クイズ感覚で親も中学入試問題に挑戦!
「わかるオモシロさ」「解ける喜び」を再発見してください。 

次の――線部1~8のカタカナの部分を漢字で書きなさい。いずれも一画一画をていねいに書くこと。

1.民意を政治にハンエイさせる。
 
2.海外支援活動にジュウジする。

3.さまざまな意見を聞いた上でシュシャする。

4.支出のウチワケを明らかにする。

5.保守とカクシンとで意見が対立する。

6.グループ内の決裂はヒッシだ。

7.旅行に出発する予定を一日ノばす。

8.司会役をツトめる。

制限時間 5 分 難易度 ★★☆☆☆
浅野中学校(平成23年度 一部改)

3、5、8などの同音異義語・同訓異字に引っかからないようにご注意を!

紛らわしい漢字は熟語や例文ごと覚えるのがポイント

サバ代

漢字の書き取りなんて、何年ぶりかなぁ(笑)。最近パソコンや携帯で変換するばかりなので、忘れているものが多いかもしれません。

先生

ふふ、しかもこの問題は、単なる漢字の書き取りにあらず。油断せず取り組んでみてくださいね。

サバ代

どれどれ?あっ、なるほど、紛らわしい漢字が多いですね!

先生

そうなんです。一見単純に見えるこの問題ですが、実は同音・同訓異義語のオンパレードになっています。サバ代さんの解答用紙にも、いくつか迷いが見られますねぇ。

サバ代

3は「取捨」と「拾捨」で迷いましたが、「拾」は「シュ」と読まないので、「取捨」だと思います!

先生

正解です!ちなみにサバ代さん、ゴミの「シュウシュウ」はどのように書きますか?

サバ代

えーと、「収拾」です!

先生

残念!それは事態を収める方の「シュウシュウ」ですね。「集」の字を使うんですよ。

サバ代

あっ「集拾」!?じゃない、「収集」ですね。

先生

落ち着いて落ち着いて(笑)。「捨てる」と「拾う」は形が似ていることもあり、子どもたちもずいぶん手こずる漢字です。3のほかに迷ったのは、8の「ツトめる」ですか?

サバ代

はい。正解は「務める」だと思いますが、「勤める」「努める」も一緒に思い浮かびました。

先生

ご明察です!サバ代さんの仰るとおり、「ツトめる」は同訓異義語として定番の問題。「司会を務める」、「会社に勤める」、「問題解決に努める」と、3つの例文を書き分けさせる問題は頻出です。しかし、今回のようにひとつしか例文がない問題の方が、混乱するかもしれませんね。

サバ代

確かに、そうやって例文のまま覚えていないと間違えそうです!「会社で係長をツトめる」場合は、「務」「勤」のどちらですか?

先生

「務める」ですね。任務が「務める」、勤労が「勤める」と覚えるとよいでしょう。

サバ代

なるほど、熟語で考えると一気にわかりやすくなります!7の「ノばす」も、「延期」か「伸縮」かと考えれば、「延ばす」ですもんね!あれ、「足をノばす」ときは?

先生

遠くまで行くという意味なら「足を延ばす」、ストレッチなら「足を伸ばす」ですね。大人でもわかりにくいものは、とにかく意味を突き詰めて考えるしかないんですよ。

サバ代

確かに、大人が漢字を間違えるのは恥ずかしいですからね!

先生

でも、今回の問題が同音・同訓異義語であることに気づくだけ、十分にデキる方なので大丈夫ですよ。子どもたちは間違えていることに気づかず、6を「必死」と書いて「できた!」と言いますからねぇ(笑)。

サバ代

う、うちの子たちも非常にそんなタイプだと思います! 気をつけて見てあげないとですね。

先生

漢字はきちんと努力すれば学力アップ必至!がんばってください。

A. 1.反映 2.従事 3.取捨 4.内訳 5.革新 6.必至 7.延 8.務

1.
同音異義語としては「繁栄」があります。
2.
間違いやすいポイントは「従」という漢字。子どもたちは「徒」と間違いやすいようです。
3.
「取るか捨てるか」で「取捨」と覚えましょう。
4.
“内分”としてしまう間違いが多いようです。
5.
「確信」「核心」も一緒に覚えておきましょう。

漢字の表記に迷ったときは、漢字自体の意味を突き詰めて考えるしかありません!思い違いはこの機に正してくださいね。

越智るり子 先生
四谷大塚大船校舎専任講師。国語の入試問題を解くのが日課。

大人になってから「読めるけど書けない」漢字が増えてしまった気がします!たまには手書きしないとな。

教育サバ代さん
活発でサバサバした性格のお母さん。子どもは小6と小3の兄弟。

取材・文/西田知子、C-side(塩澤真樹) 写真/石井和広 イラスト/丹下京子



今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
今月の新刊案内
夢や希望は時代を超える 未来を紡ぐ物語たち
ヴィオラ奏者の母をはじめとして、子どもの頃からまわりは自由人ばかり。絵の勉強のため17歳でイタリアに...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。