今回のテーマには、動物を選んでみました。動物を描いている作品ではありますが、実は人間社会を風刺していたり、寓話だったり、さまざまな形で表現されていることを感じながら、読み進めてもらえたらと思います。 

まず低学年には『かわいいこねこをもらってください』。子猫を拾った女の子が、そのもらい手を探して家族と奮闘するというお話です。人間社会と子猫との関わりの中で、社会のルールを自然と知ることができます。『のらねこソクラテス』は、小学1年生の男の子と、担任の先生やクラスメート、そして野良猫のソクラテスという二重構造の関係が大変おもしろく、痛快な結末が待っています。読書が苦手な高学年にもよい一冊だと思います。人間の小学校を真似して、キツネたちが一生懸命子どもに化けようとする『おともださにナリマ小』は、化けることを前提としたキツネと人間の関わりを、微笑ましく描いています。 

高学年向けのものは、動物の社会を描くことで人間社会を投影したり、皮肉ったものが多くあります。その筆頭が『冒険者たち---ガンバと15ひきの仲間』。物語の中に人間社会の縮図のような駆け引きや友情、裏切りがあり、一気に結末まで読み進められると思います。『小説 あらしのよるに』は、食う-----食われるという運命のオオカミとヤギが、嵐の夜に出会ったことで、友情に近い感情を抱いてしまう。それによって起こる、さまざまな軋轢を描いています。ドキュメンタリーでもある『新版 人に育てられたシロクマ・ピース』は、子育てや飼育に王道はなく、その動物に一番よいことをその場その場で考え、実践することのすばらしさを描いています。絶版ですが、『はだかのサイ』(ミヒャエル・エンデ著)もおすすめです。麻布の授業でも取り上げたことがあるのですが、深みのあるお話です。 

動物をテーマにしたお話は、入試問題などでも出やすい傾向にあります。教材を解くうちにその物語に興味を持ち、本を手にする子どももいると思いますが、個人的には、やはり読書というのは損得を離れたところで、子どもたちの感性を豊かに生かすために楽しんでもらいたいというのが本当のところ。読書には、それだけの価値があると信じているからです。

『かわいいこねこをもらってください』

なりゆきわかこ【著】、垂石眞子【絵】
07年刊/ポプラ社/ 945円
Amazonで購入

小さな命を守りたい!
その気持ちと行動を体感

捨てられた子猫を拾ったちいちゃん。アパートでは飼うことができず、新しい飼い主を一生懸命に探しますが、もらってくれる人はなかなか見つかりません。そのうち時間的なリミットも近づいて……。小さな命をがんばって守ろうとした女の子のお話。

『のらねこソクラテス』

山口タオ【著】、田丸芳枝【絵】
95年刊/岩崎書店/ 999円
Amazonで購入

絵本が大好きなソクラテスとカズヒコのゆかいで楽しい物語。スカッとした気分が味わえます。

『おともださにナリマ小』

たかどのほうこ【著】、にしむらあつこ【絵】
05年刊/フレーベル館/ 1,050円
Amazonで購入

ある日学校に「おともださにナリマ小」という手紙が届きました。その送り主は一体だれなのか!?

『冒険者たち
─ガンバと15ひきの仲間』

斎藤惇夫【著】、藪内正幸【絵】
00年刊/岩波書店/ 798円
Amazonで購入

対立や協力、さまざまな
場面展開で社会性を学ぶ

獰猛なイタチ・ノロイと戦う島ネズミを助けるため、ガンバと15ひきの仲間は船で夢見が島に向かいます。そこでガンバたちの行く手を阻むものとは……。社会の醜さ、そこで生きるものたちの純粋な気持ちを描いているので、大人でも楽しめます。

『小説 あらしのよるに』

きむらゆういち【著】
08年刊/小学館/ 580円
Amazonで購入

宿命を背負い惹かれあう2匹、その結末とは。ベストセラー絵本を新しいエピソードで描いた小説。

『新版 人に育てられたシロクマ・ピース』

高市敦広、平野敦子【著】
11年刊/学習研究社/ 1,260円
Amazonで購入

愛媛県立とべ動物園のシロクマと人間のふれあいを描いた実話。ピースの可愛らしい写真も満載。

『学習漫画 世界の伝記NEXT 安藤百福』

石川憲二【著】、海野そら太【絵】
11年刊/集英社/ 945円
Amazonで購入

インスタントラーメンの父
その開発人生に迫る!

48歳で「チキンラーメン」を、61歳で世界初のカップ麺「カップヌードル」を発明した、日清食品創設者のアイデアマン人生に学ぼう。

今月の新刊案内
仕事について考えてみる秋
「子どもには世界を視野に入れて夢を追ってほしい」と考えているお父さんお母さんに、ぜひ読んでいただきた...>>続きを読む
今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。