Vol.14

どうなる超就職氷河期
社会が求める能力とは

これからの競争相手は優秀な外国人留学生?

2010年春、就職ができないまま大学を卒業した学生は、8万7000人(2011年2月現在)。就職率は60・8%で、2011年はさらにその率は下がると言われています。お父さん・お母さん世代とはまったく異なる、「超就職氷河期」の就職活動とは、どのようなものなのでしょうか。

難関校や伝統校のネームバリューだけで内定は得られないのは、すでに常識。それと同じように、かつて「就職に有利」と言われた法学部や経済学部でも、それぞれ進路未決定率が29%と25%(読売新聞社教育取材班『大学の実力2011』より)という状況で、「実学を学ぶ=就職に有利」という常識も、今ではもう通用しません。

また最近では、ユニクロを展開するファーストリテイリングが、2012年度の新卒採用者の2/3を、外国人にするという方針を打ち出しました。「日本人よりも、優秀な外国人を」という風潮により、今後の就職活動は、ますます激化するのではという予想もなされています。

では、そんな超就職氷河期に、企業はどのような人材を求めているのか――。それは、社会で働くための基礎力を備えた学生だと言います。つまり、「主体性」を発揮し、優れた「コミュニケーション能力」でチームをまとめ、目標を達成する「実行力」を持っているか否か。不況下だからこそ、大学名や学部、国籍でもなく、いかに社会に活きる人間力を持っているかを、シビアに見極めているのです。

まだ小学生のわが子の就職を心配するのは、早いと思われるでしょう。しかし、主体性やコミュニケーション能力、実行力などは一朝一夕に身につくものではありません。「うちの子には、社会に貢献する人財になってほしい」と願う人は、子どもの成長を長い目で見て、今何を身につけさせるべきかを、考えてみるのもいいかもしれません。





就職活動の早期化

年々、大企業の採用活動が前倒しになり、現在では、大学3年の10月前後から始まる就職活動。しかし、学生が学業に専念できないという批判を受け、経団連が採用スケジュールを見直すことに。2013年春入社の採用からは、大学3年の12月以降になる模様。

東京タワーに世界の恐竜が大集結!

日本最大かつ世界有数の恐竜博物館・福井県立恐竜博物館。同館が所蔵する、貴重な恐竜標本コレクション約80点が、東京タワーに集結する。中国山東省で発見された竜脚類・エウヘロプスなどの復元骨格や、肉食恐竜・ヤンチュアノサウルスの狩りの生態を描いたCG映像、実際に恐竜化石を触れるコーナーなど、みどころが満載だ。

「大恐竜展 in 東京タワー ─福井県立恐竜博物館コレクション」
~ 6月12日(日)
入場料:大人(高校生以上)1,000円、子ども(中学生以下)500円、3歳以下無料
東京タワーフットタウン1階特設会場
東京都港区芝公園4-2-8
問い合わせ03-5159-5895(読売新聞東京本社事業開発部)
http://www.dino2011.jp/

幕末時代に描かれた大迫力の五百羅漢図

五百羅漢とは、釈迦の入滅後、その教えを世に広めるために集ったとされる阿羅漢たちのこと。本展は、港区・増上寺に秘蔵される「五百羅漢図」全100幅を一挙に寺外初公開。幕末の絵師・狩野一信が、10年の歳月をかけて描いた大迫力の作品は必見だ。

法然上人八百年御忌奉賛 特別展「五百羅漢̶増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信」
~ 5月29日(日)
※休館日の詳細については、下記URL参照のこと
特別展観覧料:一般1,300円、大学生・専門学校生1,040円、高校生以下・65歳以上650円、未就学児無料
東京都江戸東京博物館 1階展示室
東京都墨田区横網1-4-1
03-3626-9974(代)
http://500rakan.exhn.jp/

明治から現代までの日本児童文学を楽しむ

明治以降、時代をいろどってきた代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介する展示会。国際子ども図書館の蔵書から、約270点もの作品を紹介する、見応えのある内容になっている。また、多くの子どもが児童文学に接するきっかけとなる、教科書掲載作品や童謡も展示させる。お父さん・お母さんも、幼い頃に読み親しんだ、懐かしの作品をぜひ探してみよう。

「日本の子どもの文学̶国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」
~終了日未定
入館料:無料
国立国会図書館 国際子ども図書館
東京都台東区上野公園12-49
03-3827-2053
http://www.kodomo.go.jp/

今年1月オープン健康と医学の博物館

今年1月、東京大学医学部に開設された「健康と医学の博物館」。現在、「感染症への挑戦」をテーマに企画展を開催している。病原体や関連する疾病など、感染症に関する正しい知識を解説しながら、東京大学医学部やその出身者が行ってきた研究や取り組みを紹介。また、150年にわたる医学部・医学部附属病院の業績を紹介する常設展も要チェックだ。

「感染症への挑戦」
~ 5月末まで
入場料:無料
健康と医学の博物館
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学本郷キャンパス 医学部中央総合館(医学図書館)地下1階
03-5841-0813
http://mhm.m.u-tokyo.ac.jp/

満天の星空のもと神話の世界を満喫

プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が大ヒットしたKAGAYAスタジオが、最新作を公開。紀元1世紀に、古代ローマの詩人オウィディウスによって著された「変身物語」を下地にした、ギリシア神話の星座物語だ。ドームいっぱいに広がる、幻想的な神話と星空の世界を、心ゆくまで堪能しよう。

「スターリーテイルズ 星座は時をこえて」
3月19日(土)~ 5月8日(日)
料金:大人900円、小人(4歳~小学生以下)500円
コニカミノルタプラネタリウム“満天”
東京都豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
03-3989-3546
http://manten.konicaminolta.jp/

歴史好き注目!歴検で知識を試そう

歴史能力検定は、学校で学ぶ歴史知識を中心に、国内外で起こっているさまざまな事柄の歴史的背景、歴史物のテレビ・小説でおなじみの出来事など幅広く出題。「5級歴史入門」は、小学校修了程度の日本史が出題される。自分の歴史知識を試すチャンス!

「歴史能力検定」
7月10日(日)
※申込期間 インターネットおよびコンビニエンスストアでの申込
:4月1日(金)~ 5月27日(金)
郵送申込
:5月28日(土)消印有効
※詳細は、下記URL参照のこと
歴史能力検定協会
東京都中野区中野4-11- 10 アーバンネット中野ビル
03-5913-6407
http://www.rekiken.gr.jp/

サイトマップ
人気記事ランキング
01 特集
そのひと言が子どもを変える! 学力を伸ばすほめ方・励まし方
02 スペシャルウィーク
9歳までに身につけたい国語力
03 子育てに効く脳科学のお話
頭をよくする方法はある?

サイト内検索
 

RSS登録
これまでの特集記事



気になる記事ピックアップ
これまでに公開された記事の中から気になる記事をランダムでピックアップし、表示しています。