息子は、塾のテストに対する真剣味が足りないように感じます。
どうすれば、やる気がアップするのでしょうか?

全教科の学習に共通することですが、受験勉強では塾で教わった問題の解き方を使いこなせるようになることが大切です。その練習の場として、塾のテストは、とても貴重な機会です。

テストへのやる気が見られない子どもには、家庭学習のときに短い時間で集中して問題に取り組ませる機会をつくってはどうでしょうか。たとえば、「塾で習った解き方を使って、この3題を5分以内に必ず正解するつもりで取り組んでみよう」などと声をかけてみるのです。このようなサポートを続けることにより、緊張感を持って問題にチャレンジする楽しみを、子どもが実感できることでしょう。

子どもが塾のテストを受ける前には、できるだけ前向きな言葉をかけることも、ポイントのひとつです。親が「少しくらい間違えても大丈夫だから、全力を尽くそう!」と声をかけることにより、子どものプレッシャーは軽くなり、やる気がアップします。

反対に「最後にちゃんと見直しをしなさい」「全部の問題に目を通しなさい」などの言葉をかけるのは控えてください。と言うのも、多くの子どもは、制限時間内にすべての問題を解くことに苦労するからです。そのため、解答を見直す時間は、なかなか確保できません。さらに、算数のテストでは、見直しをした際に計算間違いをして、せっかく合っていた答えを書き直してしまうケースがあります。このようなミスを防ぐためにも、「最初に考えた解き方で正解できるように、1問ずつ集中して取り組もう」と声をかけるのがオススメです。

そして、子どもが家に帰って来たら、「全力を出せた?」と質問してみてください。そこで子どもが「全力を出せた!」と答えたら、そのがんばりを認めて褒めてあげましょう。もし、子どもが「問題を読み間違えた……」と言っても、「次のテストで克服する課題が見つかったね」と励ますことで、テストへのやる気は持続するはずです。

イラスト/鹿野理恵子

お悩み相談室
うちの夫は、受験に対して非協力的です。少しでも協力...
受験生の子どもをサポートする親には、さまざまな役割が求められます。子どもの学習計画を考えたり、学習態...>>続きを読む
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。