第一志望の学校は決定しましたが、併願校はまだ決まっていません。
親子でどんなことを話し合えばよいですか?

中学受験では、子どもが希望する学校を最後まであきらめず、チャレンジさせることが大切です。その一方で、「合格」というひとつの結果を子どもに残してあげることも、親の大切な役目です。小6の10月・11月にかけては、模試の結果を踏まえながら、親子で併願校を選ぶ作業にも力を入れましょう。 

併願校を考える際は、子どもが入学してから後悔しない学校を選ぶことが大前提です。そのため、第一志望の学校だけでなく、受験する学校は全て親子で見学して、学校の雰囲気をつかんでほしいところ。学校のホームページやパンフレットを子どもに見せて、興味を引きつけるサポートも意識してください。 

たくさんある学校の中から併願校を選ぶ上では、いくつかの基準が挙げられます。 

ひとつ目は学校の校風です。学校説明会で校長先生の話を聞いたり、ホームページで紹介されている学校の理念に目を通し、家庭の教育方針と照らし合わせてみましょう。 

ふたつ目は、入試日や合格発表日などのスケジュール。最近では、午後から入試を行う学校や、試験が数日に渡って行われる学校もあるので、注意深くチェックしてください。 

親が見落としがちなポイントとしては、学校のレベルも挙げられます。併願校は、合格をより現実的な目標として子どもに考えさせることが目的のひとつです。けれど、親の中には、第一志望と同じレベルの学校ばかりを選ぶ方がいます。そうなると、子どものプレッシャーは軽くならず、過去問を解く負担も増してしまいます。 

併願校の選び方に間違いがないか不安になったら、早めに塾の先生に相談することをおすすめします。また、併願校が決まったら、各学校の入試日や合格発表日、願書の出願期間、家からの移動時間などを表にまとめておくと、親子で受験のスケジュールが把握しやすくなります。

イラスト/鹿野理恵子

脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
塾弁のススメ
今月の食材 "豚ヒレ肉"
栄養バランスを考えたお弁当で、子どもの体をしっかりサポート。忙しい人でも手軽に料理できる、“塾弁”レ...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。