クイズ感覚で親も中学入試問題に挑戦!
「わかるオモシロさ」「解ける喜び」を再発見してください。 

2013年には、衆議院議員通常選挙が行われますが、
これについて次の問いに答えなさい。

問1
参議院議員通常選挙の説明として正しいものを、次の中から1つ選び、番号で答えなさい。
1. 3年に1度行われる。       2. 1回の選挙で240人が選出される。
3. 被選挙権は25歳以上である。   4. いわゆる一票の格差が存在しない。
 
問2
ある学校で、3つの組から合計9人の候補者が出て、組名・候補者名どちらを書いても良いという選挙を行ったところ、下の表のような結果になりました。この中から参議院議員通常選挙の比例代表と同じ決め方で3人の当選者を決定します。当選者を次の中から3人選び、番号で答えなさい。
1. 麻生邦子 2. 川崎真治 3. 金川憲一 4. 栗木太郎 5. 桐山春夫

   

制限時間 7分 難易度 ★★★★☆
桐光学園中学校(平成24年度 一部改)

 参議院と衆議院との違いに注意しましょう。

大きな政治の動きは入試に頻出選挙の基本的な仕組みを押さえよう

サバ代

問1は、常識としてスッと答えたいところですよね。

先生

では、いかがでしょうか?

サバ代

4が違うというのはわかります。確か「一票の格差」は大きな問題になっていますよね?

先生

人口の多い選挙区ほど1票の価値が低くなる問題はずっと議論されています。2009年夏の衆議院議員選挙について、昨年、最高裁が「違憲状態である」と判決を下して話題になりましたね。

サバ代

任期や被選挙権は確かに覚えたはずですが、どっちも正しい気がするんです。何人が選出されるかなんてサッパリだし、じゃあ、2にします!

先生

実は、2は引っかけなんです。

サバ代

えっ、そうなんですか!?

先生

参議院と衆議院の議員定数を正確に覚えていないと、まんまと引っかかってしまうかもしれません。参議院の定数は242人、任期は6年で3年ごとにその半数が改選になります。

サバ代

ということは、正解は1の「3年に1度」ですね。

先生

これはたいていの生徒が知っていると思います。定数の242人のうち比例代表で96人、選挙区で146人が選ばれるので"西に黒い城(24296146)"と教えています。

サバ代

そうして定数をきちんと覚えても、1回の選挙で決まるのは242人の半分だから121人というのまで理解していないといけないんですね。

先生

そこが引っかけなんです。衆議院議員の定数は480人ですから、240人といえばその半数ですよね。

サバ代

いかにも、引っかかりそうですね。3の被選挙権は何歳ですか?

先生

30歳以上です。衆議院議員も含め、ほとんどの選挙は25歳以上で、30歳以上は参議院議員と都道府県知事だけです。この2種類は覚えておこう、と生徒には指導しています。

サバ代

このくらい、知っていないとダメですよね。子どもに合わせる顔がないです。次は、もっと難問ですね。

先生

選挙の仕組みは勉強しますが、細かな計算をして選挙結果を出すのは、ハードルが高いと言えますね。

サバ代

単に個人票の多い順ではないだろうなとは見当がつくんですけれど、組の票をどう分配するのか。松と梅の得票数は3等分できないので、そこで止まってしまいました。

先生

計算自体は難しくないのですが、その方法を知らないと手を出せません。では、手順を説明しましょう。

サバ代

よろしくお願いします!

先生

まずは個人が獲得した票と、組が得た票を合計します。次に、その票数を整数で割り算します。そして、当選者は3名ですから、商の大きい順に3つの議席を割り振っていきます。

サバ代

組の総数を出して、1で割って、2で割って……竹組は結局1議席も獲得できず。なるほど、個人票だけの比較とは結果が違ってきます。本当に勉強になりました!

先生

来年は参議院選挙が行われるので、選挙関連の知識は必ず押さえておきましょう。

A. 問1 1 問2 1、3、5

問1 参議院議員の定数は242人、任期は6年で3年ごとに通常選挙を行い、議員の半数の121人を改選します。参議院議員の被選挙権は30歳以上です。参議院議員の選挙区選挙では「一票の格差」が存在しています。

問2 組票と個人票を合計して組ごとに総得票数を求めると、松組600票、竹組400票、梅組900票になります。その票数を1、2の整数で割った答え(商)の大きい順から議席を割り振ります。右の表の①、②、③の順に商が大きいので、梅組から2人、松組から1人が当選となります。当選者は個人名の得票数が多い順に決まるので、当選者は梅組の麻生と桐山、松組の金川の3名となります。

政治に大きな動きがあったときは家族でニュースをチェック。共通の話題にして、政治に関心を持たせてあげてください。

高橋 忠明先生
四谷大塚町田校舎専任講師。柔道をたしなみ、黒帯を締める。

投票してもどう集計されるのかわからない人って多いのでは。この計算はぜひとも知っておきたいですね!

活発サバ代さん
活発でサバサバした性格のお母さん。子どもは小6と小3の兄弟。

取材・文/西田知子 写真/石井和広 イラスト/丹下京子



今月の新刊案内
仕事について考えてみる秋
「子どもには世界を視野に入れて夢を追ってほしい」と考えているお父さんお母さんに、ぜひ読んでいただきた...>>続きを読む
今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。