踊りと掛け声の練習で積極性が増す生徒も

 日本各地の盆踊りの中でも、徳島県の名物として、全国的に知られる阿波踊り。その阿波踊りを部活動として行っているのが、豊島岡女子学園中学・高等学校の「桃李連」です。「連」は、徳島で踊り手の集団を指す言葉。徳島出身で、地元の連に所属していた原京子先生が同校に着任したことが、阿波踊り部誕生のきっかけになりました。

 女子の部活動としては、全国で唯一ということもあり、今では55人の大所帯。板張りの練習場にあふれんばかりの部員たちが「踊り込み」と呼ばれる、身体に踊りを覚え込ませる練習に励んでいます。腰を極力沈めた状態で行う「男踊り」と、両腕を上げたまま踊る「女踊り」。いずれも15分も続けると、息が上がって動きのキレがなくなってきます。そんなときは、上級生から下級生に向けて「手をもっと高く挙げて!」「歯が見えるくらい笑って!」といった部員を励ます声が飛びます。

 踊りながら掛け声を発するのも、阿波踊りの特徴。「やっとさ」とひとりが声を出すと、皆が応えるように「やっとさやっとさ」と返します。「地震雷火事親父 負けじと踊るは桃李連」というオリジナルの掛け声もあります。

 「引っ込み思案の生徒でも、みんなと一緒に踊りながら、大きい声を出し続けているうちに、どんどん積極的な性格に変わってくるんです」(原先生)

 コツコツと練習を積んだ部員が、晴れ姿を披露するのは、文化祭などの校内行事と地域の阿波踊りイベントです。「出演前にみんなで円陣を組み、掛け声で気合いを入れる瞬間が好き。“いい仲間に恵まれた”と、幸せな気持ちになります」と、部長の児玉安奈さん。

 地域イベントでは、東京では珍しい女子中高生の華やかな連に「かわいい!」「上手だね」という声が、いたるところから上がるようです。

 「見物の方から褒めてもらえると、精一杯の踊りと笑顔でお返ししたくなります」(児玉さん)

 「桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成す」──『史記』に書かれた言葉そのままに、見ているだけで笑顔になれる「桃李連」のまわりには、自然と道ができるように人が集まります。

「阿波踊りを踊れる人は少ないので、特技を聞かれたときに人とは違う答 えを返せます。海外に行ったとき、日本の文化として紹介できてよかったという先輩もいます」(児玉さん)

踊り手のフォーメーションを図にして皆で確認する。構成は各学年が交代で担当。「その方がさまざまなアイデアが出ますし、下の学年の自主性も養えるんです」(原先生)

学外での活動は、今のところ昼間に出演できる豊島区大塚の阿波踊りイベントのみ。今年からは卒業生による連とも共演。活動の輪を少しずつ広げていくのが、今後の目標だそう。

夢を追って
「地震学者の立場から情報を発信して犠牲者をなくした...
小さいうちから物怖じしない子どもだったようで、デパートで知らない子にいきなり話しかけたりしていたそう...>>続きを読む
一番星学園
国際感覚豊かな人材を養成する海外留学試験に合格
中学2年生で英検2級に合格、現在は準1級を持つ本橋将志君は、UWCという国際教育機関への海外留学試験...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。