第19回
英才教育で頭はよくなる?
  

勉強量に比例して脳が育つわけではない

 私はよく、教育機関や親御さんから、こんな質問を受けます。

 「脳を育てるには、英才教育したほうがいいのでしょうか? それとも伸び伸び育てたほうがいいのですか?」

 皆さんのご家庭は、中学受験という目標に親子で向かっている道程にありますから、どちらかと言えば、英才教育派なのかもしれませんね。

 今回は、脳科学的に英才教育と伸び伸び教育を、比較して考えてみたいと思います。ただし、ここではわかりやすいよう「英才教育=幼い頃から塾や習い事に通うこと」、「伸び伸び教育=塾や習い事などに通わず自然の中で育つこと」と、シンプルに定義しておきます。まず、前提として知っておきたいのは、脳は活性化させれば、優秀になるわけではないということです。いくら小さな頃から知識を詰め込んでも、それによって頭のよい子になるわけではないということですね。子どもの脳は、競争したがる、認められたがる、新しいことを知りたがる、という本能があります。この本能に逆らわない教育が、優秀な脳を育てる条件と言えます。

子どもが前向きに取り組めば英才教育で頭はよくなる

 脳は、その機能を心や本能とともに、しっかり働かせることができてこそ、優秀になります。そしてそれは、物事に取り組む姿勢など、日頃の習慣にかかっています。

 英才教育のよいところは、塾や習い事に通う中で、失敗しながらでも少しずつ進歩し、達成する喜びを、幼い頃から体感できることです。喜びによって、脳の自己報酬神経群の機能が高まり、自分で考える力も育まれます。この過程で、親に褒められたり、他者から認められたりすると、脳のA10神経群という部分の機能が高まり、脳はさらに育っていきます。また仲間と一緒に新しい知識や経験を学ぶ中で、競争したい本能も刺激され、脳にとってよい習慣づけに役立つでしょう。英才教育は、子どもが前向きな気持ちで取り組めば、大きなメリットがある教育方法と言えます。

 では、英才教育を始めるのは、早ければ早いほどよいのかと言えば、そうではありません。むしろ、脳が未完成のうちから、成果にこだわるあまり、無理なことを押しつけたり、できないことを叱ってしまうと、脳の自己防衛の本能から、嘘や言い訳をするようになり、逃避的に育ってしまいます。スタートの時期よりも、その内容と、子どもがそれを好きになるかどうかが、大切なのです。大好きなお母さんが「やりなさい」と言えば、子どもはとりあえず勉強に取り組むでしょう。しかし、勉強が辛いと感じてしまえば、いずれは勉強嫌いの子どもになってしまいます。つまり、せっかくの英才教育が逆の結果を招きます。

 中学受験の勉強には、正確な知識、競争、新たな達成の喜びという、脳を育むための要素がしっかり入っています。だいたいを認めず、間違いは目の前で正す習慣、自分からヤッテやる気持を引き出す言葉、何事にも興味を持つ、つまり人間の考えを生み出す、よい習慣を身につけることがポイントとなるでしょう。

自然から学ぶことは多いが伸び伸びさせるだけではだめ

 では、小さいときは伸び伸び育てたほうがいい、という考え方はどうでしょう。

 自然の中で伸び伸び育てると、子どもの脳はいろいろな体験を通して成長し、いきいきと力を発揮するようになります。自分で考え、自分で決断し、実行するような経験を、遊びの中で繰り返すことは、脳にとってよい習慣となります。

 しかし、ただ自然の中で育てればいいというわけではありません。それでは社会的に有用な才能は育ちませんし、遊びだけでまったく勉強をしなければ、最終的には勉強についていけなくなり、自信を失ってしまいます。そんな状態になってしまったら、脳は優秀には育ちません。自由奔放に遊ばせるだけでは、やはりだめなのです。

 このように、英才教育と伸び伸びした教育のどちらがいいか?という問いには、答えはありません。大事なことは、どちらの場合も、考えや気持のよりどころとなる脳の本能に逆らわず、子どもの力を伸ばすという視点で、親が賢く導いてあげることだと言えるでしょう。

林 成之
1939年富山県生まれ。日本大学医学部卒。マイアミ大学の脳神経外科などに留学し、93年に日本大学医学部付属板橋病院救命救急センター部長に。2006年に日本大学の教授へ就任。 脳低温療法など世界的な発見で知られる脳科学の第一人者。『困難に打ち克つ脳とこころの法則』(祥伝社)など著書多数。
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
お悩み相談室
内気な性格の娘は、解き方がわからない問題があっても...
積極的に塾の先生に質問をすると、自分の理解度や苦手分野を先生が把握し、より的確なアドバイスをもらえる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。