塾で歴史の学習が始まる前に、娘の興味を少しでもアップさせたいのですが、どう工夫すればよいのでしょうか?

多くの進学塾では、小5の9月から歴史の学習がスタートします。その前の段階で、歴史に少しでも興味を持っている子どもは、スムーズに理解を深められる傾向があります。そのため、夏休みなどを生かして、歴史に対する子どもの興味をアップさせることがポイントです。

まずは、「歴史上の偉人の中から、好きな人物をひとり見つけよう」「行ってみたい時代はある?」などと声をかけてみましょう。その時に心がけてほしいのが、親自身が楽しむ姿勢を持つことです。「私は坂本龍馬が好きだな」「平安時代の貴族の衣装は素敵だよね」などと話を広げて、親子で歴史に関する会話を楽しみましょう。

歴史への興味をアップさせる方法としては、親子で歴史資料館に足を運んでみるのも効果があります。歴史のテキストに載っている竪穴式住居や縄文時代の土器を実際に目にすることにより、子どもの好奇心は刺激されるはずです。歴史資料館は日本全国にありますが、特にオススメなのが千葉県にある国立歴史民俗博物館です。原始・古代から現代までの幅広い歴史資料が展示されているため、多くの子どもが楽しめるのではないでしょうか。

そのほかに、NHKで放送される大河ドラマも、大いに活用できます。女の子は、合戦や戦争が多い時代の学習を敬遠する傾向があります。ただ、歴史の学習内容にストーリー性が感じられると、楽しさを見い出すきっかけになります。その点で、歴史上の偉人たちの人間関係にスポットを当て、壮大なストーリーとしてまとめている大河ドラマは、最良の題材と言えるでしょう。

最初は、「好きな芸能人が出ているから」と言った理由でも構わないので、親子で大河ドラマを楽しむ習慣をつけてみましょう。そして、テレビを観るときも、まずは親が「このセットはすごいね」などと関心を示すことが肝心。それにより、子どもの好奇心も、少しずつアップしていくはずです。

イラスト/鹿野理恵子

脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
塾弁のススメ
今月の食材 "豚ヒレ肉"
栄養バランスを考えたお弁当で、子どもの体をしっかりサポート。忙しい人でも手軽に料理できる、“塾弁”レ...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。