Vol.40

朝食を必ず食べる子どもは
成績が2割アップ!


朝からシャキッと頭を働かせ、一日を健やかに過ごすために欠かせない朝食習慣。株式会社タイムカレントでは今年3月、幼児から小学生の子を持つ母親313人を対象に「子どもの朝食と学力に関する調査」を実施しました。その結果、37%の母親が「朝食の摂取と学力の関係性について知っている」と回答。そして35%もの家庭で、「学力向上を目的に、子どもの栄養を常に考慮している」ことがわかりました。

学力向上のために考慮する点として多く回答が寄せられたのは、「緑黄色野菜を多く摂る」「肉、魚、野菜をバランスよく」「豆類や乳製品を多く摂る」「塩分を控えめにする」など。また、学力向上によい朝食メニューの例として、上位から順に牛乳、納豆、ごはん、味噌汁、ヨーグルト、バナナが挙げられました。

朝食と学力の関係性については、「平成24年度全国学力・学習状況調査」で明確なデータが示されています。朝食をしっかり摂る小学生は、全く摂らない小学生よりも学力調査の正答率が高く、特に国語B、算数Bでは約2割もアップ。体力の面でも、朝食をしっかり摂る子どものほうが体力合計点が高く、肥満率も低い傾向にあり、さらにイライラする頻度も少ないことがわかっています。

起床時の脳は、前日からずっと栄養が補給されていないためガス欠状態です。そのため朝食には、脳のエネルギー源であるブドウ糖と、ブドウ糖を脳に運ぶタンパク質が必須。ブドウ糖はごはんやパンに多く含まれ、タンパク質なら必須アミノ酸がバランスよく含まれる魚介、肉、牛乳、卵、大豆などが最適です。たとえば和食なら卵かけ納豆ごはんに具だくさんの味噌汁、洋食ならベーコンとサラダ、パンに牛乳という簡単な組み合わせで、十分脳によい食事になります。

12歳までは、脳の神経組織が発達する重要な時期。朝食習慣をつけるだけでなく栄養面にも気を配り、学力向上をバックアップしましょう!

イラスト/柏原昇店 取材・文/武田純子



朝食と学力の関係

脳が活発に動く午前中に朝食を摂ることで、集中力ややる気を高め、学習意欲を向上させることにつながる。脳科学の最新の研究では、「ブドウ糖とタンパク質を中心にバランスよく摂取する朝食の質が、脳の神経細胞の発達に影響する」というデータが報告されている。

快適なゆったり空間で迫力の宇宙映像を鑑賞!

4月にリニューアルオープンした東京・足立区の複合施設ギャラクシティ。「まるちたいけんドーム」のデジタル式プラネタリウムでは、さまざまな番組に挑戦するフレキシブルタイムや、天文解説員が今夜の星空を解説する生番組などを上映中。月に一度の観望会では、毎回のテーマごとに星空や天体をじっくり鑑賞できる。

ギャラクシティ「観望会」
6月22日(土)、7月20日(土)、8月17日(土)
※事前申し込み制
観覧料:大人500円、小・中学生100円
ギャラクシティ/東京都足立区栗原1-3-1
問い合わせ先:03-5242-8161
http://www.galaxcity.jp/

日本古来の自然の美と「もののあはれ」を学ぶ

春の桜や季節の訪れを告げる鳥たち、秋の夜空に輝く月。日本で古来親しまれてきた「雪月花」や「花鳥風月」、そして「もののあはれ」という言葉を採り上げ、その歴史をたどるとともに、抒情性あふれる日本美の世界を案内する展覧会。開催期間中の毎週土曜には親子で楽しめる初心者向けスライドレクチャーを実施(申し込み不要)。

「『もののあはれ』と日本の美」
開催期間:~ 6月16日(日)
入館料:一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
サントリー美術館/港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン(総合受付)ガレリア3階
問い合わせ先:03-3479-8600
http://suntory.jp/SMA/

関東地区のカトリック学校が集まるフェア

暁星、サレジオ学院、浦和明の星女子、雙葉、白百合学園など、関東地区のカトリック校(中学・高校・高専および一部小学校)が集結する合同フェアが6月9日(日)、上智大学四谷キャンパスにて開催。カトリック教育に関心を持つ人なら誰でも参加でき、各校による15分程度のミニ説明会や、学校長によるディスカッション、個別相談なども実施。

「カトリック学校フェア 2013」
6月9日(日)10:00 ~ 14:30
入場無料・事前申し込み不要
上智大学四谷キャンパス12号館/東京都千代田区紀尾井町7-1
問い合わせ先:「カトリック学校フェア2013」開催事務局
042-482-8952(晃華学園)

江戸期の「からだ」から「江戸人」の姿を探る

国立科学博物館で開催されている、「大江戸の人たち」に焦点をあてた展示会。6,000体を超える人骨やミイラなど、博物館が所蔵する江戸時代のコレクションによって明らかになった科学的知見を中心に、知っているようで知らない大江戸の人々の姿と、多様な文化を紹介する。

「江戸人展 ─からだが語る『大江戸』の文化─」
開催期間:~ 6月16日(日)
入館料:一般・大学生600円、高校生以下および65歳以上無料
国立科学博物館 日本館1階企画展示室/東京都台東区上野公園7-20
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.kahaku.go.jp

東京都の私立男子中21校が一堂に集結

麻布、成城、攻玉社など、都内の私立男子中高一貫校21校が集い、男子校の教育や雰囲気を紹介する。入試情報のほか、学校生活の様子や在校生の意識、保護者の印象など、私立男子中学の実際を知ることができる。体験授業(要予約)、クラブ交流戦、パネルディスカッション・講演会も実施。

「東京私立男子中学校フェア2013」
6月9日(日)9:30 ~ 16:00
入場無料・事前申し込み不要(体験授業の予約はホームページ経由で5月20日11:00 ~ 31日16:00)
芝中学校/東京都港区芝公園3-5-37
問い合わせ先:03-3946-4451(京華中学)
03-3917-1456(本郷中学)
http://www.tokyoboys-school.com

大切な地球環境を守る方法を絵に表現しよう

花王グループが2010年から実施している環境絵画コンテスト。テーマは「いっしょにeco」。水や電気の無駄遣いをやめる、再利用やリサイクルをする、環境にやさしい商品を選んで使うなど、毎日の生活の中で私たちができることを絵に表現してみよう。受賞作品は、今年12月に東京で開催される「エコプロダクツ2013」会場に展示。

「第4回花王国際こども環境絵画コンテスト」
応募締切:9月12日(木)必着
応募資格:小学生および中学生
問い合わせ先:03-6902-2008
(「花王国際こども環境絵画コンテスト」事務局)
http://www.kao.com/jp/corp_csr/eco_activities_04.html

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。