Vol.39

子ども時代の読書経験が
優れた能力と意欲を育てる!


子どもの頃に絵本や本をたくさん読んだ大人ほど、現在も1か月に読む本の冊数や読書量が多く、かつ意識や能力が優れている。このような調査結果が、国立青少年教育振興機構の「子どもの読書活動と人材育成に関する調査研究会」により明らかになりました。

調査対象は20~60代の成人5258人と、中高生約2万1168人。調査では主に、「未来志向」「社会性」「自己肯定」「意欲・関心」「文化的作法・教養」「市民性」という6つの意識・能力について、読書経験との相関関係を調べました。

その結果、成人ではこれら6つの能力すべてにおいて、子ども時代の読書活動が深く関わっていることがわかりました。特に就学前から小学校低学年までに「家族から昔話を聞いた」「読み聞かせをしてもらった」「絵本を読んだ」などの読書活動が多い人ほど、大人になってからの「文化的作法・教養」が高く、ボランティア活動に参加した経験の割合も高くなっています。

中高生対象の調査でも同様に、就学前から中学時代までに読書活動が多い生徒ほど、意識・能力が総じて高く、特に現在の「社会性」「文化的作法・教養」との関係が高いことがわかりました。また、「弱いものいじめやケンカを注意した」「近所の小さい子どもと遊んであげた」「家の中の掃除や整頓を手伝った」などの体験活動も多い傾向にあります。

その一方で、1か月間の読書の割合は中学生は82・0%と高い比率ですが、高校生は56・2%と大幅ダウン。「図書館で1か月あたり何冊くらい借りますか」という質問の回答には「0冊」が中学生で7割超、高校生は8割超を占めました。

将来につながる優れた資質を育てるうえで、読書経験は非常に重要です。毎年4月23日から5月12日は「こどもの読書週間」。各地の図書館や書店では多くのイベントが開催されています。この機会に、親子でゆっくり読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

イラスト/柏原昇店 取材・文/武田純子



こどもの読書週間

「子どもにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所を」との願いから1959年からスタート(毎年4月23日~5月12日まで)。書物に親しみ、物事を正しく判断する力がつけられるように、図書館や書店、学校で読書意欲を高めるさまざまな取り組みが行われる。

天才ダ・ヴィンチの貴重なコレクション

イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ。東京都美術館では、17世紀に設立されたアンブロジアーナ図書館・絵画館が所蔵するミラノ時代の傑作《音楽家の肖像》(日本初公開)をはじめ、歴史あるコレクションの数々を展示。レオナルド作品の魅力とその思考の過程を探る。

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像」
開催期間:4月23日(火)~ 6月30日(日)
入場料:一般1,500円、学生1,300円、高校生800円、中学生以下無料
東京都美術館 企画展示室(東京・上野公園)
/東京都台東区上野公園8-36
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.tbs.co.jp/leonardo2013/

自分だけのアンモナイトのレプリカを作ろう!

「かはく・たんけん教室」は実際にアンモナイトの化石に触り、自分だけの化石レプリカをつくれるプログラム。所要時間は15分程度。事前申し込み不要。月曜日・休館日を除き、6月9日(日)まで連日開催される。

「かはく・たんけん教室 わたしの化石ひょう本~アンモナイトのレプリカづくり~」
開催期間:~ 6月9日(日)
対象:小学生~一般(平日)、小~高校生(土・日・祝日)
受付時間・方法等、詳細はHP「イベントカレンダー」でご確認ください。
国立科学博物館 地球館 2F 探究コーナー/東京都台東区上野公園7-20
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.kahaku.go.jp/event/

より良い未来をつくる「文化」の力をテーマに作品を募集

五井平和財団とユネスコが毎年開催している「国際ユース作文コンテスト」では、今年、『より良い未来をつくる文化の力』をテーマに作文を募集。平和な世界を築くには、さまざまな文化を知り、尊重し合うことが大切。自分が誇れる自国や地域の文化は何か、また若者として、その文化をより良い未来のためにどう活かせると思うか、1,600文字以内にまとめて応募しよう。

五井平和財団・ユネスコ主催「2013年度 国際ユース作文コンテスト」
応募締切:6月30日(日)必着
応募資格:小学生・中学生(子どもの部)
問い合わせ先:03-3265-2071(公益財団法人 五井平和財団 国際ユース作文コンテスト係)
http://www.goipeace.or.jp

ブラックホールの謎を探るプラネタリウム

池袋サンシャインシティの“満天”では、ブラックホールの謎に迫るファミリー向けプログラムを上映。NASAの宇宙望遠鏡の観測データと、科学者が描き出したコンピュータシミュレーションを駆使した、スピード感あふれる迫力映像が楽しめる。

プラネタリウム「ブラックホール」
開催期間:~ 9月1日(日)
観覧料:大人1,000円、小中学生500円、幼児(4才~)400円
コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
/東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
問い合わせ先:03-3989-3546
http://www.planetarium.konicaminolta.jp/

埼玉県西部の私立中高13校と直に話せる!

東武東上線沿線にある埼玉県西部の私立中高一貫校が集結する合同フェスタが、ゴールデンウィークの5月5日(日)に開かれる。先生や保護者、生徒が学校の魅力・教育の特徴などについて語るパネルディスカッションのほか、小4~6対象の体験授業(各30分)も開催。各校の個別ブースでは、マンツーマンでいろいろな疑問に答えてもらえる。気になることを何でも聞いてみよう。

「埼玉西部私立中高一貫13校フェスタ」
5月5日(日)10:00 ~ 16:30 ※入場無料
川越駅西口 ラ・ボア・ラクテ/埼玉県川越市脇田本町22-5
問い合わせ先:049-223-2888(星野学園中学校・高等学校)

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。