第23回
集中力って鍛えられるの?

脳を集中状態にすれば必ずいい結果を得られる

一度解けばほぼ覚える、ケアレスミスをしない、本番で自分の力を完璧に発揮できる。我が子にそんな能力がつけばと願う親は多いことでしょう。しかし、これはただの理想論ではありません。脳の状態によっては、誰でもこのようになれるのです。

必要なのは“集中力”です。脳を集中状態にできれば、さまざまな能力が上がり、期待以上の力を発揮できます。一流のスポーツ選手は、まれに“ゾーン”と呼ばれる、究極の集中状態に入ることが知られています。そしてそのときには、必ず奇跡的なプレーが生まれます。逆に言えば、物事にしっかり集中できれば、脳の力は引き出され、結果として緊張もせず、ケアレスミスもおこしません。

集中力は、脳のダイナミック・センターコアというところの中の、A10神経群と前頭葉と自己報酬神経群の機能が連動する事によって生み出される能力です。これらはいずれも後天的に鍛えられる能力なのです。

集中力を鍛えるにはすべてに全力投球すること

集中力を高めるには、どうしたらいいでしょうか。それには、次の三つの習慣を身につける事です。

第一に、物事に対して興味を持ち、前向きなイメージを持って取り組むと、ダイナミック・センターコアの働きは活発化し、集中力は高まります。たとえば、子どもが時間を忘れてゲームをしていたり、テレビに見入ったりしている状態が、集中力が高まっている状態と言えるでしょう。しかし、それだけでは集中力が高まって理解する脳の力が鍛えられた事にはなりません。 

第二に、前頭葉の理解する能力を高める為には、自分でヤッテやるという脳の自己報酬神経群の働きも高める必要があります。それには、目標をいつも明確にして、自分の力で最後までやり遂げる習慣を身につける事です。この場合、特に重要な事は“集中する時間を作る”こと。人が、勉強するのに1時間かかるとしたら、自分は30分の勉強で終わらせるというように、勉強時間を短くする事にプライドをかける事です。

第三として、前頭葉の理解する脳の働きは、統一・一貫性を好む本能を基盤にしているので、目を開けていても、目を閉じていても解る、自分を中心とする70センチ以内の一定のゾーンの中で集中する習慣を身につけることです。

この三つを身につけると集中力はとても高まり、同時に、理解力や判断力も格段によくなる事になります。学校では、先生を好きになり、だいたい解ったという悪い習慣を止め、最後までやり遂げる習慣を磨き、自分のゾーンを作る方法をお勧めします。

脳の疲労を回復して集中力を取り戻そう

ここで、集中力を阻害する要因についても考えてみましょう。その要因はいくつか考えられますが、もっとも集中力を下げるのは、“脳の疲れ”です。脳は、さまざまな疲労のサインを送ってきます。たとえば気がのらない、億劫だ、できる気がしない……。これらは代表的なサインです。このような脳の疲労の原因は、実は心のストレスにあります。心にストレスがかかると、脳のモジュレータ神経群からドーパミンが大量放出されます。それがいくつかの反応の後、結果として活性酸素などを生み出し、脳の疲労現象を引き起こすのです。理論的には、ストレスのない環境にいることが、脳を疲労させないために、一番いいのですが、受験のただ中では無理な話でしょう。

ではどうすればいいかといえば、脳の疲労を回復させる必要があります。疲労は、脳の前頭眼窩野と、モジュレータ神経群の機能を高めることで回復します。前頭眼窩野は、言語に関する中枢と機能が関係していることもあり、楽しい会話をすることで高まります。夕飯のときなどに、家族揃って楽しく話すことで、脳の疲れはとれると言えます。また、モジュレータ神経群は、性格が明るくなることで活発になります。明るく前向きに物事を考える習慣をつけることで、疲れにくい脳が育っていきます。

瞬間、瞬間に集中することを心がけること、そして同時に家族で楽しい会話をする時間を取ること、そして親が常に前向きな声がけをし、明るく前向きな性格に子どもを導くこと。日々の地道な努力で、集中力は確実に高まっていくと言えるでしょう。

林 成之
1939年富山県生まれ。日本大学医学部卒。マイアミ大学の脳神経外科などに留学し、93年に日本大学医学部付属板橋病院救命救急センター部長に。2006年に日本大学の教授へ就任。 脳低温療法など世界的な発見で知られる脳科学の第一人者。『困難に打ち克つ脳とこころの法則』(祥伝社)など著書多数。
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
お悩み相談室
うちの娘は、理科の家庭学習の際に、すぐ答えを見よう...
子どもが、家庭学習で問題の答えを見てしまう場合、親や塾の先生が正解の載ったテキストを管理すると言うの...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。