日本人は美術が大好きです。

美術館はいつでも人でいっぱいだし、ちょっと有名な絵画や彫刻が来日すると、行列ができて、簡単には入れないくらいです。

でも、子どもの教育について考えてみると、「本を読みなさい」とは言われても、「絵を見なさい」「彫刻を見なさい」とはあまり言われない。「図書館には行ったほうがいいよ」と言われても、「月に一度は美術館に行ったほうがいいよ」「博物館に行きなさい」とは言われませんよね。

学校の図書館でも、美術の棚は、古くて誰も触らないような本しか並んでいないことが多いです。

でも、やっぱり子どもたちも、きれいな本は好き。

大人用の画集などはあまり見る機会がないかもしれませんが、一度見せれば、「うわぁ」と言って喜んでくれるような美術系の本って、結構あるんです。それにビジュアルは、文字に比べれば、もともと年齢差があまり出ないジャンルなのです。

今回は一応、低学年用、高学年用と分けましたが、あまり差はないし、たぶん、大人が見てもおもしろいと思ってもらえるはずです。

人間は、きれいだなぁと思うものや、わくわくするものを見ると、自然と元気になります。たんぱく質や炭水化物だけでは、人間の体は元気に生きられない……。少ししか必要ないかもしれないけど、ミネラルやビタミンがないと、体はうまく働きませんよね。

同じように、頭にも、そんな栄養が必要なのではないでしょうか。音楽や美術は、人間が元気に生きられるように生まれた、ビタミンのようなもの。だから、ときどきはこういった本も読んでみてください!

『復刻版 ヴェルサイユの庭園』

05年刊/大日本絵画/ 2,625円
Amazonで購入

のぞき穴を見れば そこは美しい並木道!

誰に見せても、「おおっ!」と言ってもらえる、18世紀を代表するからくり絵本の復刻版です。小さい本なのに、覗くといきなり、広大なヴェルサイユ宮殿への並木道が見えます! アニメーションも何もない時代の、絵を立体的に見せる大道芸のような手法は、年齢に関係なく、誰でも幸福にしてくれます。

『まなぶたのしむイラストレーション1 すぐ描ける入門編』

吉田佳広【著】/10年刊/理論社/ 2,100円
Amazonで購入

学校の美術の時間は、絵がうまく描けない人には、本当に憂鬱なもの。でも、何でも、コツや基本の考えというのはあるんです。

『ラクガキ・マスター
描くことが楽しくなる絵のキホン』

寄籐文平【著】
09年刊/美術出版社/1,500円
Amazonで購入

心の底から楽しめば、人が見ておもしろいと思うものが描けるはず。上手に描こう、と思わず、楽しんで描けばいいと言ってくれる本です。

『ZOOM ズーム』

イシュトバン・バンニャイ【著】
05年刊/復刊ドットコム/ 1,890円
Amazonで購入

絵が苦手な人でも 一度開いたら止まらない

この本のすばらしさは、説明したらつまらなくなると思います。なので、お願い! どこの公共図書館にもあると思うから、ちょっと開いてみてください。みんな、集中して無口になるはず。絵があまり好きじゃない人でもね。世界的に有名なアニメーション作家の作品です。

『マッチ売りの少女』

H.C.アンデルセン【著】、掛川恭子【訳】
クヴィエタ・パツォウスカー【絵】
06年刊/ほるぷ出版/ 1,890円
Amazonで購入

絵本なのに、高学年?と思うかもしれないけど、これはとても高度な絵本。内容は『マッチ売りの少女』ですが、挿絵は抽象画でカッコいい!

『猫にも描けるマンガ教室1,2』

夏緑【作】、小咲【絵】
11年刊/ポプラ社/各651円
Amazonで購入

漫画家希望の女の子が主人公の小説ですが、プリンセスのドレスのひだをうまく描くにはどうす ればいいのかなど、描き方をしっかりと解説してあります。

『シャガール
わたしが画家になったわけ』

ビンバ・ランドマン【文・絵】、白崎容子【訳】
06年刊/西村書店/ 1,890円
Amazonで購入

月夜とヤギがモチーフの幻想的な画家の人生

「コラージュ」という、絵にところどころダンボールや本物の小枝を貼る方法で作ってあるのですが、バッチリ決まっていてカッコいい絵本です。

今月の新刊案内
仕事について考えてみる秋
「子どもには世界を視野に入れて夢を追ってほしい」と考えているお父さんお母さんに、ぜひ読んでいただきた...>>続きを読む
今月の新刊案内
深まる秋を彩る秀逸な物語たち
児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。大人も夢中にさせる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。