ウチの夫は、熱心に勉強を教えてくれるのですが、塾で教わる学習内容と異なる点がないか、心配です。

中学受験は、「親子二人三脚の受験」と言われるように、親のサポートが欠かせません。そのため、お母さんだけでなく、お父さんも積極的に子どもをサポートし、家族全員で中学受験を乗り切ることが大切と言えるでしょう。

ただ、場合によっては、お父さんの熱意が、プラスに働かないこともあります。そのひとつの例として、塾とは異なる問題の解き方を、教えるケースが挙げられます。算数の問題で、複雑な条件を整理しながら論理的に考えていく問題でも、「方程式を使えばもっと簡単に解けるよ」とアドバイスして、別の解き方を教えてしまう場合などがあります。しかし、方程式を機械的に使う解き方を覚えると、論理的思考力がアップしない恐れがあります。進学塾に通っている場合、個別の問題の解き方に関しては、できる限り塾に任せるのが望ましいでしょう。

学習面をサポートしたいときは、子どものそばで、同じ問題を考える姿勢を見せると、子どもは親のサポートを実感しやすいはずです。また、平面図形の問題を考えさせるときに「ここに補助線を引けばいいんだよ」というアドバイスは避けたほうがよいですが、「補助線を引いてみるのはどうかな」のようにヒントを出すやり方は、学力アップにつながることでしょう。

お父さんが子どもをサポートする場合、すぐに結果を求める傾向も見られます。しかし、子どもの学力は、コツコツと学習を繰り返す中で、伸びていくもの。ですので、テストの点数がアップしないからと言って、子どもを叱るのではなく、「3回褒めて、1回注意する」くらいの姿勢を持ちましょう。

お母さんの中には、お父さんが塾とは異なった解き方を教えることに不安を抱き、お父さんを受験から距離を取らせようとする人もいます。しかし、お父さんの熱意は上手く中学受験に活かしたいところ。お母さんが抱えている悩みを相談するなどして、夫婦の一体感をアップさせてみましょう。

お悩み相談室
うちの夫は、受験に対して非協力的です。少しでも協力...
受験生の子どもをサポートする親には、さまざまな役割が求められます。子どもの学習計画を考えたり、学習態...>>続きを読む
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。