の役目。効果的な声かけで、子どもの気持ちを上向きにしたいものです。
でも、子どもの本音を知るのは案外難しいもの。そこで、受験生活を乗り越えた中学1年生に“受験生の本音”を聞いてみました。



 ◆CASE1 6年生の夏休み明け。クラスがダウン。 
 ◆CASE2 ライバルとテストの結果で勝負。負けて、勉強に励んでいるとき……。
 ◆CASE3 過去問をいくらやっても合格最低点に達しない。
 ◆CASE4 直前期という自覚がなく、エンジンがかかり切っていない様子……。
 ◆CASE5 塾に学校の行事が重なり、疲労が溜まってイライラしている様子。
 ◆CASE6 最後の模試の結果が悪く、弱気になっている……。
 ◆四谷大塚校舎長が教える 子どもを合格に導く声かけ術
 ※まだ会員登録のお済みでない方は、全ての記事が読める無料会員登録


サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。