塾の夏期講習が終わり、学校が再開する時期に、
小6の子どもをサポートする上で注意する点を教えて下さい。

進学塾の夏期講習が終わり、学校が始まると、いよいよ受験の直前期が近づいてきます。そのことを小6の子どもも敏感に感じ取り、夏休み明けから少しずつ学習態度が変わってきます。

まずは、子どもの変化を見逃さないことを心掛けましょう。子どもが自分から勉強道具を用意する、授業が終わった後も塾で自習に取り組むなどの行動が見られた場合、受験へのやる気がアップしている証拠です。そのがんばりを認めて、積極的に褒めてあげましょう。

また、夏休みが終盤に差し掛かった時期のサポートとして注意したいのが、親が子どもに遊びやリフレッシュの時間を無理に与えようとしないことです。家庭によっては、塾の夏期講習が終わり学校が再開するまでの間に、旅行へ行くこともあります。ただ、何日も旅行に行くと、子どもが再びモチベーションを高めるのに数か月を要する場合があります。「子どもに休みを与えよう」と考えたときは、まず子どもの意見を聞くことが肝心。そして、子ども自身が「特に必要ない」と答えたら、そのまま勉強に集中させて問題ありません。そのほうが、秋からの勉強をスムーズに始められます。

ただし、多くの子どもは、自分のやる気と体調管理のバランスを上手く取ることができません。そのため、睡眠時間については、親がしっかり管理する必要があります。家庭によって生活リズムはさまざまですが、平日であれば、夜の11時までに子どもを寝かせるのが望ましいでしょう。もし、子どもが「まだ、宿題が残っている!」「集中しているから、邪魔しないで」などと言っても、「明日早起きして、朝の時間に勉強するのはどう?」と声をかけてみましょう。

多くの中学校の入試は、午前中の早い時間に始まります。入試本番に向けて、子どもの生活リズムを整えることも、夏休み明けから親は意識していきましょう。

イラスト/鹿野理恵子

お悩み相談室
ウチの娘は算数で同じ問題をずっと考えているのですが...
大半の私立中学校の入学試験は算国理社の4教科で構成されています。この4教科のどれかひとつでも学習をお...>>続きを読む
塾弁のススメ
今月の食材 "豚ヒレ肉"
栄養バランスを考えたお弁当で、子どもの体をしっかりサポート。忙しい人でも手軽に料理できる、“塾弁”レ...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。