塾から渡されるさまざまなプリントを、子どもが上手く整理できず、困っています。どうサポートすれば、よいでしょうか?

進学塾では、塾によって多少の違いはありますが、授業やテストの場で、さまざまなプリントが配布されます。四谷大塚の場合、授業中に使ったプリント、学習の進捗状況をチェックするためのテスト用紙、自宅で取り組む宿題などが配られ、少なくとも1週間に7、8枚は、家に持って返ることになるでしょう。そして、塾から渡されたプリントを、子ども自身で、整理・管理できるようにならないと、学力はなかなか伸びません。

と言うのも、プリントを整理できなかったり、鞄の中に入れっぱなしにしている子どもは、「そのプリントにどんな内容が書かれているのか」「どうして必要なのか」という点を、しっかりと意識できていないからです。当然、プリントを見直して復習する機会も少なくなります。また、親子で苦手教科について話し合ったり、学習スケジュールを見直すときなども、スムーズに進められない可能性が高いでしょう。

整理整頓が上手くできない子どもをサポートする場合、できるだけシンプルな方法で、整理させるのが効果的です。ひとつの方法として、算国理社の教科別に、それぞれ箱を用意し、塾から帰ってきたら、まずはプリントを各教科の箱に入れさせましょう。

そして、苦手教科や学習スケジュールについて親子で話し合うときに、必要なプリントを箱から取り出して活用します。それにより、「プリントを整理しておくと、いろいろと役に立つんだ」ということを子ども自身が実感し、少しずつ意識が変わっていくはずです。

プリントを箱に入れる習慣が身についたら、次は箱の中のプリントを重要度別に分ける作業にチャレンジさせましょう。この作業に取り組むことで、自分にとって、どのプリントが重要なのかを意識できるようになり、苦手教科の克服につながることが期待できます。

塾弁のススメ
今月の食材 "豚ヒレ肉"
栄養バランスを考えたお弁当で、子どもの体をしっかりサポート。忙しい人でも手軽に料理できる、“塾弁”レ...>>続きを読む
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。