第17回
脳にとって偉大な存在 「お母さん」
  

〝好きこそものの上手なれ"は脳科学的に正しい

「えこひいき」という言葉があります。
自分が気に行った人だけを、特別扱いするというような意味であり、学校教育の現場においては、あまりいいイメージのない言葉かもしれません。

 しかし何を隠そう、私は小学校高学年のときに、担任の先生に、ずいぶんと「えこひいき」されました。今振り返れば、その体験が、私の人生に大きな影響を与えたように思います。

 では、先生が生徒を「えこひいき」することは許されるのでしょうか?

 私は、許されると思います。子どもは大いに「えこひいき」すべきです。ただし、これにはひとつ条件がつきます。その条件とは、〝すべての生徒を「えこひいき」すること"です。

 私の小学校の先生は、これを実践していました。すべての子どもをよく見ていて、それぞれに合わせて、さりげなく「えこひいき」をしたのです。これは、今考えると脳科学的にも理想的な教育だと言えます。特別扱いされて、悪い気がする人は少ないでしょう。心が幼い小学生時代なら、なおさらうれしいものです。

 先生に「えこひいき」された結果、クラスの全員が、先生を好きになりました。そして、先生が言うことをわくわくしながら聞き、素直な気持ちで、学ぶことができました。「好きこそものの上手なれ」と言いますが、これは脳科学的にも真理であり、持てる才能を発揮するためには、好きになることがかかせないのです。

脳が発育段階で一番初めに好きになるものとは

 脳の中心部に位置する「A10神経群」という部位には、私たちが見聞きなどして得た情報に対し「おもしろい」「嫌だ」などといった「気持ちのレッテル」を貼るような働きがあります。

 レッテルを貼られた情報は、前頭前野でそのレッテルを元に認識されます。この際に脳が「好き」と感じたり「楽しい」と判断したりした情報は、自己報酬神経群という部位を介して、脳内を幾度も巡り、その情報を、より深く考えるという、思考のプロセスが働くのです。これが「好きこそものの上手なれ」の正体です。

 ここでひとつ、質問です。人間だれもが一番最初に好きになるものは、何でしょう?

 答えは、「お母さん」。考えを生み出す神経情報伝達プロセスは、生まれておおむね3か月目で、自分以外の他者を認識するようになり、初めてスタートします。赤ちゃんの目が、最初の他者として認識する存在、それがお母さんです。つまり、お母さんに興味を持ち、好きになることから、脳の考える仕組み作りが始まるのです。

 そう考えると、お母さんに褒められることで、勉強ががんばれることも、説明がつきます。苦手な科目であっても、自分ではなくお母さんのためにがんばるなら、それは喜びと脳が判断するからです。

 すべての人にとって、お母さんは、根本的な愛情や好意の対象なのです。

我が子を上手に「えこひいき」することで脳が育つ

 お母さんという存在が、脳にとって根源的だからこそ、子どもに与える影響が、極めて大きいことは言うまでもありません。

 根本的な好意の対象であるお母さんに、叱られてばかりだと、子どもの脳には大きな葛藤が生じます。叱られたときの子どもは、想像以上に苦しい思いをしていることを、常に頭に置いておくべきでしょう。

 苦しい思いが続くと、脳の自己防衛本能が働きます。そうすると、叱られていることを、頭に入れず聞き流すようにせよ、と脳が指令を出します。これは脳としては当然の防衛手段なのですが、これが日常的になると、他人の話がまともに聞けなくなり、結果として、物事の違いを正確に判断できず、困難にも立ち向かえなくなってしまいます。脳に逃避癖がついてしまうのです。

 子どもを叱りたくなることは、しょっちゅうあるでしょう。私もひとりの親として、その気持ちはよくわかります。

 ですが、叱る前に一度言葉を飲み込み、お母さんの存在の大きさを思い出し、本当に叱る必要があるかどうか、考えてみてください。大好きなお母さんの「えこひいき」こそが、子どもの能力を育てる最良の方法なのですから。

林 成之
1939年富山県生まれ。日本大学医学部卒。マイアミ大学の脳神経外科などに留学し、93年に日本大学医学部付属板橋病院救命救急センター部長に。2006年に日本大学の教授へ就任。 脳低温療法など世界的な発見で知られる脳科学の第一人者。 著書に『勝負脳の鍛え方』(講談社)などがある。
脳科学のお話
頭をよくする方法はある?
こころは「ハート」、つまり心臓と英訳されていることからも類推できるように、頭とはあまりつながりが...>>続きを読む
お悩み相談室
内気な性格の娘は、解き方がわからない問題があっても...
積極的に塾の先生に質問をすると、自分の理解度や苦手分野を先生が把握し、より的確なアドバイスをもらえる...>>続きを読む
サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。