源氏物語×発見

物語が誕生してから、すでに千年以上が経つ現在でも、多くの人々を魅了し続ける『源氏物語』。河添房江先生も、その奥深い世界の虜になったひとりです。文学研究賞である関根賞を30代の若さで受賞し、斬新なアプローチで知られる源氏物語研究の第一人者です。

「源氏物語には、本当にいろいろな要素が含まれているので、研究テーマは広がるばかりです。何度もブームが起きたり、さまざまな言語の翻訳版が出たりするので、その背景にも目を向けます。たとえば、源氏物語が脚光を浴びるに至った各時代の理由は何なのか、絵画や現代語訳、翻訳を含めて、物語の内容だけに止まらない幅広い研究ができます。源氏物語は、どんなテーマで切り込んでも、手応えが得られる作品だと思います」

近年の河添先生の研究テーマは、王朝物語に出てくる「ブランド品」についてです。

「源氏物語をはじめとした王朝物語には、『唐物』と呼ばれる舶来ブランド品が、数多く登場します。中国を経由して運び込まれた陶磁器やガラス、布、香料などの舶載品は、当時とても高価なものでした。そのため、大きな権力を持つ人でなければ、入手できない品物があったと考えられます。つまり、物語の登場人物が、どのような『唐物』を相手に贈ったかにより、その人物の立場や権力の大きさが見えてくるのです」

ほかにも、源氏物語で表現される日本文化が、世界各国ではどのように翻訳されているのかを国際学会で発表したりと、幅広い研究に取り組んでいます。

「私は流行のテーマを追うより、次のトレンドになりそうなテーマを探すのが好きです。歴史学や美術史など、異なる学術分野との共同研究も積極的に行い、新たな発見ができればいいなと考えています」

東京学芸大学では、3年の後期から各教員の研究室に配属となり、卒業論文に向けた指導を受けます。河添先生の研究室に入る学生の多くは、やはり源氏物語を研究します。ただ、そのテーマは学生自身が選ぶため、研究内容はとても幅広いそうです。

「自分が好きな登場人物について考察する方法が、ひとつの定番です。けれど、源氏物語に登場する子どもの役割に注目したり、宮廷のインテリアについて考察するなど、ユニークな研究をする学生もいます。研究に取り組ませるときは、『まずは作品自体をじっくり読み込んで』と、学生には伝えています。源氏物語に関しては、膨大な量の研究論文が、すでに書かれています。しかし、研究論文を先に読むと、どうしてもその内容に影響を受けます。研究にオリジナリティを出すためにも、自分で最初に読んだときの感想や着眼点を大切にしてほしいですね」

河添先生は卒論の指導に加え、万葉集を研究する「万葉ゼミ」と、4年間かけて源氏物語をすべて読む「源氏ゼミ」を主宰しています。

「ふたつの自主ゼミでは毎週、学生たちに研究成果を発表させ、意見交換を行っています。私はできるだけ学生に指示を出さず、学生自身に考えさせるようにしています。1年生は、研究や発表の仕方がわからない場合も多いですが、先輩がいろいろと教えるのがゼミの慣習となっています。学生が自主的に行動するのは頼もしい限りです」

そして、河添先生が学生に期待するのは、積極的に海外の文化や文学、研究に触れることだそうです。

「日本文学の研究だからと言って、日本だけに止まっていてはいけません。時間にゆとりのある大学生だからこそ、海外を見聞してほしい。夏目漱石も、イギリスに留学したことで、日本文化を再発見しました。異なる世界や、異なる文化を知ることは、自国の文化について、客観的に考えるきっかけを与えてくれます。古典の研究で得られた知見や教養を、国外から見直すことができれば、視野はさらに広がるはずです。そのようにして培われた『人間としての教養』は、どんな分野に進んでも、将来必ず生きることでしょう」

取材・文/國天俊治 写真/石井和広

東京学芸大学
教育学部
河添房江教授
河添房江教授

東京大学大学院修了。
一橋大学大学院連携教授。
『源氏物語と東アジア世界』『光源氏が愛した王朝ブランド品』
など著書多数。
夢を追って
「最先端のミツバチの研究で日本の農業問題に貢献した...
私は、外で遊ぶのが大好きな子どもでした。小学校では、休み時間を過ぎても運動場で遊んでいたり、先生の言...>>続きを読む
気になる部活調査隊
ヨット帆走から自然の偉大さと命の大切さを学ぶ
逗子湾に面した逗子開成中学校・高等学校は、その環境を生かした「海洋教育」を重視。すべての生徒が在学中...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。