中学と高校の 6 年間を同じ環境で学ぶことができる中高一貫校の魅力は多岐にわたります。本特集では卒業生の座談会や中高一貫校の取り組み、保護者へのアンケートなどを通じて、その魅力をさまざまな視点から紹介していきます。

ゆとりのある学校生活が子どもを成長させる

多くの私立中学校では、無試験(またはそれに近い形)で併設・連携する高等学校に進学できる中高一貫のシステムを採用しています。中高一貫校としての具体的な魅力や特徴は学校によって異なりますが、「高校生が身近にいるので刺激を受ける」「高校受験がないので、部活動や委員会活動を続けられる」「ゆとりを持って将来の目標を考えることができる」などのメリットは多くの学校に当てはまることでしょう。

また、通常の学習カリキュラムを高2までに終わらせる「先取り学習」を実践している学校も多く、高3からすぐに大学受験に向けた勉強を本格化できるという強みもあります。

その一方で、「6年間も同じ環境で子どもが中だるみしないだろうか」「先取り学習によって授業スピードに子どもがついていけるか心配」などの悩みを抱く親も少なくありません。しかし、最近では中だるみを防止するために学校内で実力テストを行ったり、生徒の学習進捗に合わせて補習を行うなどの取り組みを行っている学校もあります。

本特集では、中高一貫校を卒業した大学生の経験談や中・高の枠を越えた取り組みを行う学校を紹介していきます。さらに、実際に子どもを中高一貫校に通わせた保護者からの感想も集めましたので、志望校選びの参考にしてみてください。

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。