息子は学校から帰って来てからダラダラするので、
家庭学習を始めるまでに時間がかかります。

自分から勉強を始めようとしない子どもでも、頭の片隅では「今日の宿題をまだやってないな」「早く勉強に取りかからなきゃ」などと考えているものです。

けれど、多くの子どもは楽なほうに流されてしまいがち。そのため、つい勉強の前にゲームで遊んだり、マンガを読んだりしています。この習慣を改善するには、「子どもが言い訳できない環境」を、親がいかに整えるかがカギを握ります。

具体的には、子どもが学校から帰ってくる前に、ゲームやマンガを子どもの目につかないところへ片づけましょう。さらに、下の子どもがいる家庭なら、上の子どもが勉強に集中できるよう、外へ遊びに行ってもらうなどの工夫も欠かせません。子どもが家庭学習に取り組む時間帯に父親が家にいる場合は、父親にもテレビを控えてもらえうなど、家族で一致団結する姿勢を心掛けましょう。

そのほかに1日のスケジュール、特に睡眠時間を決めて、毎日必ず守らせる方法も効果があります。このときに親が睡眠時間を決めると、「お母さんが勝手に決めたんでしょ」と、子どもに言い訳されるケースが考えられます。そのため、子ども自身に決めさせるのが大前提です。

そして、そのスケジュールに沿って生活するうちに、「勉強を後に遅らせると、寝るまでに宿題が終わらなくて自分が困る」と子どもが実感し、早く勉強に取りかかる必要性を理解できるようになるでしょう。

ただ、それでも学習態度に改善が見られない子どもは、少なからずいます。そんなときは、塾の自習室で勉強させるのが、一番効果的な方法です。

四谷大塚をはじめとした進学塾では、子どもがいつでも自習できるように、授業がない日でも一部の教室を開放していることがあります。塾の先生の目が届き、自分と同じように勉強する友だちが周りにいる環境であれば、自然と集中力がアップすることでしょう。

イラスト/鹿野理恵子

脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
お悩み相談室
塾でもらうプリント類を上手く整理できず、見直しが十...
四谷大塚をはじめとした進学塾では、さまざまなプリントを子どもに配ります。たとえば、授業内容を補助する...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。